音楽教室運営奮闘記

音楽と教育と経営の雑記ブログ~不定調性論からの展開

Besame Mucho;ビートルコードがジャズから吸収・昇華される過程~ビートルズ楽曲topic

ビートルズの不定調性コード進行研究

ビートルコードができるまでを探る〜The Silver Beatles 2

3、ベサメ・ムーチョ - Besame Mucho
ポールの当時のお気に入りの楽曲だったとのことです。

AD

   

 


Besame Mucho by The Beatles 1962 Decca Records audition

コンスエロ・ベラスケスという女性ピアニストの作品なんですね。1940年。

情熱的な進行と、独特の哀愁が、広く音楽ファンを捉えて止みません。
でビートルズのアレンジは、というと、かんぜんロカビリー(笑)。
でもかっこいい流れを持っています。

Gm |% |Cm Cm(#5) |Cm6 Cm(#5) |
Cm CmM7 |Cm7 D7 |Gm |Gm |
Gm |% |Cm |Cm |
Gm |Eb7 D7 |Gm |% |

Cm |% |Gm |% |
D |D |Gm |Gm |
Cm |Cm |Gm |Gm |
A |A |D |D |

 

クリシェの感じやII7であるA7が印象的ですね。アレンジはロカビリーですが、コーラスが美しく、コースターズのようなコーラスユニットの色合いが感じられます。

 

コーラスユニット+バディ・ホリーのアレンジ、バンドスタイルがこうやって確立されていったのかもしれません。

 

当然こうしたサウンドが、ビートルズの面々には頭の片隅にいつもあったでしょうから、II7やクリシェを難なく用いていても不思議ではない、ということが分かります。

 

AD

   

 

 

4,アラビアの酋長 - Sheik Of Araby
ジョージのボーカルによるこれまたハイセンスな歌ですね。

 

Db |Edim7 |Ebm7 |% |
Ebm7 |Ab7 |Db |% |

Db |Edim7 |Ebm7 |% |
Ebm7 |Ab7 |F |% |
Bb7 |% Eb7 |% |
Ebm7 |Ab7 |Bbm |Ab7 |
エンディング
Ebm7 |Ab7 |Bbm |Bb7 |
Ebm7 |Ab7 |Bbm |Bb7 |

面白い曲調ですよね。


ディミニッシュコードやセカンダリードミナントコードがふんだんに入って来ています。

もしこの年代からこうしたコードへの発見や、「コードっていうのはこう使うもんだ」というのが彼らの中にあったとしたら、ビートルズの楽曲が生まれるのも時間の問題だったのでしょう。


この曲では、I-I#dim7-IIm7の流れ!があります。
またエンディングではBbm7=平行短調のVIm7を一旦VI7にしてアクセントをつけて繰り返しています。ドミナントコードにしているんですよね。細かいと言うか、確実と言うか、進行感にこだわっていたのでしょうか。彼らが参考にしたアレンジがこうなっていたのでしょうか?

いずれにせよやっていることはジャズの手口です。

ここでもII7=Eb7への展開が出て来ていることから、もうかれらにとってのII7への展開はこの段階で既に体に染み込んでいたのかもしれません。

 

II7はポールの得意のコードであり、ここから調性外メジャーコード連鎖への進化の萌芽が見られます。

 

AD