音楽教室運営奮闘記

音楽と教育と経営の雑記ブログ~不定調性論からの展開

Music LAB/REAL GUITARシリーズの使い方1

今回はこのMusic LabのReal Guitarシリーズの使い方について紹介します。

他のギター音源同様これも「ギターのことを知ってる人が使うと良い」音源です。

ギター弾きでDTMerの人は持っておいてもOKです。その他にもクオリティの高い音源があるのでどれもデモ使用をしてみてからご判断ください。

個人的にはたまたま、この音源が気に入ってしまった(Youtubeカバーなどであげているりんな氏のギターはほとんどこれかReal LPC=同シリーズのエレキです。アンプは別=アンプが鍵!)

f:id:terraxart:20210106231049p:plain

まず音色選び。

f:id:terraxart:20210106232333p:plain

中央画面の右上の下矢印ボタンから選べます。

 

Steel Picked=スチール弦をピックで弾きます。シャリン!とした音。ロック向き。

Steel Fingered=スチール弦を指で弾きます。ピックで弾くより優しいシャリンです。フォークギター。

Nylon Picked=クラシックギターをピックで弾きます。BGM向き。

Nylon Fingered=クラシックギターを指で弾きます。最もクラシカルな音です。

Steel 2 Picked=もう一種類のスチールギターの音色です。上のスチールよりさらに硬い音です。ブルースとかいいかも。

Steel (Doubling)=左右のチャンネルで1本ずつギターがいる感じです。厚みがあって豪華です。

12-string=12弦ギターです。コーラス効果のかかったサウンドになります。

Steel Stereo(290MB)=1本のギターを左右のマイクで録理分けたようなレンジの広い音が楽しめます。

これらは曲にあったサウンドをご自身で選んでください。

 

早速ですがまず、パターンを使ったコードストロークの打ち込み方についてです。

これを使うことでこのソフトの打ち込み方が一挙にわかります。

ここでは音色Sttel Stereo (290MB)を使います。

中段の「PATTERN」を選択しましょう。

f:id:terraxart:20210107114536p:plain

そしてその下、「Chord」を選択しましょう。

f:id:terraxart:20210106231320p:plain

今回はテンポ120でエイトビートで

C   |Am7  |Dm7  |G7  |

というパターンを打ち込んでみましょう。テンポはDAW側で指定してください。

 

次にパターン画面の左側の上矢印をクリックします。

f:id:terraxart:20210107115352p:plain

 

今回は[Pop Slow]の[Romance S 8th 80-130]の[S01 Romance]というパターンを使ってみます。

f:id:terraxart:20210107120319p:plain

 

そこまでできたら

f:id:terraxart:20210107120624p:plain

鍵盤の「c」の位置を押してみてください。画面上の鍵盤でもいいですし、お持ちのMIDIキーボードが接続されていればそちらでもOKです。

これでCメジャーコードでパターンがなるはずです。

他の鍵盤を一つだけ弾くと必ずメジャーコードが鳴ります。これが先のchord設定の特徴です。

f:id:terraxart:20210106231320p:plain

 

そしたらこのストロークパターンをDAWに投げ込みましょう。黄色い欄をクリックしてドラッグすると下記のようにMIDIマークが出ます。

f:id:terraxart:20210107122859p:plain

 

それをDPのトラックウインドウの左空欄に投げましょう。

f:id:terraxart:20210107122909p:plain

 

下記のように新規トラックができます。

f:id:terraxart:20210107123117p:plain

あとはReal Guitarを割り当ててOKです。

f:id:terraxart:20210107122917p:plain

こうなっていると思います。でもこれだけでは音は出ません。これは奏法命令データを配置しているだけだからです。

f:id:terraxart:20210107123459p:plain

 

そこで上の方の鍵盤のどれでもいいのでCの位置を一小節ぶん引っ張ります。

これで再生してみてください。音がなります。

f:id:terraxart:20210107123526p:plain

この時、後半少し空けておくといいです。後ろにくるコードとかぶったりして命令があやふやになるのでできれば後半は少し空けて、命令情報を切り替えやすいように遊びを作ります。

f:id:terraxart:20210107123546p:plain

 

またパソコンスペックなどで必ずで音が遅れる現象が出ますので、その場合は、下記の方に全体を少し前に突き出すか、一旦WAVにした後で頭を合わせるようにしてください。このようなことをするので先の命令情報の遊びが生きてきます。

f:id:terraxart:20210107123620p:plain


これでCメジャーコードの一小節のストロークができました。

次回はいよいよコード進行を完成させます。

 

www.terrax.site

お試しあれ!