音楽教室運営奮闘記

音楽と教育と経営の雑記ブログ~不定調性論からの展開

クリシェってそもそも何??~ビートルズ楽曲topic

2017.12.27→2020.3.16

93. Somethingのクリシェを音で聞こう

open.spotify.com

イントロ
F Eb G |
コーラス
C |CM7 |C7 |F Em |
D |G |Am AmM7 |Am7 D9 |

F Eb G |~

イントロは得意のメジャーコード連鎖ですね。
そのあとコーラスの中では、二つのクリシェがあります。

C→CM7→C7

Am→AmM7→Am7

です。

音で聞いてみましょう。

(下記リンク先では他のクリシェ進行も聴けます。)

rechord.cc

 

 クリシェとは?

「コード構成音が一音ずつ変化する進行」がクリシェ(フランス語 cliché)です。

クラシック曲にもバス(低音部)が順次進行(音階的に進行)する楽曲が見られますが、「常套句」の訳語通り、手法として最初に多用したのはシャンソン、ボサノヴァの楽曲でした。

<広告>

 

ストレッチ不織布 取り替えシート 13 x 10 cm(200枚入り)日本製

<例>

下降するクリシェ(一番高い音が半音ずつ下がっていく)

f:id:terraxart:20190321140231p:plain

上行するクリシェ(一番高い音が半音ずつ上がっていく)

f:id:terraxart:20190321140240p:plain

もちろん途中で戻っても、繰り返しても、飛ばしてもOKです。

C C7 C6  C7 |

C  CM7 C7  CM7 |

また最高音でなくてもOK。

f:id:terraxart:20190321140636p:plain

クリシェ - Wikipedia

 

一般的なクリシェの種類

根音下降型

C  |CM7  |C7  |C6 |

 

5度上行型

C|C(#5) |C6  |C(#5) |
C|C(#5) |C6  |C7 |

Am |Am(#5) |Am6 |Am7 |

 

5度下降型

C  |C(b5) |Csus4  |C  |

 

sus4-9型

C  |Csus4  |C  |Cadd9  |

C |Cadd9  |Csus4  |C |

などと順番を変えてもいいです。

 

Am  |Amadd9 |Asus4  |Am  |

 

これ以外は無いといってもいいです。

 

ビートルズは、シルヴァービートルズの頃から、ジャズをカバーしているので、自然とこのクリシェの手法が身についています。

www.terrax.site

Besame Muchoの5度のクリシェは、いかにもR&Rから持っていたフレーズという感じがします。

CONSUELO VELÁZQUEZ - BÉSAME MUCHO - YouTube

ところどころクリシェのようなラインが出てきます。こういうのをビートルズメンバーも少年時代に聞いたはずです。

 

より専門的な話

皆さん「クリシェ」って音楽理論的に分析できますか?

なんでコードの流れで構成音が半音ずつ変わっていくのが表現として「イイ」と思うのですか??

ちなみに有名なクリシェの鬼、スティービー・ワンダーのクリシェのお話はこちら。

www.terrax.site

 

不定調性論はここから先です。

たとえば、


C△--C#dim--Dbm-- Dbm(#5)


というような進行も、いってみればクリシェであり「掛留概念の拡張進行」です。

何でもかんでも和音の1音だけを変えていって下さい。

(これを「静進行」と分類しています)

(参考;(動画解説・補足)現代和声機能〜不定調性論全編解説22

 

C△ |Csus4  |C△omit3(#5)  |GM7omit5   |

(b-f#-g)   |(b-f#-g#)   |(b-f#-a)  |BbM7omit3  |

Bb7omit3  |Bdim7omit3  |E△/B  |Em/B  |

C△  |

 

(b-f#-g)というのは、この三音の組み合わせ、という意味です。

このような進行に「風景」や「色味」、「意味」「心象」を感じるなら、あなたは不定調性論的感覚が備わっています。

是非他の記事も読んでいただきたいです。 

あなた自身が抱く問いの答えは学校にはなく、あなた自身が持っている、という発想です。

 

最後にラフマニノフのピアノ協奏曲2番冒頭のクリシェを聴きましょう。クリシェと言ってはいけないのでしょうが、寂しげと絶望感の中にある美しさ、ですね。

open.spotify.com

全ての記事はこちらから

www.terrax.site