音楽教室運営奮闘記

音楽と教育と経営の雑記ブログ~不定調性論からの展開

Macでアプリケーション独自のカーソルをスクリーンショットする裏技。

 

カーソル型が何でもいいからスクリーンショットできればいいやっていう場合は、「グラブ」を使ってね。

pc-karuma.net

 

でもソフトの解説などでは、どうしても特殊なカーソルを撮影したい!

f:id:terraxart:20180621203004p:plain

f:id:terraxart:20180621203007p:plain

f:id:terraxart:20180621203012p:plain

f:id:terraxart:20180621203017p:plain

f:id:terraxart:20180621203020p:plain

どうやったかっていうと、QuickTimeで「新規画面収録」した動画を再生してキャプチャーしたんです。

f:id:terraxart:20180621203203p:plain

だからだいたい使いそうな画面をあらかじめ決めておいて一気に撮影してしまって、あとで動画見ながら一時停止してキャプチャー(command+shift+3)。

 

簡単ですね。

古いmacはできません。。ウィンドウズでもWIN+Gで画面収録が簡単位できるので、いろんな設定をいじくるの嫌いな人は試してみてね!

support.apple.com