音楽教室運営奮闘記

音楽と教育と経営の雑記ブログ~不定調性論からの展開

不定調性をするなら~If I Needed Someone:ビートルズ楽曲topics

ビートルズの不定調性コード進行研究

ほぼ全曲ビートルズのコード進行不定調性考察 アルバム「Rubber Soul」3(2018)

8、イン・マイ・ライフ - In My Life

 

AD

   

マニアほど知ってるII7-IVmが美しく響いています。

Aメロ
A |F#m A7 |D Dm |A |
A |F#m A7 |D Dm |A |
Bメロ
F#m |D |G |A |
F#m |B7 |Dm |A |

このA7も綺麗です。


例のB7-Dmは変化感が大きい進行だと思います。
細かく云うと、
B7=b,d#,f#,aですよね。これがDmにいくと、
d#→d
f#→f
という半音下降が、ゆるーい感じを出し、aはそのまま、ジャズではbを弾いて、Dm6みたいにすると美しかったりします。
B7-Dm6
このナチュラル6thがサブドミナントマイナーには良く映えるんですね。

またさらりと使っていますが、A7も効果的です。


A--F#m(9)--A7---D--Dm


とすると、内声にa-a♭-g-g♭-fという流れが出来て綺麗です。これもお試しあれ。

ここでのA7はセカンダリードミナントという概念よりも、クリシェ的な感じで置かれたのかもしれません。皆さんはどんな印象を持つでしょうか?

 

AD

 

9、ウェイト - Wait
カッコいい曲です。
Aメロ
F#m Bm/F# | Bm/F# F#m |C#7 F#m |
F#m Bm/F# | Bm/F# F#m |C#7 F#m |
これって三小節区切りなんですよね。

これがなんでしっくりはまるのか謎ですが、みなさんよくありますのが、
・曲を作っていったら勝手に転調しちゃった
・どんどん音域が上がってしまう
・戻れなくなっちゃう
・尺が変
・1コーラスが長くなっちゃう

 

この三小節の入り、とっても変だけどカッコイイ。なぜかかっこいい。
カッコイイと感じた瞬間、それは答えなので、その熱を先生は否定せず、それを汲んで伸ばしていただきたいです。

サビ
A D |% |% |A C#7 |F#m |
展開部
Bm |E |A |F#m |
Bm |E |A |C#7sus4 C#7 |


16ビートのビートルズ、このアルバムから実験が始まった、という感じですね。
リンゴ・スターの16ビートって、叩いてる姿も、重いノリも実はカッコよかったりするんですよね。


10、恋をするなら - If I Needed Someone

ジョージの名曲ですね。コード的にもびっくりなんですよ、この曲。


Aメロ
A | % |% |% |
G/A |% |A |A |
A | % |% |% |
G/A |% |A |A |
展開部
Em |F#7 |% |Bm |
Em |F#7 |Bm |E |

 

G/Aがカッコいいですね。ふわっと浮く感じが良いです。
で、展開部が、Em・・・?
え?Vm?
という感じです。キーはAメジャーですから、ドミナントはEです。
強烈なドミナント感のEにいかずEm。


これを意図していたのか、Eを避けたうえでのEmなのか、彼の指の動き癖か、好きな響きなのか、サイコロを振ったのか。まあそれこそが音楽性、というやつですよね。

分析できるできない云々よりも、それを聞いて「イイね!これ」って思えれば、それがインスピレーションになり、自分でも応用できるものです。この直感的把握って、これがなんの機能で、どういうキーの関連性があって、それが作曲でどう使えるか、っていうことのを理解するのと同じくらい、時にはそれ以上の力になります。


で、Bmへの帰着ですね。このBmはBマイナーキーとしてのIと、AメジャーキーのIImのpivotになります。


作曲する人は、ぜひ、弾いてみてください。

 

AD

 

LOGICOOL ステレオスピーカー Z120BW