音楽教室運営奮闘記

音楽と教育と経営の雑記ブログ~不定調性論からの展開

コード進行の謎がなくなったら、次はヴォイシングだよ

楽理関連記事目次はこちら

www.terrax.site

コード進行とは楽曲の展開を還元したものである

です。

つまり、あくまで映画見ないで、5分のあらすじ宣伝動画だけ観て内容を納得してしまうようなものです。最初はそれでも良いのですが、慣れてきたら、もっと深く楽曲を見てみませんか??

 

<浅い意味でのヴォイシングの活用>

C△ |G△ |D△ |A△ |

こういう進行ってありますよね。形も美しいです。

ギターでバレーコードで弾くと、幾何学的なんです。

f:id:terraxart:20180802175639p:plain

f:id:terraxart:20180802175654p:plain

こんなふうに、同じ形を右にずらしていくだけなので、覚えやすいです。

理論ではなくギターでの弾きやすさを優先しています。不定調性論的です。

この感覚は「弾きやすさ」「覚えやすさ」「フレット上での形の素晴らしさ」などが自分に美的なバランス感覚を与えます。

音楽理論をギターフレットで学ぶ、というのはギタリストには一番説得力がありますが、その先には「自分のフレット活用理論」を作る、ことが大切になります。

こういった感覚を発展させたギターコードの例もあります。

f:id:terraxart:20180802182239p:plain

f:id:terraxart:20180802182244p:plain

これ二つ動かすだけで

FM7  Caug  FM7

(CaugはC7(b13)としてもよい)

みたいな進行が出来ます。

ビートルズも指使いがM7と似ているaugコードを時々使っています。

まさに不定調性論的思考ですね。

「指の形が同じだけ」なんて、理論的じゃない、という発想ではなく、自分が面白いと感じたものをどうやったら使えるか、という発想です。

 

Drop2やDrop2&4、スプレッドだけがヴォイシングではない

ヴォイシングにはルールがあります。

和声学のルールはもちろんですが、ジャズのホーンセクションから生まれたルールです。

細かいルールは別の機会にしますが、ほとんど現場では表立って使いません→使える人がほとんどいません。ロック関連では。そして必要ありません。だからと言って無駄な知識ではありません。ヴォイシングを知っておけば「何となく良い」が分かるようになります。または「何となく良くないけど、この人は勢いを重視したいんだな」とかって相手の意図もくみ取れます。理論的な正誤で音楽が決まるわけではありません。

 

今回は一番ヴォイシングに疎くなりがちなギターを例に解説しますね。

通例、

C  G7  C

という流れを弾く場合、

f:id:terraxart:20180802183959p:plainf:id:terraxart:20180802184004p:plainf:id:terraxart:20180802183959p:plain

こう覚えます。これら開放弦を使ったローコードだけでなく、上の方のフレットを使ったハイポジションのコードとかも覚えます。このとき、各音の動きをみて下さい。

f:id:terraxart:20180802185040p:plain

まあ、見た目綺麗・・・と言えなくもないですが、ヴォイシング的には「綺麗」とは表現しません。

だいじなのは、

「これを綺麗と言わない文化が主流である」

ということを、しょーがないから認めてやる度量が必要、ということです。

これをこのブログ風に言うと「意味を見つけられて解釈できる余裕」です。

主流は主流、伝統は伝統、君の方法論は君が使えればもういいのです。

 

 

一応ヴォイシングの基本ルールは、

f:id:terraxart:20180802192038p:plain

です(不定調性では逆も、両立も、なんでもOKですが)。

f:id:terraxart:20180802192112p:plain

この移動も、

f:id:terraxart:20180802192143p:plain

結構下も上もギスギスです。では、

f:id:terraxart:20180802192403p:plain

こういうジャジーなフォーミングなら?

f:id:terraxart:20180802192436p:plain

結構それっぽくなってきました。

 

さらに普通のスプレッドでVI-II-V-Iやると、

f:id:terraxart:20180802193943p:plain

こんな感じになります。

f:id:terraxart:20180802194806p:plain

ヴォイシングの移動の理想は、

二音同音、二音反行

です(常にそうなれば良いというものではありません、曲調やコンセプトによってアレンジャーによってヴォイシングは変化します)。

上記のデータも、なるべくちいさな動きで、スムーズに展開していくのが良い、を実践してます。

最終的には耳で聞いてください。で、耳で聞いて分かるためには、こういったヴォイシングのホーンセクションやジャズピアノの感じをよく聞かないといけません。

あと、イメージ力、クオリア、不定調性論。

 

そうしていくと、必ずしも美しくないのに、美的に感じるヴォイシングや、めちゃめちゃ良いはずなのに退屈なヴォイシングなどが分かってきます。つまりあなたの嗜好があなた自身をわからせてくれる、わけです。

f:id:terraxart:20180802202939p:plain

ちなみに無理くり二音同音、二音反行で作ったヴォイシング。内声的な動きとして。

 

もっとスムーズで綺麗な進行を作ることができるでしょう。詰将棋みたいにやってみてください。テンションや使用音のルールに従ってください。

トップノートが9thの場合、その下の音のルートは省く、みたいな細かいルールがありますが、それらは「オーソドックスな響きを保つためのルール」です。

私はメーザーハウスで鈴木宏幸先生と佐藤允彦先生にヴォイシングを全課程学び(バークリー式)、あと北川先生の下記の教材を重宝しました。

 

 

これは最初のヴォイシングや、メロディとのぶつかり、曲調(上がっていく感じか、下がっていく感じか)などなどいろいろ考えて作っていくことになります。

 

コード進行をさんざん覚えて、コードの構成音まで覚えていけたら、次はヴォイシングに凝ってみて下さい。

最初は理論的に、どんどん不定調性論的に自在に。

ヴォイシングの自由を利かせようと思えば思うほど不定調論性的な印象力が重要になってきます。

 

ジャズのアレンジャー、クラシックの作曲家にヴォイシングを習うのは有意義だと思いまう。というか深みにはまって出てこれない、、ってやつです。

オーケストラがいかに素晴らしい世界か、わかっちゃいます。