音楽教室運営奮闘記

音楽と教育と経営の雑記ブログ~不定調性論からの展開

共感覚のテストをやってみよう!!

synesthesia.com

上のページの共感覚テストをやってみたよ!あくまで「あまり気にしないで!」っていう注意書きのあるテストだけどやった感のあるテストだから興味のある人はやってみて?

   

全部英語だから下の解説をまずは読んでからやってみてね!!!

①まず飛んだ先のオレンジのボタンをクリック。

f:id:terraxart:20181103101458p:plain

②そして次のオレンジボタンもクリックしよう。

f:id:terraxart:20181103101605p:plain

翻訳したい人は、画面の上で右クリックして、

f:id:terraxart:20181103101706p:plain

日本語翻訳を選んだら、

画面を全選択すると・・・

f:id:terraxart:20181103101757p:plain

訳が透けて見えるよ。何故か翻訳すると、訳が白字になってしまう模様。

どんどん進んで。

f:id:terraxart:20181103102026p:plain

自分が共感覚があると思っているのかどうか、

はい、どっちかって言うとはい、わからない、どっちかって言うといいえ、ない

で選んでね。

でどんどん進むと最初の問題になります。

f:id:terraxart:20181103102443p:plain

イメージに合う色を選びます。○ぽっちがクリックしたところに動くよ。

45問ぐらい出た…結構ハード。

いろんなパターンがあって、音が聞こえたり、5月とかが出たり、文字が出たり。同じものが出たり。すごく別感覚を使うから疲れるんだけど頑張ってやってみて?

共感覚を用いる時って、脳が倍速で働いてる感じがしますね。疲れる。

 

 

で、うまく進められればその次に今選んだ色がどの程度適切か、っていうのを確かめる瞬間反応テストがあります。これも20問近くやったかな??覚えてないです。

f:id:terraxart:20181103110631p:plain

3に対してあなたがこの色と自分の共感覚が一致するかどうか選んで瞬時(なるべく早く)に自分のイメージに正しい(左)、ちょっと違う(右)をクリックしていきます。

 

これで終了です。

・出てくる文字の色を選んで。

・今選んだ色と言葉が合っているかどうかのテスト!

の流れです。

 

いざトライ!

 

=====

 

 

後は結果を見ましょう。でもあんまりあてにしないで、っていうことなので。

 

でも脳が疲れた人は、結構別のセンサーを使っている証拠だと思います。

普段は意識しないで、結果をさらに感情や文章、実際的な表現に消化した上で使っているので、いちいち数字の何が何色だ、とか感じる暇はないんです。あえてそのフィルターに注視するとそれがふわっと浮かぶ感じですよね。

私の場合色は気分によってその都度変わりますし、色だけでなく、意味とか風景とか、感情とか、フルに「意味センサー」が働くので色をあまり意識することはないです。

まあ、だから音楽やっているんだろうけど。。、

 

だって世界に意味を見いだせるって・・多幸感ですから。。

でも人は人だし、自分の解釈は自分にしか通じないのだから・・孤独感もある?かもね。

皆さんはどうなのかな・・。

 

サイトでは、共感覚の場合、色は変わらない、と言ってるのでそれも分かるのですが、きっと変わる人もいるでしょう。私のように変わらないものと変わるものがある、という人もいるでしょう。私は純粋な世間でいう共感覚を持っているとは思えませんが、似たような普通のセンサーがあると思いますし、皆さんにも数多く持っておられる人がおられるでしょう。多分簡単に定義できる類のものではないと思います。

だって赤い夢を見たら、その日一日は意味を持って赤が見えるよ??

それでも8は青だけど。夏の数字だからね。夏って思い出が多くて強烈なんです。だから8は夏。でも子供の頃を思い出すと深い緑になったり、深い青になったり・・。

そしてそれをいつでもメロディや和声にできます。そういうことをなんかやくだてないかなぁ・・・

 

ああ!音楽業やればいいんだ!!

的な。

 

・・・。

 

Mがマゼンダに近くなったのは、M-Bankがマゼンダカラーを主にしているのでそのためでしょう。二回見ると印象が変わるものもあります。だって二回目は"はじめまして!"ではなく、"やあ!!"だもんね。人見知りだから二度目の印象は違うんですよ。それ何感覚??

・・。

休日に見た時と、仕事中観た時では違うものもあります。そのくらいカラフルに変わっていかないと新しい音楽とかは作れないのではないかと思います。

 

下記にも書いてありますが、シナスタジアを計測することはとても難しいと思います。

英語なので日本語的に考えていますから、「May」だけだったら、女性の顔とか、ヒツジとか、そういう想像をするのが普通だと思います。無理くり色に当てはめていけば、5月は新緑の頃なので、緑とか青とかを選ぶと思います。5月で黒とかが浮かぶ時もあって、これは五月病の経験があるからなんとなくどんよりしたイメージが色になるときもあるのだと思います。

 

下記は右に行けば行くほど選んだ色の一致度が高いということになります。

何回をやると覚えてしまうので1回だけでやって行くと良いと思います。下記は私の一回目です。二回目には50になってしまったので、色を記憶してしまったんだと思います。

f:id:terraxart:20181103111034p:plain

110以下になったら共感覚をある程度認知しているタイプかも、ということです。

このテストをやるような人はこれが110以下になると思います。共感覚的な理解をできる人でないと、共感覚という近くの概念についてテストしようとは思わないはずだからです。

下記の私の結果を見ても、本当に色が常に一緒に見えているか、というとそれは偽りである、ということがわかります。なので、私自身が感じている感覚そのものが共感覚なのかどうか疑わしいもので、このくらいが普通ななのではないかと。

それを知って自身で日頃から開発しているかどうかの違いが結果に現れる程度かもしれませんね。私は色味を感じることをここ十年ぐらいは意識してます。でも色より、良いメロディが作りたいから、音楽に変換していきたいと願っていますね。

 

自分の感覚に素直になれるのは、表現活動以外にもすごく自分への癒しになります。

f:id:terraxart:20181103111044p:plain

f:id:terraxart:20181103111052p:plain

f:id:terraxart:20181103111111p:plain

共感覚について。。

www.terrax.site

 

皆さんも色=共感覚だと思わないようにしましょう。

あなたが何かを感じる事、それがどのようなイメージであれ、それがあなたの共感覚だと思います。

レゴブロックを見るとカレーが食べたくなるのですが、これも同様だと思います。共感覚+何かの習慣の感覚がパブロフの犬になっているんだと思います。

でも私はレゴブロックなんて子供のころ遊んだこともないし、家にもありませんでした。でもカレーって笑。人の感覚って不思議ですよね。当然それを忘れることもあって。でも時々思い出すっていうのが面白いです。

 

不思議なものでも何でもない。自分が感じるこの世界のすべてが自分だけの意味。

不定調性論が生まれたこの感覚的背景を知ったのはほんとに最近。知っていたら不定調性論なんて恥ずかしくては発表しなかったでしょう。だって、それってお前だけだよ‥って話ですから。

でもいまは「独自論の成立過程」を見てもらうことで、誰でも自分の感覚を信じていいんだ、って思ってほしいです。だってそれではじめて自分にピッタリな仕事できたんだもん。