音楽教室運営奮闘記

音楽と教育と経営の雑記ブログ~不定調性論からの展開

メロディ歌い出しで音程感覚を養う★★★

曲のメロディの歌い出しで音程の感覚を覚えてしまおうという、お勉強をしている人のための小ネタです。

ポピュラーの先生方は、自分だけの歌い出し曲集なんて持っておくと、よいですよね。
歌い出し、メロディのはじめがぱっと浮かんできたら、その音程差の感覚を感じてみてください。

 

■上にあがる音程の参考曲
<短二度上へ>半音
What's New
The Long And Winding Road

<短三度上へ>
Georgia On My Mind(我が心のジョージア)

<完全四度上へ>
Someday My Prince will Come(いつか王子様が)
Amazing Grace(アメイジンググレイス)
幸せなら手をたたこう
贈る言葉
Theme From Star Wars(スターウォーズのテーマ)(完全四度ー完全五度)

<完全五度上へ>
Moon River(ムーンリバー)
The Great Escape March(大脱走マーチ)
Theme From Star Wars(完全四度ー完全五度)

<短六度上へ>
Black Orpheus(黒いオルフェ)

<長六度上へ>
Days Of Wine And Roses(酒とバラの日々)
My Way(マイウエイ)

<完全八度上へ>
Over The Rainbow(オーバーザレインボー)
When You Wish Upon A Star(星に願いを)
The Christmas Song

 

 

<<解説>>
たとえば、"オーバーザレインボー"なら「サム、ウェイ!」と歌い出すこの二音はオクターブ上がってる、という意味です。同じように"星に願いを"も意外とオクターブ上がってるんですね。


この「歌い出し」といってるのは一般的には「サビ」となっている部分で、映画などの本編曲には、Aメロやブリッジなどがありますから、「皆さんが知ってるあの部分」がここで言う「歌い出し」です。


また"マイウエイ"は日本語訳で「いま、船出が~」の「いま」ですね、これが長六度=Major6thだ、ということですね。


たとえば譜読み・譜書きなど頭で楽譜を読み書きするときに、これらの音程感覚が役立つときがあります。長六度って、、、となった時に、こうして歌い出しの音程でイメージ頂ければ、と思います。

 

■下にさがる音程の参考曲
<短三度下へ>
Hey Jude
The Girl From Ipanema(イパネマの娘)

<完全四度下へ>
Softly,As In A Morning Sunrise

<長二度下へ>
Yesterday

<長三度上下>
Summertime

<短二度下へ>
Stella By Starlight

<完全五度下へ>
Waltz For Debby


===

歌い出しはもちろん歌いやすくなっています。だから増四度上、とか長七度上、または長九度みたいな音程はスタンダードには少ないと思います。

これらの難しい音程は、上記の例えば完全四度のメロディを浮かべて、それから半音下げてみる、あげてみる、みたいなことをやってイメージしたものです。

 

って言っても

 

これ、スマホがなかった時代の話ね笑。

 

今はさっとアプリ立ち上げればいいんですから。

 

でもそれって。学校の勉強でも同じだと思いません?

 

室町幕府が出来たのはいつ?(なんて聞かれないだろうけどww)、って聞かれたら30年前は記憶に頼るしかありません。でも今はスマホがあるんです。調べりゃいい話です。もし上記の音程の話がそうなら、今の教育って何?ってところになります。

でもそういう根本的なことに気が付いて、何をやるべきかって大事ですよね。。