音楽教室運営奮闘記

不定調性論からの展開紀行~音楽と教育と経営と健康と

<コラム>鬱にならなくて済んだので紹介

これは最後の手段です。

ビルの8階にいて、あらゆる体調不良、心の不安定から脱出できたのは

www.terrax.site

自分はアーシングでした。

効く人、効かない人、いるかもしれません(電気に過敏な人は効くかも)。

医者では異常ないと言われたのに、身体中違和感と不調だらけでした。

仕事などオボつきません。もうこうなれば誰も自分の状態を理解できる人はいない。

 

仕事詰めで顔が疲れてしまって焦燥感が漂う方は最後の手段としてやってみてもいいかも。

鈍感な人、屈強な人は仕事の疲れなど感じないかも知れませんので、自分のようにダメダメ系な人に効くヤワな方法かも知れませんが、おかげさまで元気です(追記;2022も元気です)。

 

森に行く必要もありません。海に入る必要もありません。

パソコンの前にいながらにして治せます。運動も必要ありません。

理想的すぎて誰も信じません。

このブログも相当怪しまれて嘲笑われてますが、ま、健康になったので全く気になりません。真の健康には全ての人間的問題を超越するなんかすごいものがあります。空が人の気持ちなど関係ないように、健康は空とか大地のあの悠然さと一体化したような気分です。うーん、、例えがなんですが、現実から逃げたくて悠然とした自然の風景を見た時、一瞬でも現実を忘れられるでしょ?あれがずっと続く感じです。

「問題」と言う概念すら消えてしまいます。

 

人を叩いてくるあなたの方がお疲れですか?それでは私より長生きできないかもですね。

 

上記記事に書いてある経過をよくご覧ください。最初どうなって、途中どうなって、結果どうなって、ということが書かれています。

商品を買いたくなければ家の庭で裸足になっても効果は同じです(無理に買う必要は一切ありません。効く人は土/石/草の上で明らかに何かを感じます)。

 

長時間地面に裸足で立つ、のは意外と困難でしょう。職質されますからね笑。

ましてや仕事終わりの深夜とかに公園でやってると通報されます。

 

もし体が苦しいなら30分とかではダメです。少なくとも半日以上必要です(追記;30分でもいいですが毎日やってください-その間生き続けられるなら)。

浜辺で生活するならビーチサンダルではなく足袋や裸足で。ゴム製底は避けてください。地面と絶縁されてしまって十分にアースできません。

 

 

少し元気になれば自然と運動しますし人にも優しくなれます。

「悩むことができなくなる」からです。

生命の細胞の一つ一つはシンプルに生きるためにのみ活動してます。

だから「必要以上に悩む」と言う行為は健全さに向かう行為とは真逆なので本来肉体はそれができないはずなんです。

心臓が「ちょっと少し休もうか」などとは意図しません。ずっとあなたのために最期の瞬間まで打ち続けてくれます。心臓が動き続けてくれることがわかっている以上(ほとんどの人が)悩む必要などありません。

 

「悩む」は重大な病です。

日々体を蝕み、あなたの意識が自ら生命の大河の中に石を投げ込んで水を堰き止めようと言う狂った行為をしているのでですから。本来立派な精神の病です。

ゆっくりとした自死です。

 

あなたは悩むべきではありません。

これ以上多くの鬱による悲劇が起きないようにいつも願ってます。

自分は悩んだ瞬間アーシングして寝ます。翌日の朝にはだいたい解決しているからです。初期症状なら解決策もすぐ浮かびます。

悩みも軽いうちに治すのが一番です。

 

健康であれば、悩むことができませんから。息を止めるようなものです。

悩もうとして息を止めても長くは続きません。身体が強く生きようとする大河にどんな石を置いても砕き押し流してしまうからです。

 

やることは簡単です。

私たちの細胞の生まれた根源である地球に触れて繋がるだけ、単純な話です。

それで詰まった血管の原因になる静電気をアース作用によって解放し、血液がちゃんと流れれば、酸素が運ばれます。酸素が脳を巡ると、栄養もめぐり、老廃物も流れ、頭がクリアーにあり、悩むことが難しくなります。

 

表現は稚拙ですが、ハイになる、と例えてもいいです。しかも超絶なハイです。薬では体験できません。自我がはっきりとして「生きられるぞ」と言う確信が身体中に溢れます。副作用もありません(食欲が出て太る、とかは副作用か)。

 

そして実は、そのハイな状態こそが生命の通常の精神状態だと知ることでしょう。

文明国家はハイになることを妨げてきます。ハイになる方法が薬物しかなく、それもまた経済の一環いなっています。

だから本当に意味のある健康状態など存在しない、と誰もが信じきってしまっています。

だから当たり前のことにすら気が付かなくなってしまっています。

 

たまたまアーシングが体に合う人が、密かに健康になり、笑顔を持って、エネルギッシュに毎日を戦えれば(自然アーシングしていた日本の武士時代のように)、アーシングなんて言葉は使わずとも日本は自然と過ごしやすい国に戻ると思います。

できればヒステリックに人々がアーシングをオカルト宗教の類である、と攻撃する前に。もしそうなれば、グッズが売れなくなり、集団催眠からアーシングの効果を感じられなくなる人が出て、またアーシンググッズによって体調不良になった、と叫ぶ人で溢れることでしょう。科学者もこの擬似科学を攻撃し、メディアはそれをスピリチュアルと混同して攻撃するでしょう。

そうなるとアーシングはおそらく効かなくなります。社会的洗脳が始まるからです。

公園で裸足になること自体できなくなるからです。裸足で歩いている人を「アーシング教」と言って蔑むでしょう。科学的な根拠が乏しいからです。

 

だから一人で密かに試してください。今なら裸足になっても大丈夫です。

「地面の上で裸足になると子供の頃からリラックスできるんです」といえば、皆経験がありますから、怪訝な顔をしながらも納得してくれます。今ならまだ。

 

そしてうまくいけば「完全な健康」がやってきます。

それはもう、もう一度生まれる感覚の体験のようます。

きっと涙が溢れると思います。地球すげーって。

こんな自分のことまで分け隔てなくこんなに完璧に治してくれるんだ!!と。

 

しかし問題はその副作用とかがよくわかっていないこと、です。

でもそれは私自身が一生かけて実験し、ここにその成果を書き記して死んでいこうと思っています。

年齢によるガタは色々きていますが(歯とか筋力とか...w)今のところ健康に暮らせています。健康診断をサボっているので急に死んだらすみません。でも一回死んだのでここまで生きることを許してくれて「余生」を堪能していますのでこれで死んでも感謝しかありません。やりたいことも全てできましたし。

 

 

パソコン仕事をしていて、電気に敏感な体質の方は、原因不明の体の症状にお気をつけください。そうなったらアーシング効果を勉強してみると良いのではないでしょうか。または悩みが小さいうちに、自分のための健康法をひたすら(医学の見地から)勉強してみてください。