音楽教室運営奮闘記

不定調性論からの展開紀行~音楽と教育と経営と健康と

なぜ評論家が理解され、音楽理論家が理解されないか他〜ビートルズ楽曲topics

2018.1.9⇨2019.11.26更新

全ての記事はこちらから

www.terrax.site

ビートルズの不定調性コード進行研究

ほぼ全曲ビートルズのコード進行不定調性考察「Please Please Me」3(2017) 

 

ラヴ・ミー・ドゥ - Love Me Do

open.spotify.com

これはミクソリディアンモードの曲として知られています。


コードはG,C,Dしか出てこないのですが、メロディにf音がメインで登場し、Dのときにf#音が現れ、何だか転調したような感じを受けます。

あまりにシンプルで、気が付かないかもしれませんが。

この音使いが、「不思議なブルージーさ」を出しています。赤っぽく、緑っぽいというか、、、。

 

メロディにはGのブルーノート短三度であるBbが出てくるので、なんだかGドリアンのようにも思えてきます。

 

明るい曲でもなく、暗い曲でもない、まさに「ミクソリディアン感」という音楽的なクオリアを持つ不思議さ、なのではないでしょうか?

 

でも、別に「ミクソリディアン」なんて名前知らなくてもいいんです。

"この曲の感じ"さえあなたがわかっていれば。

 

ようはどうやったらそういう「感じ」を自分で作れるか、適材適所に使えるか、であると思います。

「ビートルズのさぁ、初期っぽい感じのR&Bの感じでさぁ」とかって言われたりします。これはつまりアメリカンなブルースではなくて、 ブリティッシュなブルージーの感じ、軽くポップで若い感じ、です。

これがビートルズブルースの持つ「ミクソリディアン感」が昇華された表現、とも言えます。

 

ミクソリディアンを知ってるのと、ビートルズの感じを適切に表現できる印象力の感じ、どちらがより有効だと思います??

この辺りが音楽理論家が理解されず、評論家の言葉が理解されることにつながっているのかな、と感じます。

評論家は、人がうまく表現できずにモヤモヤとしているクオリア的観念を適切に誰でもが理解できる表現に落とし込める職業です。

音楽理論家はこうした観念的用語を用いず、専門用語を用いて、誰も知らないようなセオリーに基づき、ほとんどの人がわからないところに結論を置きます。

ウチのブログの一部の理論を扱う記事みたいな感じ笑。。

わかってるから言えます笑。必要な人以外に届かないことは、つまり衆知されない。

 

不定調性論は、私なりにそこから脱却できるためのかけ橋です。

私自身には評論家の方のような言葉のセンスはありませんので、上手にまとめ表現することはできませんが、音楽理論をかじった人が、音楽理論の中での表現にとどまらず、評論家的な立ち位置でもっと自由に音楽的表現をすることができます。

それは今まで評論家の専売特許でした。そしてそのためには巧みな表現テクニックが必要でした。だからこそ理論家と評論家は分断されてしまいました。

 

不定調性論は、もっと原始的でプライベートな表現を目指しています。

・自分にしかわからないおかしな表現

・意味をなさない日本語

から表現して良い、としています。そこが音楽理解のスタートラインになります。

とりあえず自分にとって確かならそれでいい、ちゃんと作っていきたかったのです。

「これはミクソリディアンである」だけでは、何もわからないんです。

 

 

これまでと違うのは

「この音楽すげーやべー」

という表現は"稚拙で語彙力のない表現"ではなく、現在その人が表現しうる限りの表現だ、と理解できることです。そこから先に進むか進まないかは個人の自由です。

でも、何も感じなければ、何も表現にはならないはずです。

まず確かにそう感じたら、その"エモ"を受け入れましょう。

 

実際に人に伝えるにはもっと言葉を選ばねばなりません。例えば、

「Love Me Doはミクソリディアンの曲だ」

とは言わず

「Love Me Doはビートルズ独自のブルースミュージックである、なぜなら、本来のブルースのコード進行を用いず、ブルースの音階からブルース独自の尖った音を抜いた音を用いることで、まるで彼らのヘアスタイルのような丸みを帯びて清潔感のある新たなブリティッシュブルースを作り上げた。」

というような表現です。こういう表現は評論家の文章を真似ています。不定調性論は評論家と理論家の真ん中に置くプライベートな表現です。

 

「この曲エンジ色っぽい感じだなぁ。」 

とか。こんなの誰もわかりません。でも自分がこの曲を理解するときの指標になります。あとは音楽理論語にするか、評論家語にするか。これまではこの中間表現の学習が存在しなかったように思うのです。

 

評論家はより独自な言い方のスタイルを持っていたりする(理論的真実と合致してるかを考えなくていい)ので、問題はその表現に対して読み手が同調できるかできないか、だけです。

「あの評論家が言うからすごい」ではありません。その表現があなたに合っているだけです。

それゆえ何気無い日々、隣のおばあちゃんが言う人生訓が自分に刺さるときもあれば、何万円も払って聞いたインフルエンサーの言葉が刺さるときもあり、音楽理論で説明した方がわかるときもあり、自分の息子の文句が的を得ているときもあります。「正しい」ってきめてるのはあなたです。

「自分は正しいとは思えないが、みんなが正しいというからそうなのだろう」が現代人です。

 

 

だから自身の芸術活動だけでも自分自身が考えて決めて前に進んでいただきたいです。

 

あなたの判断で、この曲のいいところ、見つけてみてください。

そういうことを学ぶのが自分と社会に役立つ音楽分析だと思います。

 

   

 

P.S.アイ・ラヴ・ユー - P.S. I Love You

open.spotify.com

この曲はいわゆる「裏サブドミナントの曲」です。

それにしてもポール・マッカートニーというメロディメーカー。本当にすごいです。

Aメロ
G C#7 |D |G C#7 |D |
G C#7 |D | D A7 | D |


このC#7ですね。

キーはDメジャーですから、IVはGです。C#7はその増四度上の和音であり、裏サブドミナント(通例の音楽理論用語にはない概念)みたいなコードになっています。V7の増四度上がIIb7で裏ドミナントと言われるのと同じです。ジャズでは、

G7  Db7  |CM7  |

みたいに動きますよね。アプローチノート的に。一瞬Db7でアウトした感じ。

同曲はこの真逆な動きをしています。キーCで考えると、

F   B7  |C   |

です。

ポールはジャズやクラシックをよく父親から聴かされていましたから自然に反応できたのかもしれません。

 

これ、どんなバリエーションがあるか考えてみればよいと思います。

 

ここではメロディ音がb音なのでGもC#7もbを持っているので自然に使えるんですね。

Gの3rd=b音

C#7の7th=b音

たとえば、

G Aadd9 |D |G Aadd9 |D |
G Aadd9 |D | D A7 | D |

これだとDとAしか出てこなくて面白くはありませんね。

G Bm |D |G Bm |D |
G Bm |D | D A7 | D |

オーソドックスですね。

その他CM7、F#sus4、E7、FM7(#11)、F7(#11)、Eb7(b13)

といったコードが乗せられます。どれも特徴的です。コードを半音で結びつけるのはジャズやブルースの書法ですから、意外と想像の範囲内にあるコードであるとは感じます。

でも不定調性進行を作る上でもとてもいい刺激になりますよね。

 

まだまだ講師そのものを育てないといけない時代だと思います。

いま若き才人たちが、自身の感覚を鍛え、その術をいずれ若者に伝え、独自性持つこと、可能な限りの多様性を理解できるマインドを持つこと、自己を主張すると同時に他者を理解すること、そして矛盾が常態であることを認めること、そういった講師がこれから多数生まれて行き、音楽表現はもちろん、芸術の尊重と活用するためのシステム作成に展開していくことを願ってやみません。一人一人が微妙に間違っていても無数の独自論の露が、やがて大きな大河になると思うからです。

 

 

==コーヒーブレイク〜M-Bankロビーの話題== 

ケーブルがビローーンとなるのがこれで解決です。 ハッ∑(゚ロ゚〃)

https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/91dt2ibD15L._SL1500_.jpg

cheero CLIP 万能クリップ (全色セット)