音楽教室運営奮闘記

音楽と教育と経営の雑記ブログ~不定調性論からの展開

トニックの代理コードで終わる曲;Ask Me Why~ビートルズ楽曲topic

ビートルズの不定調性コード進行研究

ほぼ全曲ビートルズのコード進行不定調性考察「Please Please Me」2(2017)


2,アスク・ミー・ホワイ - Ask Me Why

   

 

 
この曲は、IIIm7で終わる事がポイントですね。
IIIm7で終わる曲、つまりトニックの代理コードで終わる曲、として覚えておきましょう。
さて、楽曲的にはEメジャーキーでできていますが、

~E  F#m7(1拍ずつ) |

G#m7 |F#m7 |E | E   F#m7 |
G#m7 |F#m7 | E | G#7 |
C#m7 | % | Am7 | F#add9omit3 |

B7  E F#m7 |~

となっていて、IVm7であるAm7と 三度のないF#add9omit3がギター的で、お洒落ですよね。
これもキーで考えるのではなく、「そこに行きそうで行かない」=ミスディレクションを活用しているといえるでしょう。

 

 AD 今年こそビットコインでお小遣いを膨らませる。

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で 

 

 

Am7 |E |Eaug |A |
B7 |E |Eaug |A |
B7 |E | EM7 F#m7 |~

展開部のEaugも時代が感じられますが、お洒落です。

和音の美しさや雰囲気は様々ありますが、Eaugのような増三和音の魅力も格別です。

不定調性論ではこれは対称領域和音といって上下の五倍音から作ります。

f:id:terraxart:20180108113600p:plain

いつまでも下方倍音があり得ない、とか言ってると、自分が作っている和音の数理的対称性も見えなくなりますよ。倍音というのは自然現象の他に、数理的整合性を持っています。不定調性論が使うのは、この数理性のほうなのです。この考え方もどんどんパクられていますが、どうぞオープンイノベーションで、どなたか主流の方にその方法論を発表いただきたい。いまだに"不定調性のヤツがやってるので無視"みたいなところがありますが、旨い事パクってご自身の方法論に使ってください。

全部の和音がその整合性ですっきり作れますから。

何で三度堆積で交互に作るん?っていう疑問を払しょくしてくれます。

ビートルズの魅力はこの泥臭くて綺麗なコーラスです。

コーラスがなければビートルズの魅力は半減以下になってしまいますね。

 

エンディングは、
AM7/E | E |AM7/E |G#m7 |
となっていて、これまたお洒落です。
このIIIm7、現代でやったら、逆にお洒落だと思うんですけどいかがでしょうか??

このIIIm7でのエンディングのクオリアを心に留めてもらえると、印象力も深化して、いろいろなコード感覚に心が向けられるのではないでしょうか?

 

     

3,プリーズ・プリーズ・ミー - Please Please Me


ジョン渾身の作ですが、これもメジャーコードの連鎖が起きています。


Aメロの頭

Eb | % | Ab Eb |Gb Ab Bb |

というところと、


エンディングの、

Ab Bb || Eb Gb |B Bb7 |Eb ||
です。

 

すべてEbメジャーキーとEbマイナーキーのダイアトニックコードのメジャーコードが駆使されています。ビートルズ的な響き、というやつです。

ジョンが、カバーではなくオリジナルで曲を出したい!という強い意向を会社側に示した作品です。明るい曲調の中で短三度のメジャーコードが、生き生きとした少しワルっぽい強さを感じます。当時のジョンの刃のようなコードですね。信念て凄いなぁ、と思います。

この短三度のメジャーコードにあなたが何を感じるか?です。攻撃性か、甘さか、強さか、尖りか、何でもいいです。その感じたことが「このコードは〇メジャーのトニックの代理です」という分析に替わる、あなただけの解釈の方法なんです。

それをいち早く作ってください。


The Beatles - Please Please Me (Official Audio)