音楽教室運営奮闘記

不定調性論からの展開紀行~音楽と教育と経営と健康と

(Digital Performer)MOTU社Webinar6_1 ZOOM設定

www.terrax.site

MOTU虎の巻第六弾です。

www.youtube.com

00:00:00ZoomwithLoopback™からステレオオーディオ出力を設定する方法
00:02:29ズームセッションをステレオで録音する方法
00:03:00ZTXがとてもクールな理由
00:03:44バックグラウンド処理
00:04:12ビートとテンポの分析
00:04:48ビート分析されたオーディオはどのように見えますか?
00:06:11分析ファイル
00:06:53分析ファイルの再計算
00:07:30マルチトラックドラムのクオンタイズ
00:09:16見やすくするための波形のスケーリング
00:09:36ビートとグリッドラインを非表示にする
00:10:06ビート検出の場合、セクションで作業します
00:10:49コピービートの使用
00:11:38ストレッチとキャッシュ
00:12:29タイムストレッチのアルゴリズムの選択
00:22:21クオンタイズされたドラムトラックにループを追加する
00:25:01ギタートラックのクオンタイズ
00:32:30前世代
00:32:59オーディオパフォーマンスをフローティングウィンドウとして表示する
00:34:36コピービートを使用する場合(および使用する必要がない場合)
00:35:24ZTX設定とディスクへのバウンス
00:37:29ZTXの品質をその場で変更できます
00:37:50フレットレスベースのクオンタイズ
00:38:40 FindBeatsの使用
00:39:06ビートを手動で編集する
00:39:29波形エディタでビートを編集する
00:43:39個々のビートにFXを適用する
00:44:05ストレッチ編集レイヤーでビートをストレッチする
00:46:32グループ化されたトラック全体にストレッチ調整を適用できますか?
00:47:19アコースティックピアノトラックのクオンタイズ(オーディオ)
00:49:53ストレッチを無効にしたオーディオの量子化
00:50:51ストレッチを有効にしてピアノをクオンタイズする
00:51:25オーディオの定量化は簡単です
00:52:28エレクトリックピアノの量子化(オーディオ)
00:56:41オーディオをシフトしてフィーリングを調整
00:57:26クオンタイズとビートストレッチ
00:57:55クオンタイズ後にオーディオをフリーズする
00:58:16ビート調整されたオーディオをエクスポートする方法
00:59:03マージを使用して編集および処理されたオーディオをエクスポートする
01:00:44ライブシェーカートラックのクオンタイズ(オーディオ)
01:02:39スイングクオンタイズオーディオ
01:06:3212/8時間でオーディオを定量化
01:07:09スイング素材の量子化(オーディオ)
01:09:06インポートしたオーディオをシーケンステンポに適合させる
01:14:39より広いテンポ調整を行う方法
01:17:08 1つのオーディオトラックを固定し、他のトラックをそれに適合させる
01:19:59VocAlignを使用してオーディオをガイドトラックに適合させる
01:20:54タップテンポを使用してDPを「実行」する
01:25:30オーケストラのライブ録音をストレッチするオーディオ
01:29:04段階的なリタードのプログラミング
01:31:25スケールタイムを使用して複数のトラックを一度にストレッチする
01:32:39テンポマップを使用して複数のオーディオトラックをストレッチする
01:33:47オーディオを録音するときは必ずフレームレートを確認してください
01:34:30インポートされたオーディオにDPのタイムラインを適合させる
01:37:25マットのスピーカー
01:37:5420ドル未満のワイヤレス拡張キーパッド
01:38:29ピッチシフトマルチマイク素材
01:41:04 Pre Gen Cache-いつ使用しますか?
01:42:49不足しているオーディオファイルを見つける方法(プロジェクトを開くとき)
01:46:03見つかったオーディオを単一のプロジェクトフォルダーに統合する
01:46:16オーディオの複製オプション(名前を付けて保存)
01:47:02 FXをグローバルにオン/オフにするショートカットはありますか?
01:47:26ミックスモード
01:48:43FXおよびCPU処理を無効にする
01:49:30コピービートを使用して複数のトラックにビートを伸ばす
01:51:06ストレッチとテンポ変更を使用してタイミングを合わせる

恐縮ですが、今回もブログで紹介していない機能のみに特化してまいります。

 

DPを使ったZOOMでのやり取り

 

これについては私の方法を記しておきます。

なおZOOMのセッションの招待でエラーが出る場合は、改めてZOOMを立ち上げてミーティングを直近で作って送ると良いようです。

f:id:terraxart:20210115135617p:plain

まずミーティングを開始します。

 

f:id:terraxart:20210115135653p:plain

誰かを招待するには、この人マークのところをクリックして、青い「招待」をクリック。

f:id:terraxart:20210115141035p:plain

そして「招待のコピー」。

そのままメールに添付したり、Lineで送ったりすればOKです。

f:id:terraxart:20210115135821p:plain

コピーされている内容はこんな感じです。

これで愛艇が入ってくれば、画面上部にメッセージが出るので承認してあげてください。

 

f:id:terraxart:20210115135852p:plain

そして画面共有は、画面下メニューから「画面の共有」。

 

 

f:id:terraxart:20210115135924p:plain

差し支えなければデスクトップがいいです。

DPだとトラック画面だけ共有してしまうと、シーケンス画面に変えたら共有は解かれてしまいます。

同時に「音声を共有」「ビデオクリップ用に最適化」をクリックしておきましょう。

 

DP側では、ハードウェアドライバの設定でZoomAudioDevice一択

f:id:terraxart:20210115135955p:plain

 

これでマスタートラックのアウトプットがZOOMになっていればDPの全ての音が相手に伝わります。

f:id:terraxart:20210115140028p:plain

 

お試しあれ! 

DPへのアップグレードはこちらまで!

Performer liteからの乗り換えは「DP○○クロスグレード」をお選びください。上記ページでも内容をご確認いただけます。

f:id:terraxart:20201110170616p:plain

その他、様々な購入前のお問い合わせはこちらから。

h-resolution.com