音楽教室運営奮闘記

音楽と教育と経営の雑記ブログ~不定調性論からの展開

Within You Without You~ロクリアンモード的な曲:ビートルズ楽曲topics

ビートルズの不定調性コード進行研究

ほぼ全曲ビートルズのコード進行不定調性考察 アルバム「SGT.Pepper's〜」3(2018)

7、ウィズイン・ユー・ウィズアウト・ユー - Within You Without You

 

AD

   

珍しいロクリアンモード的な曲ですね。

ベースは常に、C#ですから、C#ナントカモードになりそうですが、これはもうポピュラーソングの枠組みを超えてください。

不定調性的な発想で、感じる方向に作っていく方が、こうした曲は生まれやすいと思います(インスパイヤされた曲や存在があるならそれを頼りにして)。

 

ジョージのメロディは最初Fのロクリアンで変化していくように感じるのです(各位ご確認を!)。

 

でも弦楽器のフレーズが時々E音を使います。
つまり、C#にとってのEはm3だから、C#ドリアンになり、なんとモーダルセンターだったFを飛び越える荒技を起こすんですね。

 

だからここで、C#マイナーペンタトニックのようなモードに「モードチェンジ」するんです。


このあたりが、楽曲全体の色合いを微妙に変えていて、変化が出ているところです。

中半のメロディの着地点は、d#だったりするので、 D#エオリアン的にもなったりしますが、全体の印象がロクリアンの雰囲気を醸し出すため、この微細なモードチェンジは、あまり極端に感じられません。

 

で、楽曲全体の音をおおざっぱにまとめると、
F-Gb-Ab-Bb-Cb-Db-Eb-Fb-Gb
というような感じになります。


これ、もうモードではなくて、まさしくインドのラーガですね。オクターブという概念がありません。ルートがオクターブ上で出てこないのです。

 

AD

   

 

 

8、ラヴリー・リタ - Lovely Rita
これもビートルコードオンパレードのナンバー。


起点
Bb |Ab |Eb |Bb |
Aメロ
Eb |Db Ab |Eb |Bb |
Cm |F7 |Bb7 |% |
Bメロ
Eb |Ab |Db |Gb |Eb |Bb |~

 

このアルバムでは、本当に好き放題コードを並べてますね。


まさに集大成であり、このメジャーコードが作り出すある種不思議な雰囲気(調的に感じられない、不思議な調性感)を何とかカテゴライズするためには、こうしたアルバムコンセプトが当時は本当にぴったりだったのかもしれません。

 

各コードはこのブログではおなじみの配置法ですね。
この手のコードを並べてみて、自分なりの自由なサージェントペパーズ進行、作ってみてください。

 

9、グッド・モーニング・グッド・モーニング - Good Morning Good Morning

この曲は5拍子が挟まってくる、プログレッシブなナンバーです。

 

当然こうした曲の場合は、コード感も自由になりますので、ビートルコードが使われています。
G#--F#--G#--C#--D#


というのが、Aメロ、Bメロのコード利用。

 

説明の必要のないビートルコードですね。

 

キーとしてはG#になるので、それぞれ

 

F#=VIIb

 

C#=IV

 

D#=Vとなります。

 

AD