音楽教室運営奮闘記

音楽と教育と経営の雑記ブログ~不定調性論からの展開

(Digital Performer)サンプルを投げ込んだらすごい後ろの方に行った。

M-Bank Digital Perfomer使用法のお問い合わせ

↑こちらをクリックしフォームに質問内容を入力し送信ボタンをクリックしてください。(※一週間経っても記事がアップされない場合は、内容が不明瞭であったかお答えできない内容があった場合でございます。)

こちらからご連絡いただければ、ブログ上でお答えします。

=====

ループサンプル入れた!

f:id:terraxart:20181109191920p:plain

f:id:terraxart:20181109192035p:plain1921小節目に入った!

いちいち探して前に持ってくるの面倒ですね。

そんなときは、即座にctrl+Aで全選択

f:id:terraxart:20181109192328p:plain

そのあと、投げ込んだトラック名を選択。

f:id:terraxart:20181109192418p:plain

そしてキーボードで左移動(右でもいいけど)。

f:id:terraxart:20181109192511p:plain

この作業で、サンプルだけが選択されている状態になります。

f:id:terraxart:20181109192611p:plain

 

すかさず、command+Lで「シフト画面」を立ち上げ。

f:id:terraxart:20181109192750p:plain

「位置を指定」で欲しい小節あたりを入力。私はいつもデフォルトの曲頭に移動させるようにしています。打ち込まなくていいので。後で曲頭に持ってきてから、ちまちま動かしています。

 

ここまで3秒ぐらいでできます。

 

そしてサンプルは曲頭に配置されます。

f:id:terraxart:20181109192933p:plain

地味ですがストレス解消に。

 

これ、投げ込み方が悪い、とかあるんでしょうか。

後ろに行っちゃうサンプルと行かないサンプルがありますよね。

 

いずれにせよ、これが早いのでこうしています。

 

お試しあれ!

 

 

 

 移動時間は本を聞こう。

 

 

【国内正規品】MOTU Digital Performer 9 (DP9) クロスグレード 限定シリアルダウンロード版