音楽教室運営奮闘記

音楽と教育と経営の雑記ブログ~不定調性論からの展開

(制作メモ)短三和音に長三度を乗せると強烈な眠気を誘う〜「Ballade of Sense Detox」不定調性作品★★★

自分が変態なのか、たまたま曲調がそうなのか、わたしはCm(10)に眠気という感情??をかんじるので、好きです。でもこれは世間では不協和音、こんなこと言ったらおかしいと思われるから黙っていよう、、ということを今回表現した曲です。

www.youtube.com

まぶしさというか、日向ぼっこしている時の心地よさ、というか、m3どの上でに乗る静かなM3rdは眠気を催します。

 

生まれてこのかた身についてしまった感覚をデトックスする曲です。

最も不協和になるサウンドが作る雰囲気に取り組んで、

「もし今、思想が一回全て自分からなくなったら、もし自分の感覚全て一瞬だけ消去されて更地になってゼロからスタートしたら自分は何に感動するのだろうか」

みたいなことを考えましょう(変人かよ)。

聴き終わる頃には三度の違いとかに慣れてしまいます。

 

・ペダルを踏みっぱなしにして演奏してみてください。

・和音が"協和"するかどうかは、ヴェロシティ(弾く音の強さ)が鍵です。「短三度と長三度は短九度では響かない」という常識を静かに取り除いていきましょう。

 

c,e♭,g,eという音の組み合わせが作る世界にわざわざ飛び込んでみてくださいと誘う曲です。

画面の左に音名付き鍵盤があるので、響きの感じを聴覚、視覚でご確認ください。

するときっと「自分が起き」ます。

もちろん学んだセオリーはそういう状態になって初めて活きてきます。恐れず「矛盾」を成り立たせていきましょう!しれができるのはアートだけです。

 

この世界の誰かかの必要を満たせれば嬉しいです。

====

(追記)

不定調性論の十二音連関表的には、Gl5とCu5がくっついた領域になるので、基音c,gでできる和音です。

ネオリーマンセオリーとかでもサクッと作れるんじゃないでしょうか。

意識下でC△とCmを分けてしまうと、受け入れられません。

しかしこう言った記号論を抜けて、もっと鳴った音に対してハートをひらけば、きっとあなたが何者か、という質問までワープできるはず笑。

そういうことも押さえておけば色々怖くなくなります。