音楽教室運営奮闘記

音楽と教育と経営の雑記ブログ~不定調性論からの展開

(Digital Performer)オートメーションの別トラックへのコピー

M-Bank Digital Perfomer使用法のお問い合わせ

↑こちらをクリックしフォームに質問内容を入力し送信ボタンをクリックしてください。(※一週間経ってもメールや記事がアップされない場合は、内容が不明瞭であったかお答えできない内容があった場合でございます。)

こちらからご連絡いただければ、メール返信かブログ上でお答えします。 

www.terrax.site

 

DP10では、シーケンス画面での選択で簡単にコピーできます。

f:id:terraxart:20191215115334p:plain

シーケンス画面で、例えばコピーしたいPANの帯を下に出します。

f:id:terraxart:20191215115453p:plainここでオートメーション帯を出せます。

「+」「-」でいくつも別のデータを帯に出せます。

そこでコピーしたいオートメーションを選択します。

f:id:terraxart:20191215115642p:plain

これだとalt+ドラッグでうしろにコピーしても小節線にうまく合わせられないので、
f:id:terraxart:20191215115334p:plain

このようにデータごと選択するとうまく拍単位で動かすことができます。

f:id:terraxart:20191215120430p:plain

これはAUDIOデータごと移動させて、AUDIOデータを消し去った後です。

無事移動です。

 

トラックコピーしてオーディオデータだけを外しても同じ事できます。

f:id:terraxart:20180605131247p:plain

midiの場合も同様です。

これピッチベンドです。これを別のmidiトラックにコピーしてみましょう。

ちょっと工夫が必要なのですが、これって他にやり方があるのかもしれません。

 

オートメーションを書いた後で、

f:id:terraxart:20180605133410p:plain

下のオートメーション画面で普通に矢印ツールで選択します。

Iツールで選択するとmidiデータまで選択されて、midiデータごと別のmidiトラックにコピーされてしまいます。そのあとで選択されたまま(選択されると黄色いピッチに変色します-上のデータは選択前の状態です-)、altを押しながらデータをコピーする要領でコピーしたいトラックにドラッグします。

このときmidiデータは選択されていませんから、変な感じです。

f:id:terraxart:20180605133602p:plain

こうなって

f:id:terraxart:20180605133833p:plain

データだけがコピーされ、シーケンス画面で見ると、

f:id:terraxart:20180605133908p:plain

オートメーションだけがコピーされているわけです。

ちょっと違和感あるかもしれませんが、できた時は感動しますよ。

シーケンス画面でそのまま動かせばいいんじゃね?って思うじゃないですか。動かしてみて下さい。へこみますww。同じトラックの下の方にしか移らないんですね。

 

また、コピーアンドペーストでもできますが、おそらく疲弊します。貼り付ける箇所がクリックして選択した部分になるので、1/1000秒でずれないようにペーストするのはほぼ不可能です。

 

オートメーションを演奏時動かすときは、

f:id:terraxart:20180605135317p:plain緑のぽっちを付けてくださいね。

 

演奏しながら書くときは、

f:id:terraxart:20180605135343p:plain赤のぽっちもつけてくださいね。

 

 

世界初公開なんじゃないか、と思うんですけど、すみません、もっと簡単な方法があったら教えてもらえませんか?

 

 

   

 

==コーヒーブレイク〜M-Bankロビーの話題== 

DP10、MOTUべし。

https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/71KKogiD3lL._SL1200_.jpg

MOTU マークオブザユニコーン/Digital Performer 10 クロスグレード版