音楽教室運営奮闘記

音楽と教育と経営の雑記ブログ~不定調性論からの展開

(制作メモ)短三和音に長三度を乗せてみよう〜「Ballade of Sense Detox」不定調性作品★★★

今回は動画とともに。勉強している人の意識を柔らかくするための意味合いも込めてます。。

www.youtube.com

眠気要注意です。

生まれてこのかた身についてしまった感覚をデトックスする曲です。

最も不協和になるサウンドが作る雰囲気に取り組んで、

「もし今、思想が一回全て自分からなくなったら、もし自分の感覚全て一瞬だけ消去されて更地になってゼロからスタートしたら自分は何に感動するのだろうか」

みたいなことを考えましょう(変人かよ)。

聴き終わる頃には三度の違いとかに慣れてしまいます。

 

・ペダルを踏みっぱなしにして演奏してみてください。

・和音が"協和"するかどうかは、ヴェロシティ(弾く音の強さ)が鍵です。「短三度と長三度は短九度では響かない」という常識を静かに取り除いていきましょう。

これらの響きが受け入れられるのは、ジャズ的な様々なアウトサイドトーンを理解するようになっているので、不協和をジャズのドミナント7th的、または近代音楽の不協和の美意識的に捉えて理解しようとするはずです。で、それではただ難解さについての把握しかできないので、そうした慣習的感覚も超えて、ただそこにある音の重なった感じを受け入れようと"努力"してみてください。意外と簡単です。

 

c,e♭,g,eという音の組み合わせが作る世界にわざわざ飛び込んでやってみる、という体験ツアーです。

画面の左に音名付き鍵盤があるので、響きの感じを聴覚、視覚でご確認ください。

和音の機能やアナライズ用語の代わりに、和音と旋律の感じから感じ取れる言葉を書いて起きました。画面大きくしてご覧ください。

 

才能豊かな人たちに、ぜひ、普段のヒット曲を作る最中、ちょっとアートな感じの思想にチャレンジしてなんか当たり前のことを見つけてひっくり返してみましょう。

するときっと「自分が起き」ます。

もちろん学んだセオリーはそういう状態になって初めて活きてきます。恐れず「矛盾」を成り立たせていきましょう!しれができるのはアートだけです。

 

この世界の誰かかの必要を満たせれば嬉しいです。

====

(追記)

不定調性論の十二音連関表的には、Gl5とCu5がくっついた領域になるので、基音c,gでできる和音です。

ネオリーマンセオリーとかでもサクッと作れるんじゃないでしょうか。

意識下でC△とCmを分けてしまうと、もう受け入れられません。

しかしこう言った記号論を抜けて、もっとなった音に対してハートをひらけば、きっとあなたが何者か、という質問までワープできるはず笑。

そういうことも押さえておけば色々怖くなくなります。

 

学習期間はそんなことを考えながら、怖いもの無しの自在な感性を武器にして現場に飛び込んでいってくださいね!