音楽教室運営奮闘記

音楽と教育と経営の雑記ブログ~不定調性論からの展開

(Digital Performer)オーディオへの直接エフェクトの適用(オフラインプラグイン)

M-Bank Digital Perfomer使用法のお問い合わせ

↑こちらをクリックしフォームに質問内容を入力し送信ボタンをクリックしてください。(※一週間経っても記事がアップされない場合は、内容が不明瞭であったかお答えできない内容であった場合がございます。)

こちらからご連絡いただければ、ブログ上でお答えします。

 

f:id:terraxart:20180611141611p:plainこのデータに直接エフェクトをかけてフリーズしてしまいたいとき、データで右クリックして、

f:id:terraxart:20180611141733p:plain

プラグインの適用、を選択。

例えば、

f:id:terraxart:20180611142523p:plain

これはDPのパターンゲートです。

「視聴」をクリックすると、どうなるか再生してくれます。停止させるまでは延々やってくれます。

問題なければ「適用」をクリック。

f:id:terraxart:20180611142915p:plain

エフェクトが直接適用されます。

<プリロール><ポストロール>は前後に空白を作るだけですので、通例あまり使わないかな、という感じです。

f:id:terraxart:20180611150816p:plain

こうやって、データの一部分だけかける、ということもできます。

 

いつも決まった効果を創りたい!とかというとき、いちいちプラグインをミキサーに挟まなくて済む、やり方ですね。サードパーティ製でもできます。

ただ、

f:id:terraxart:20180611143056p:plain

こういう、鍵盤押しながら効果を変えていくやつ系はうまくできませんでした。

DPにはそういうエフェクトはないですからね。。でも「視聴」だけすることはできます。繰り返し再生してくれますから、鍵盤次から次へと押しながらサクッと効果をチェックしたいときは使えないこともありません。

 

DPのプラグイン解説書ではミキサーに挟まないプラグインを「オフラインプラグイン」と呼んでいるようです。

 

 

 

【国内正規品】MOTU Digital Performer 9 (DP9) クロスグレード 限定シリアルダウンロード版