音楽教室運営奮闘記

不定調性論からの展開紀行~音楽と教育と経営と健康と

Human Music Translation AIにできないこと=人間自身が造るものを創ること

AIが人間が作る以上のものができる、ということは置いておいて笑。

これからは人が造るもの自体が貴重になっていきます。

音楽もどんどんAIが作れるようになっていきます。

ただAIにはどうしても作れないものがあります。

それは生身の人間自身が造るものそのものは当然AIが作ったものではない、ということです。

 

不定調性論的思考をベースに、人間が作る音楽の曖昧な創造性を作るステップを考えてみたいと思います。

 

f:id:terraxart:20210620081514p:plain

Oberholster VenitaによるPixabayからの画像

 

例えば、この円を"音楽に翻訳"してみてください。

どんな音になるでしょうか。

それぞれの感じ方があるかと思います。

・赤という色

・動きのある線の躍動感

・円の大きさ

この時、頭の中で考えるのは、理屈ではありません。この画像から覚える音の動き、音の雰囲気、感じられる音の質感です。

f:id:terraxart:20210620082449p:plain

例えばこんなふうに感じたとします(逆に適当すぎるか???)。

 

この絵の感じが、書いた時の音が聞こえてくるような円の絵ですよね。

この朱色のような赤も印象的です。

決して暗い音ではなく、ちょっと決意のこもったような潔さ、を感じます。

これをピアノ音で表現してみましょう。

音に翻訳するわけです。この過程は脳が行うので、できる人はできて、できない人はできない、逆上がりみたいなものかもしれません。

だからできる人が極めていくと良いと思います。独自性を拡張することができます。

 

f:id:terraxart:20210620083621p:plain

まずデッサンとしてこんな感じにしてみました。

いたって普通な感じですみません笑。これだけだとダサダサですね。

 

これは図形楽譜でも象形音楽でもありません。そーゆーのはAIでもできます。

 

このように個人の心象で音楽を作れるのは、現状人間だけです。

この音楽、どのようにこの音に"翻訳"したか、というところが今回の表題の「Human Music Translation」のなせる技です。

個人がどう感じたかの抽象的なニュアンスを音に置き換えます。

どんな有り様でもOKなので、本当にそう思っているか、思っていないかの区別が外からはつきません。かつせめてもの頼みである、「音楽理論的に整合性が取れているかどうか」も頼れません。だから本当に本人がそう考えていない限り、この作業自体に意味がありません。そう感じてそうしたいからそうする、を具現化するだけです。

このトレーニングの先に、普段の音楽でも「あ、ここ、こうしたい」が生まれやすくなります。

 

<推敲タイム>

この後不定調性論的思考による作曲と、AI作曲の違いは、ここから個人の意思が入る「推敲」のステップがあることです。

推敲に人間的意思が入ることで、自然性を損なう、とか、世俗化する、とか、劣化する、とは考えません。そういう音楽はAIが作ります。そして劣化しないために音楽理論があります。しかしそうした音楽は、誰でも作れます。

その人個人の意思を介入する、ということ自体に価値がある、という考え方です。

私自身の介入に価値はない、とおっしゃるかもしれません笑、著名人がそこに介入する、東都勧化てくだされば、その価値のニュアンスがわかると思います。

 

そのためにアーティストは"意思"そのものが豊かになるような生活を送る必要がある、という考え方になります。

 

f:id:terraxart:20210620120003p:plain

音の詳細を吟味して朱色の縁が描くストーリーそのものを自分に正直に音にしてみました。

だいぶゆっくり強弱もつけながら書いた円、という感じがします(私はね)。

 

推敲時には音高、強弱、ペダル、スピード感、タイミング、全てを一つ一つ直していきます。自分の頭の中をほじくり返すように感性と相談します。

 

もちろんこれだけでは、日記と同じで、アート性が追求されていません。

 

あくまで音楽の翻訳を行う作業の脳回路を鍛える作業です。

 

ゲーム感覚でやってみると、きっと面白い発想が出ます。

現代音楽を知らない人ほど面白い作品ができることでしょう。

また無理して自分の感覚を超えたところに表現を置こうとすると、鑑賞者に無理を感じさせたり、違和感を与えたりします。

逆に満場一致で誰もがピン!とくるものを作れる人もいるでしょう。

大衆の意見を判断基準にする音楽は「ポピュラーミュージック」というジャンルとして確立されています。



実はこれをいじっている間にもう一つできました。

f:id:terraxart:20210620085052p:plain

どうでしょう、ちょっと力んでますかね笑、表現しようとしすぎですかね。

それともこっちの方がいいですかね。

その判断はあなたならどうしたいか、を基準に考えていただければいいわけです。

そして「もっとこうしたい」があるならご自身で作ればいいと思います。

私も明日作ったら変わると思います。

正解を求める、とか、支持を求める、という気持ちは普段の商業音楽に回しましょう。

ここでは自分が想像するものを創造することに徹することができるか、だけについて考えてみてください。

 

イマジネーションを具体化するというトレーニングは実にクリエイティブです。

 

こうした作業を具体化して行ってみることで、その人個人の常識にハマらないイマジネーションや、考え方、思想、捉え方、解釈、などを具体化できるかもしれません。

 

ぜひやってみてください。 

 

f:id:terraxart:20210620085223j:plain

それからもちろんいうまでもなく、「恋愛」をテーマにした一枚の思い出の写真(上記は素材)から、アーティスト独自の音楽が生まれるのが最先端の現代音楽、

ポピュラーミュージック

です。

ポピュラーミュージックには定式化された何かがあるように感じられますが、そもそも個人が何かを感じ、それをどういう音にしたいか、どんな思いを音にしたいか、という動機がないと、トレーニングをしても具現化されません。

 

人が作るからこそ価値のある芸術性、がどんどん価値が生まれるように、アーティストはイマジネーション自体をAIの先を見据えて鍛えていく必要があるのではないでしょうか。