音楽教室運営奮闘記

音楽と教育と経営の雑記ブログ~不定調性論からの展開

(Digital Performer)Digital PerformerのBassLineで学ぶシンセという楽器-その2(midi打ち込み・オートメーション・midi learn)

M-Bank Digital Perfomer使用法のお問い合わせ

↑こちらをクリックしフォームに質問内容を入力し送信ボタンをクリックしてください。(※一週間経っても記事がアップされない場合は、内容が不明瞭であったかお答えできない内容があった場合でございます。)

こちらからご連絡いただければ、ブログ上でお答えします。

www.terrax.site

 

=====

www.terrax.site

ではオートメーションを描いてみましょう。

お試しあれ!!

初心者の方には、なんだそれ。という話かもしれませんが、基本中の基本ですので、この記事の通りにやってみて、体感してください。

使うのは前回と同じ、DPのベースシンセBassLineです。

音色は、AcidからSubBathTubを使ってみましょう。

f:id:terraxart:20190219200646p:plain

 

そしてシーケンス画面の右メニューで十六分音符を選んで(こういう時に音楽理論が役に立つ)、画面のグリッドを細かくしましょう。

f:id:terraxart:20190219201259p:plain

で、あとは「P」を押しながら、次の画面のように打ち込んでみましょう。

f:id:terraxart:20190219201413p:plain

Pを押しながら打ち込むと、上記のマス目四つぶんの長さの音が配置されるので、その場合は、データの右端をつまんで、左にドラッグしましょう。より細かく音の長さを変えるときは、コマンドを押しながらドラッグすると自在に長さを変えられます。

f:id:terraxart:20190219201637p:plain

あとはトラック画面に戻って今作った音データをクリック選択してalt押しながら右にドラッグすることでデータがコピーされます。

f:id:terraxart:20190219201823p:plain

f:id:terraxart:20190219201925p:plain

これを15回繰り返して(4小節まで作ったら、今度は四小節分をクリックしていけばどんどん大量にコピーできます)、16小節までデータを作りましょう。

f:id:terraxart:20190219202100p:plain

 これで再生してみましょう。

音が出ますか??

 

次にBassLineを開いて、

f:id:terraxart:20190219202311p:plain

f:id:terraxart:20190219202328p:plain

フィルターモジュレーションのレベルを左いっぱいにしましょう。これで再生してみてください。もこもこいってますか?それでOKです。
 

次に

f:id:terraxart:20190219202506p:plainこの深緑のオートをクリックします。

f:id:terraxart:20190219202541p:plain録音を選択します。

f:id:terraxart:20190219202610p:plain

赤くなります。

 

次が肝心です。

・トラックを再生させながら、手動で、ツマミをどんどんゆっくりゆっくり上げてみてください。右端まで回し切ってしまっていいです。でも16小節あるのでゆっくりユッkじゅりあげてみた方がスリリングだよ!

音がどんどん明るくなると同時に、BassLineのトラックになにやら、録音もしてないのに何かしらの記録がされているのがわかります。

f:id:terraxart:20190219202924p:plain

こんな感じになってます?

 

そしたらシーケンス画面に行って、「ボリューム」というところをクリックして、

f:id:terraxart:20190219203032p:plain

 

f:id:terraxart:20190219203126p:plain

インストゥルメント:BassLine[フィルターモジュレーション]を選んでください。

すると画面のぽっちが黒く強調されます。

f:id:terraxart:20190219203252p:plain

ここまできたら、これをあとは自由に自分で書いて行ってもOKです。再度自分で再生しながらツマミをいじってもいいです。黒いぽっちを掴めば、上下左右、自在に移動できます。

f:id:terraxart:20190219203448p:plain

ペンシルメニューでストレートを選べば直線がかけますので、それで書いてもいいです。

f:id:terraxart:20190219203515p:plain

例えばこんな風に、14小節ぐらいで振り切るようにして(これは先のデータを自分で書着直したものです)、再生してみるとどうでしょう。

 

勝手にフィルターモジュレーションの「レベル」が今書いたオートメーションの線に沿って上がっていくんですね。

そして音もその線に自動的に沿って明るくなります。

まあ、だから「オートメーションを書く」というのですが。

 

あとは自由自在です。

f:id:terraxart:20190219204015p:plain

トライアングルにして、Pとshiftを押しながら書くと、三角の幅が自由に調整できます。Shiftを離したらそこから山のリピートが始まります。

f:id:terraxart:20190219204304p:plain

ちょっと幅が長すぎるな、と思ったら、コマンドとshiftを押しながら点の周囲をドラッグ選択して(点が黄色くなったら選択されている合図)

f:id:terraxart:20190219204344p:plain

リージョンメニューから「スケールタイム」を選択して

f:id:terraxart:20190219204504p:plain

f:id:terraxart:20190219204553p:plain

上記の黄色い枠内を100より小さくすれば短くなり、100より大きくすれば長くなります。

これグリッサンドやトリルなどの打ち込みなどでも使えます。

f:id:terraxart:20190219204723p:plain

これでワブルな感じを出すこともできます。

もちろん、こっらの点は一個一個移動が可能なので、手作業で書いてもいいですし、

再度再生しながら自分でもう一回ツマミを回してもいいですね。

 

またMIDIコントローラを持っている人は、

実際のキーボードのつまみで回した方がいい!っていう人は、

f:id:terraxart:20190219205653p:plain

プラグイン左下の鍵盤マークをクリックして青くしたあと、

f:id:terraxart:20190219205924p:plain

レベルのつまみを1クリックするとコンソール画面が出ます。その間にお手持ちのMIDIキーボードのツマミ系、フェーダー系をどれかいじります。
すると即座にBassLineの画面上の「レベル」があなたが動かすつまみとフェーダーと同期して動きます。

 

これでオートメーションをマウスではなく、実際のつまみでいじれます。

マウスでは一つ以外のつまみをいじることはできませんが、この学習モードを使えば、

複数のノブを割り当てられるますから、二つ同時に自在に変化させることもできます。

 

もちろんMIDIコントローラーがない場合は、一個一個手書きで書いていけば同じです。

選べるオートメーションの種類は、

f:id:terraxart:20190219210414p:plain

このシーケンス画面の下の部分から、

f:id:terraxart:20190219210444p:plain

幾つでも設定できます。

ここで書いたことは、他のシンセ、プラグイン、エフェクターでも同様です。

大体のことはなんでもできます!

お試しあれ!!

 

 

 

 


==コーヒーブレイク〜M-Bankロビーの話題== 

中級者の入り口、MIDIコントローラー

 https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/716uFeuVfHL._SL1500_.jpg

Akai Professional スタンドアローン・MIDIキーボードコントローラー【内蔵音源、電池駆動、スピーカー搭載】 MPK Mini Play