音楽教室運営奮闘記

音楽と教育と経営の雑記ブログ~不定調性論からの展開

Macでアプリケーション独自のカーソルをスクリーンショットする技。

カーソル型が何でもいいからスクリーンショットできればいいやっていう場合は、「グラブ」を使ってね。

「アプリケーション」→「ユーティリティ」→「グラブ」です。

f:id:terraxart:20180918185613p:plain

いつもここに置いてあります。

f:id:terraxart:20180918185821p:plain一回クリックした後で右クリックして。

「タイマーで画面全体を取り込む」でやってみましょう。

f:id:terraxart:20180918190136p:plain

「タイマーを開始」をクリック。

10秒の間に、カーソルをキャプチャしたいところに持っていきます。

f:id:terraxart:20180918190255p:plain

画面全体が保存されるので、「取り込み」から「選択部分」を用いて。

f:id:terraxart:20180918190403p:plain

ピックアップしたいところをドラッグします。上記はドラグしている最中の画面。赤い枠が出てきます。

f:id:terraxart:20180918190503p:plain

はい、このようにキャプチャできます。カーソルではなくしたい場合は、

f:id:terraxart:20180918190928p:plain

グラブの環境設定で変えられます。

======

 

でもソフトの解説などでは、どうしても特殊なカーソルを撮影したい!

f:id:terraxart:20180621203004p:plain

f:id:terraxart:20180621203007p:plain

f:id:terraxart:20180621203012p:plain

f:id:terraxart:20180621203017p:plain

f:id:terraxart:20180621203020p:plain

これは、どうやったかっていうと、QuickTimeで「新規画面収録」した動画を再生してキャプチャーしたんです。

f:id:terraxart:20180621203203p:plain

だからだいたい使いそうな画面をあらかじめ決めておいて一気に撮影してしまって、あとで動画見ながら一時停止してキャプチャー(command+shift+3)。

 

簡単ですね。

古いmacはできません。。ウィンドウズでもWIN+Gで画面収録が簡単位できるので、いろんな設定をいじくるの嫌いな人は試してみてね!

support.apple.com