音楽教室運営奮闘記

音楽と教育と経営の雑記ブログ~不定調性論からの展開

<不定調性論用語/概念紹介49>ベルトチェンジ

 

f:id:terraxart:20180706161045p:plain

これは分子構造モデルのリディアンとロクリアンです。詳細は別にわからなくて結構です。この対称性が面白いですよね。

これは、

f:id:terraxart:20180706161349p:plain

こういう音程関係の対称性があるから生まれてくるわけです。

 

このような現象を「ベルトチェンジ」と呼んでいるのですが、名称はここでは別にどうでもいです。

これを活用しまして、

f:id:terraxart:20180706161530p:plain

このような対称性が見つけられます。

 

ドリアンがひっくり返しても同じ、というのは有名です。

 

これを和音に適用してみます。

CM7 /=/ D♭M7

Cm7 /=/ Dm7

C7 /=/ Dm7(♭5)≒Fm6

Cm7(♭5)≒E♭m6 /=/ D7

(記号/=/は領域対応の等号とします)

これらはマテリアルモーションと同様、領域変換の事例と同じ考え方ですので、これらのコードを連鎖することによってそれぞれ変化が生まれる、と考えても良いでしょう。

 

この時、

D♭M7 → CM7

は経験的に解決感がありますが、Cm7 Dm7のように浮遊感のある進行にもなります。その他のコードも考えてみます。

C△/=/Fm

Cm/=/F△

Csus4/=/Csus4

Cdim/=/F#dim

Caug/=/Caug

C△(♭5) /=/A♭7omit5

CM7(#5)/=/D♭mM7

CM7(♭5) /=/D♭sus4M7

Cadd9/=/Fmadd11

Cmadd9/=/F△(11)≒B♭M7(9)omit3

C7sus4/=/Csus4(9)

C7(#5) /=/A♭aug(♭13)

C7(♭5) /=/D7(♭5)

Cdim7/=/Cdim7

C6/=/Fm7

C6sus4/=/Cmadd11

こうした裏返しの領域和音の関係や響きの奇抜さも見逃せません。