音楽教室運営奮闘記

音楽と教育と経営の雑記ブログ~不定調性論からの展開

個人事業ポスティングについて書いてみた4

2017-06-04→2019-7-19(更新)

前回

www.terrax.site

 

セグメント配布

ポスティングというのは、私有地の敷地内に入ることはできません。

 

それでもポストにチラシを入れる、という行為はどことなく法律的にグレーゾーンのような気もします。

www.newsletter-3.com

 

しかし、問題はそういうことではないんです。

個人で事業をやって、これが街の中でニーズがあるのか、どんな土地に自分たちは店を出したのか、を自分で把握するには、一度だけでもチラシ配らなくても自分で街を歩いて家を見ないとダメです。

それによって得られる効果は、

・安上り

・街を把握できる

・ニーズのある地域を把握できる

・無駄に配る枚数を減らせる。

などなどです。

 

そうやって二万部配って1件反響、とかというような話は、全軒配布の割合であって、我々がやっている

"セグメント配布(選別配布)"

はもっと効率がいいんです。でも経験がいります。

何度も全軒配布した結果見えてくる配り方です。

その匂いを感じたうえで、郵便局に多々ある配布サービスを活用しましょう。そうすると反響の動きが"見えて"きます。

 

チラシ一切厳禁というタワーマンションとかは、郵便局の「地域指定郵便物」を使います。それも一回やってみれば、ポスティングの経験から、どんな感じか、がすぐわかります。

 

 こんなふうに、これは13枚あるルートマップのうちの1枚。

f:id:terraxart:20190424122025j:plain

私は、毎日、20時ぐらいまで制作やら、レッスンやら、運営やらを行い、ヘロヘロになったところで、チラシを持って配りに行きます。

でも、これがめちゃくちゃ気分転換です。

健康増進を兼ねた営業活動。

やっていればどんな人でもついてきます。人は歩くようにできているんです。

www.moonstar.co.jp

 

我々もよく、代表と一緒に配りながら、あれこれ打ち合わせなどしています。

healthpress.jp

 

いろいろ勘が巡ってくるんです。おススメです。

30分だけ50枚持って行って、行きたい地域に行って、一枚も配らずに戻ってきたこともあります。

なんとなくあるんですよ、

 

「あ、今日じゃないな」

 

っていうときが。

 

なんででしょうか。

 

www.terrax.site

 

==コーヒーブレイク〜M-Bankロビーの話題== 

通勤前後にできる運動を兼ねて自分でできる最強の営業方法。

 

なぜいまポスティングか 20年以上の経験則に基づく10の仮説 (Business Books)