音楽教室運営奮闘記

音楽と教育と経営の雑記ブログ~不定調性論からの展開

ほぼ全曲ビートルズのコード進行不定調性考察「Magical Mystery Tour」2(2017)

2、フール・オン・ザ・ヒル - The Fool On The Hill
これは6thコードを勉強する曲、です。

   

 


The Beatles The Fool On The Hill (Official Audio)

D6 |G6 |D6 |G6 |
Em A7 |D Bm |
Em A7 |Dm Bb Dm |
Bb |C |Dm |D6 |
笛の音がなんとも「ほんわか感」が出てますよね。
このほんわか感を倍加させているのが6th音です。

ポールはこの6th音を、ここでは「ぼやっとした感じ」というように捉えていたのでしょうか?
この印象力に脱帽です。もしくは、ポールのおかげで、僕たちは6thを「ぼやっとした感じ」と覚えてしまったのかもしれませんね。

fooi=6thみたいに覚えられますよね。もちろん常に笛がfoolなのではありません。

そういうふうに思わせることのできるのが、音楽の素晴らしいところ、何です。

あなたはどうやってここでの「fool」を表現しますか?

笛ではないとしたら。

それを考えるのが「自分は何者か」を考えることです。世の中の洗脳から脱出しましょう。

 

これから曲を作る人は、この6thコードの新たな印象を探り当ててみてください。
この曲、コーラスの最後にDmに同主転調するんですよね、これがまたびっくり。


ビートルズは、このマイナー感をとても楽曲の中でカッコ良く用いる曲が多いと思います。同主転調は王道ですが、色彩感が豊かになると思ったら使ってみてください。

 

3、アイ・アム・ザ・ウォルラス -


I Am The Walrus


Aメロ
A A7 |C D E |A A7 |C |D |A |
Bメロ
A A7 |D F G |A A7 |F |
B |B |C |D |
E |~

Cメロ
B A |G F |E F |
B |B |C |D |
E |D |A A7 |C D E |~

もうビートルコードの嵐ですね。


もう恐れるものは何もない!という感じのメジャーコード攻め。

彼らの自信と確信と挑戦を感じます。

メジャーコードだけで作られる曲の印象は、
「不可思議」
という感覚が伴うと思います(個人差あります)。

 

それを前面に出した感じですね。歌詞といい、サウンドといい。
この曲のこのおかしな印象を、まずは「不定調性感覚」と呼んで、まずは皆さん各位でいろいろカテゴライズしてみてはいかがでしょう。

 

私はこの辺のビートルズの曲を聴くと、

「言い知れぬ不安感」

を強く覚えます。正直、あまり楽しめません。どこか「怖さ」を感じるんです。

閉塞感とか、現状にいたくない恐怖、というか。

でもそれは音が持ってる不安定感に起因しているのかもしれません。

そしてこういう曲に惹かれます。人間の感情て不思議ですね。そういう意味の分からない感情感て学校では教えてくれないでしょ?

だからこそ音楽は「自分のことを教えてくれる文化」なんです。

だからとっても学問として、哲学として、脳科学として、自然科学として大事な要素を全て兼ね備えていると思います。それに気が付くか、気が付かないか、はとても大切だとは思いませんか?