音楽教室運営奮闘記

音楽と教育と経営の雑記ブログ~不定調性論からの展開

(Digital Performer)ZTX設定;ピッチ変換についての小技

M-Bank Digital Perfomer使用法のお問い合わせ

↑こちらをクリックしフォームに質問内容を入力し送信ボタンをクリックしてください。(※一週間経ってもメールや記事がアップされない場合は、内容が不明瞭であったかお答えできない内容があった場合でございます。)

こちらからご連絡いただければ、メール返信かブログ上でお答えします。 

www.terrax.site

 

 

 

f:id:terraxart:20180710162447p:plain

このようにピッチ修正して、再生すると、なんか精度が良くない、っていうときにDP8ぐらいからの機能があります。

 

f:id:terraxart:20180710162524p:plain

このZTXというタイムストレッチとピッチにかかわる精度の設定をするところがあります。シーケンス画面でWAVEデータを右クリックすると出てきます(macはctrl+クリック)。ここでソロ-ベストや、スタンダード-ベストを選択して聴きなおすと、違和感が軽減されている場合がございます。

同様に、

f:id:terraxart:20180710164246p:plain

オフラインクオリティも上げておくと良いでしょう。

ソロはモノラルファイルなどに適切な処理です。ファイル作成に時間がかかる、ということですが、よほど大量に一度に作らない限り遅れやノイズを生ずる、ということはないので、一度いろいろ試してみて下さい。

f:id:terraxart:20180710164715p:plain

環境設定、「オーディオオプション」で初期設定を決めることができます。

   

 

==コーヒーブレイク〜M-Bankロビーの話題== 

DP10は初心者が買っても楽しい機能やサンプルがたくさんついてくるよ!

https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/71KKogiD3lL._SL1200_.jpg

MOTU マークオブザユニコーン/Digital Performer 10 クロスグレード版