音楽教室運営奮闘記

不定調性論からの展開紀行~音楽と教育と経営と健康と

制作メモ;ピアノ抽象的に数を数える曲/不定調性ピアノ曲

またしても寝る前に聴く曲です。 

www.youtube.com

最近寝る前の曲ばかり作っていますね。

不定調性論的思考で「欲望することを許してる」といろいろくだらないことにムラムラ来ますね、

 

イメージは「羊が一匹、羊が二匹、、」です。

今回の各セクションは50セクションあります。

羊を一匹から五十匹まで数えています。

f:id:terraxart:20200813132812p:plain

必ずセクションの頭に

f:id:terraxart:20200813133123p:plain

ていうリズムがあります。きっとこれが「羊が」って言ってるんだと思います。

そのあとはピアノなりに数を数えています。音数が1音ずつ増えて行くんです。

25まで増えて、そのあとどんどん音が減っていきます。

f:id:terraxart:20200813133728p:plain

 

f:id:terraxart:20200813133123p:plain

このリズムのとこだけ音数自由、って意味不明なルールができたようです。

 

また途中このピアノは数の数え方を間違っています(笑)。

ピアノも眠いのですきっと。

 

この曲は、

www.terrax.site

ここで述べている機能を期限切れさせる技を用いています。

例えば

F  |G7  |C   |

と流れるところ、

F  |G7  |G7  |G7  |G7  |G7  |G7  |。。。

とやっていると、G7がトニックのように感じられるんです。言い直せば解決する必要性が薄れていきます。

機能和声論は"常識論"ですから、G7はいつまでもドミナントの機能を持つ、という前提で理論ができています。常識以外のことをやる奴はいなかろう、というだいぶ古い前提があるからでしょう。

 

今回も小節の区切りはありません、この話を応用して、

長く伸ばして、和音に別の機能を持たせたり、

f:id:terraxart:20200813133123p:plain 

このパターンを出すことでそこに「段落感」を生み(それが生まれているのは作曲者だけですが)自在に調を移行させたりしています。

ベッドの上で寝転んでしばらくは、いろんなことが頭に浮かびます。やがてまどろんでくると、それら夢のような、溶けて行くような感覚になり、意識が消えていきます。

 

普段の音楽には確固とした脈絡があり、あれはまさに「意識がある状態」です。

 

めちゃめちゃ起きている時間とかにこれを聞いてもどうも意識がボヤァとなって困ります。

www.youtube.com

思えばこれも寝る前の曲でしたが、明らかな意識がありますね笑。

数え間違いの答えは13-13-16-16-17-18-19-18-21-22-23-26-25-22-23になっているとこ:20200813134000p:plaintopic image