音楽教室運営奮闘記

音楽と教育と経営の雑記ブログ~不定調性論からの展開

(健康)アーシングの効果報告(2018.8.4~2018.10.22)

日本一フラットなアーシング経過報告記事にようこそ

アーシングの効果を考える

アーシング(静電気除去と自由電子交換で血液をサラサラにして体内の様々な炎症を除去する仕組み)の効果について随時加筆する、記事6本目です。

前の記事はこちら

www.terrax.site






AD

   

 

使っているのはこちらです。

riraku-life(リラクリフェ) 大地と繋がるアーシング健康法用  アーシングスタートセット【身体電圧測定キット・リストバンド付き】 (50×50cm, ラバータイプ)

riraku-life(リラクリフェ)OEM アーシングコットンシーツ 200cmx140cm 

 

 

 

2018.8.4

アーシング2年目に突入です。

真夏ですね。昨日はなんか小雨が降る感じだったので、チャリはやめて、豪徳寺の駅まで歩いて帰ることにしました。暑いということにしばらくして気がつきました笑。

でも夜7時ぐらいになるとだいぶ涼しいですよね。

汗ばみますが。

最近感じるのは自律神経の不調の復活です。

以前は感じない微妙なことからそう感じます。

例えば朝起きて、ギターとかの練習を少し始めると、排便したくなるとか笑。。

ちゃんと起きたよ、っていう合図なんですね。眠い目のままギターを持っているときは何も感じずギターを弾きます。仕事ですから練習しないとね。でも朝一しかないんです。で、以前はそのまま眠いままだったのですが、最近は3分もするとパチリと頭が冴え、その後便意がくる、みたいな、ちゃんとしたサイクルが戻ってきた感を感じるのです。本当に体感は20代になったのかもしれません。基本疲れませんから、今の20代よりも元気かも。田舎のおじいちゃんが元気な理由と似てるかもしれませんよ。どう思いますか?

 

2018.8.11

熱帯ですね。。自転車中、体の水分がなくなると最初に症状が出るのが目です。私の場合、目が痛くなります。なんでだ笑。。でも信号待ちで地面深く突き刺さってるガードレールとかに素手で触ると、その目の痛みがふっと消えます。

もはやアーシング星人。

これが自己催眠効果であるとしたら、人体の可能性というのは、表面的なものと、そうでない別の次元があるのではないか、とすら思います。つまり無限のエネルギーと人体は実は流通が可能である、とか・・。どうなんだろう。

こうなると現代ではもはやオカルトですよね。そこは別にどうでもいいです。

つまり体力的な限界が来ても、自己催眠効果が働けば簡単に限界を突破できる、というのが人体である、ということです。これはアーシングが嘘だったら、という仮定です。

それかアーシングというのは実際に効いていて、血流が良くなることで、目の痛みが無くなった、とか。

またはアーシングなどできていなくて、本人が勝手にそう思い込んで=自己催眠、目が痛くなくなった、とか。

 

あとは・・全部気のせい。生きていることも、悩んでいることも、この宇宙もほんの気のせい・・とか?笑。

いずれにせよきついからだが楽になるから、麻薬やるんだったらアーシングやりなさい。100倍の効果で100倍の快楽だよ。

 

2018.8.13

お盆してますか?

やっぱり抵抗なしアーシングシーツでねると、鮮明な夢を見ますね。

5本立てくらいで。カフェイン中毒なので、熟睡してても起きてしまうんです。1.5時間単位ぐらいで。その度に「おぉおおお」っていうようなカラーで、臨場感たっぷりの夢を見ますので驚きなわけです。

これが夢だってわかったらさらにすごいのかな。。。

機能はシーツしないで寝たんですが、やはり鮮明な夢でしたね。一つしか覚えていないのですが、いちいちダイナミックな夢。昨日は確かロードバイクで坂を下るのですが、ヤタラ草ボーボーな道をかき分けるように猛スピードで下る夢。なんなんだよ笑。

関係ないけど起きたらブブゼラ効果音を買って頂いた方がおられたようです!

www.terrax.site

ありがとうございます!!他にないでしょ?この効果音。それで作りました。

いろんな効果音をリアルにシンセだけで(時々直に録音しますがコストに見合いません)作ってます。なかなかニーズは無いでしょうが、楽しんでますのでお安くしかも凝った効果音作らせて頂きます!お問い合わせください。

M-Bank ブログ・HP等のお問い合わせ

 

2018.8.14

今年は猛暑、ということなのですが身体が楽なせいか、暑さに身体が順応しているせいなのか、クーラーのない実家にいましてもあまり暑さを苦しく感じることはありません。これが健康の力か。

朝方とか扇風機を横にどける勢いです。山並み見える、貴き泣く子も黙る関東内陸部ですから日本でも暑い地域のはず、、でも去年より楽です。

実家にもアーシングマットが導入されてます。クーラー代わりです笑。

世間はサマータイム導入について悩んでおられるとか。

答えを教えましょう。

サマータイムなどやらず、アーシングで体力増進を行えば時間ずらそうとか血迷ったりしないでしょう。

1日の身体のサイクルは自然とサマータイム、ウインタータイムに日に日に移行しています。その自然の力に順応するには自然に対して理解を示す必要があります。そしてそのためには自然に触れる必要があります。強い身体をそれによって得ておけば例え疲れてもすぐ回復します。まあ、疲れないけどな。

この記事読んでくれた人だけが知ってればまずはよしとしましょう。

穏やかな夏の日です。

多分アーシングしてる人は、またはそれによってある種の催眠状態から健康を作り出してしまった人は、世間の人たちとは違う星にいるんじゃないか、、そんな気がしませんか?

古い暑中見舞いのハガキが出てきました。今さら返信しても遅いかな。

 

2018.8.24

体調良し。
最近高校野球の球数問題を見ました。アーシングの記事なので、それと絡めて書きますが、投げていない時間、自軍の攻撃の時にアーシングしていたら、最速で回復するので、おそらく身体を壊さなくて済むのではないか、と思います。
というか信じられないレベルで戦えると思います。誰か取り入れてほしいですね。

スポーツの限界を超えてしまうと思います。すごい選手は驚くような集中力と記録を残すのかなあ。。

身体には悪いことはないので、今の練習量を変えないで、間にアーシングを取り入れるか、シューズでアーシングできるようにするかしたら、変わるかもしれません。

ただし、心の暗示が重要なカギを握るので、誰かがアーシングを信じている必要があります。

信じないと体の変化に心が気が付かないからです。

心が気が付かなければ症状も改善されません。

「意識」は「生身」です。ケアしなければ目覚めません。

 

2018.9.15

気がつけば九月も半ば。

健康です。疲れ知らずでストレスフリーでバリバリ働いています。儲かってませんが。

しっかり精神が安定しているとやるべきことが見えてきてすごいです。

生きているという実感というか、生きているっていう実感て他人とか関係なくて、社会も関係なくて、ただ実感があるということの幸せだと思います。

 

実感=生きていることの証明

 

あと、何かいるんかなぁ、、人生って。

人が余っている地球で、一人一人が自由にやれることってバリエーションが豊かになっていると思います。今が一番人類にとって幸せな時代かもしれませんね。

 

2018.9.25

昨日は連休最終日ということで、お休みらしいことがしたくて、仕事終わりに久々に15km歩いて帰りました。で、その後11時ぐらいまで家で過ごしていたら、明日の仕事の依頼のメールが入って、明日朝やります!って言ったんですけど結局朝まで何もできないのはなんなので、お風呂に入ったあと、また着替えてそのまま電車に乗って午前1:00に出勤しました。ちょっと早めの連休明け出勤(経堂まで行って、またそこから40分歩き)。今2曲制作と譜面作成、ダンスDVDの作成などが重なっているので、授業の資料は早めに作って起きたくて2:00まで資料を作ってそのまま寝ました。翌日少し腰が痛くなりました。今16時ぐらいなんですがまだ痛いです。珍しく歩いたからね。。18kmぐらい歩いたかな、、とにかくおかげさまで無事資料作りは終わり、制作もなんとなく落ち着いています、今晩1コラースのミックスを済ませれば結構やりぬいた感。明日ダンスイベントDVDデータ完成、というところかな。

 

2018.9.25

追記します。

健康を戴いて、人生を戴いて。これ以上望むものがあっていいのだろうか。

まあ貰えるものはもらとっこーぐらいの気持ちではいますが、なかなか人生というのは手強いし、肩に力が入ってしまいます。

何かを求めてしまう癖が付き過ぎてしまったのでしょうか。

人生を豊かにしないといけない病、に新たにかかってしまったのでしょうか。

でも今は大丈夫、それに気が付けました。

だから自分で自分のために何かガツガツ求めよう、ということはせず、人のために、何かのために働いて、そういうことで自分を満たして、「自分の夢」を「人の夢を叶えること」にして、それを通して自分も満たされちゃおう、という姑息なやり方にして笑、それで今全部手に入れてるんだ、って思ってみました。

ふと突然思いました。

自分の生活をどうにかしなくちゃならないけど、それはまあこれまでどうにかなってきたんだから、どうにかなるだろう。

まず今全て自分は必要なものを持っていることを認めよう。健康とモチベーションと少々のお金。特に新たに求めるものはない。少々のお金がなくならないように毎日頑張って、計算して生きて。でもそれは3時間ぐらいにして、あとは誰かのために頑張ろう。

ふとそういう風に思えることが本当の健康だとしたら、今健康な人はどれくらいいるんだろう、こう考えることが少数派であると思えるくらい世界は健康を享受していないのではないか。 

アーシングでなくてもいいから、みんな健康を求めるんだ。心身の調和を。

まあ難しいよね。でもまず手に入れられる人から手に入れて、手に入った人から誰かを助ければいい。それで悩んでいる人は減る。

周りが全員悩んでいるから、あなたはきっと苦労をする。でもそれをうわ待ってエネルギーを発するのが本当の健康だ。そのくらい地球とか宇宙とか、エネルギーがスムーズに流れるとすごい力を人にくれるんだ。

この話を信じることができる人は少ないかもしれないから、淡々と書くけれど。

もうすでに全部持っている。何もしなくても幸福は全身にある。

だから迷うことなく、今夜仕上げなければならないミックスに取り掛かろう。それをただやってあげることが今の幸福と思えるシンプルな生活に戻そう。

そこから何が出てくるか見守ってみたい。アーシング2年目、なんか新しいことが精神の中で起きている。気がするだけかもだが笑。

 

2018.10.1

さあ、恐怖の十月だ。秋の花粉症と体調不良、不整脈などが襲ってくる季節だ。

今年もし症状が軽ければ、完全いアーシングによる安心効果が自分の強さになった証拠だ。楽しみであり怖い。年々年だけは取るからね。

最近一つ気が付くのだが。年の功か。ただ努力するのに疲れたのか笑。

「自分はこれでいいのだ、このまま毎日素頑張ればいいのだ」

という声が聞こえる。なんか数値目標とか、売り上げ目標とか、そういうのは気張っても気張らなくても結果はあまり変わらない。ただまじめにやっていれば少しずつ伸びていく。努力度合いや瞬間圧力に関係なく、毎月少しずつ伸びていく。

であるとしたらやる作業が決まっているのだから、無理をしたり、遠慮したり、気を遣ってもあまり効果は変わらない。だから恐れず対応する、ということができればいいのではないかと思う。

もし~ならなかったら?

もし~なってしまったら?

自分がもっと~だったら?

自分がもっと~でなかったら?

この相矛盾する問いをいちいち考えていても結論が出るわけない。

矛盾してるんだから!!!笑

これ40年気が付かないものかね・・。

不惑の年を可なりすぎたけど、、昔の人はやはり偉大だ。良いこと言う。

ちょっと遅れてるけど、迷いがようやく減ってきました。

でも、これ健康のおかげだから。まず、みんな健康第一だぜ。 

 

2018.10.7

昨日も歩いて帰りました。暖かったですもんね。

制作もしていたのでリファレンス曲100曲を聴く時間を作りたくて、三時間ぐらいのペースで歩きながら音楽を聴いてました。曲の一か所だけをどうしたいか決めるのに100曲聞かないといけないあたり、才能がない感が漂っています。でもこの世界はやり続けるとブランドになっていくので信じてやっていきたい。

疲れるっていうなら耳が疲れた笑。歩いているのとか忘れますからね。

健康万歳。

いつか痩せたい笑。お腹が減った。減ってないけど減った感がある。

これって習慣によるパブロフの犬的な空腹感じゃないのかなぁ。

食べなくても平気なんじゃないかなぁ。

 

2018.10.19

暖かかったり、寒かったりですね。

聞いてください。今年は秋の花粉症が極めて軽微です。

目がかゆくなりませんし、鼻が出たのもほんの数十分とか。ハウスダストで加速する可能性もあるので、夜マスクをしていますが、単にマスクが効果的だったのかもしれません。でも気持ちの奥の方で「今年は勝ってみせる」みたいなところがあったので、マスクによる追撃もできたんでしょう。ああ駄目だ、と思っていたらマスクとかも気が付きませんから。だからアーシングによる効果はもちろんのこと、人の心がそのように前を向いている、ということは病気や人生においてもとても有意義ではないかと思います。

それから今朝、また経堂から歩いてきたのですが、駒沢の緑泉公園の土の部分を歩いているときふと気が付きました。ゴム靴履いているのに、何かアーシングしているときの感覚がありました。

あれ?絶縁されてるはずでは??これこそプラシーボだ、と思ったのですが、どうも違います。明らかに催眠状態になっていて、気持ち良さを感じます。

これは仮定ですが、電子以外の物質も地面と人はやりとりをしていて、アーシングが進んでいくと、体がそうした反応をするのではないか??です。

もともとゴム靴が生まれたころは、人はそうした強い機能を持っていてゴム靴の絶縁ぐらいではたいしたことはなかったのですが(電子機器も少なかったし)、やがて上流の生活、発展した文化的生活への憧れがどんどん加速して、自然の中で生きることは非文化的だ、未開民族だ、的な優位になった人が感じる偏見や差別意識によって、大地との交流を無視し、軽視し、忘れようとして、結果として体の機能すら3世代ぐらいで変わってしまったのかもしれません。

そうでなければ、身体は靴による絶縁に対処しようと、例えば空気から、太陽光から、同じ効果を得ようと必死に進化するはずです。しかし太陽光も遮断され、空気も清浄化されてしまって、純粋な自然物に触れる機会が極力減ってしまって、身体が退化し、太陽光でがんになり、空気でぜんそくになり、文化的生活で成人病を生み出しました。

そろそろ無理が生じているので、進化の方向は二つです。

大地に戻るか、科学で成人病を乗り越え遺伝子を進化させるか。

私たちが生きている時代に成人病などなくなってしまうかもしれません。

でも私はたまたまアーシングに出逢ったので、大地に戻りながら、科学を見守ろうと思います。その世代世代で為すべきことがそれぞれあって、自分が何をすべきか、みたいな役割をちょっとでも見つけたら生きることは楽しいのではないでしょうか。 

わたしはたまたまこうやって健康に慣れたので、もし一人でも同じことが他の人に起きるならその方が良いので。こうして事実だけを淡々と描いていきます。誰かのお役に立てば幸いです。

 最近これを胸に貼ったりしてます。粘着も良く、はがしても全くべたべたしません。毎日8時間貼っても1か月ぐらい使えます。粘着が無くなった後どうしようか、みたいに考えてます。普段からアーシングしている人は、関節や打撲、神経痛や原因不明の鈍痛部分などに貼ってみてください。

何度も言いますが、治すのは機器ではなく、人の意思です。アーシングによって血液が酸素を多く運ぶと、そういう気持ちにもなりやすくなります。現代人はかなり深いところからの意識の治癒が必要ではないかと感じています。

 

次の記事はこちら

www.terrax.site

 

 

  

 不調を癒す《地球大地の未解明》パワー アーシング すべての人が知っておくべき重大な医学的真実!