音楽教室運営奮闘記

音楽と教育と経営の雑記ブログ~不定調性論からの展開

IVmM7(6)~ What Goes onのビートルズハーモニー:ビートルズ楽曲topics

ビートルズの不定調性コード進行研究

ほぼ全曲ビートルズのコード進行不定調性考察「Rubber Soul」2(2018)

4、嘘つき女 - Think for Yourself

AD

   

Am |Dm |Bb |C |
G |% |
Am |Dm |Bb |C |
G |Am |
C7 |% |G7 |% |
Eb |D7 |G | % |


キーはG表記ですが、Vm、IIIb、IV7、VIb7、I7などが入り乱れています。
ジョージは根っからの不定調性進行使いですね。

こうしたコードの使用は、それぞれのコードが持つコード感と、それらが連鎖した感覚を捉えていくことでできます。

 

5、愛のことば - The Word
ジョンの不定調性楽曲です。
D7(#9) |% |% |% |
G7 |% |
D7(#9) |% |Em7 A7|Dm7 G7 |
D7(#9) |% |
D |C |F |G |

エンディング
Dm A7 |Dm7 G7 |D |~


なかなか凝っています。ブルージーに入り、II-Vの連鎖が現れますが、このII-Vも進行と言うより「効果」で用いられているだけで、そのままI7であるDに向かいます。
エンディングはクリシェのようになってますが、これがIをImにして始まるあたりが予測不能です。かつ曲としてしっくり来ています。
これだけ前半でコードが機能を超えて並べてあるからできるのでしょうか?

例;
I7 |% |IV7 |% |
I7 |% |IV7 |% |
Im ImM7 |Im7 IV7 |
I7 |% |IV7 |% |

なにか新しいブルース進行のようなものを作ってしまったような感じさえしますね。

 

 

AD

 

6、ミッシェル - Michelle
下記を参考下さい。

www.terrax.site

 

7、消えた恋 - What Goes on


この曲は後半

The Beatles What Goes On - YouTube

上記動画の0:31-です。
E |% |Am |% |
E |% |Am |% |

Am |B7 |E |% |~


IVmが効果的に使われています。


全体のコーラスを聴かないとわかりません。


リンゴのメロディをみるとIVmM7(6)のような全体の響きになっています。

 

なかなかジャジーな響きになるはずですが、あまりコード感が全体にないので、本来なら「今IVm6とか使っちゃってるよーー」とかって宣言したくなって、IVではない、ってことを強調したくなるもんですが、さらりと流しているあたりのかっこよさ、とか、わかってて真似したいですね。

 

AD

ジバンシイ パイ 100ML E/T SP 

 

ちょっとかっこいい香水つけようぜ。

 

LOGICOOL ステレオスピーカー Z120BW