音楽教室運営奮闘記

音楽と教育と経営の雑記ブログ~不定調性論からの展開

Here, There and Everywhere~経過和音にマンネリ感がでたら考える曲:ビートルズ楽曲topics

ビートルズの不定調性コード進行研究

ほぼ全曲ビートルズのコード進行不定調性考察 アルバム「Revolver」2(2018)

4、ヒア・ゼア・アンド・エヴリホエア - Here, There and Everywhere

 

AD

   

出だしの進行が、
G Bm |Bb |Am7 D7 |
となっています。

 

このBbもAm7に結びつく経過和音とかセカンダリドミナントコードの裏コードである、という解釈が成り立ちますが、ただの経過和音にせずしっかりとメロディを乗せています。

 

このBbはサビの頭に現れるコードでもあり、IF I Fellの先を行くように、しっかり曲中でもこのBbのキーが生かされます。


イントロkey=G→Bb→G
AメロKey=G→Edorian→G
サビKey=Bb/Gm→G


BbメジャーキーとGメジャーキーがふわふわ揺れるように転調します。
例えば、
Gmがくるだろうな、と思わせてG
Bbがくるだろうな、と思わせてBbm
というような発想で連鎖するコードを、自分のイメージの範囲を超えて転調させ、曲の構造に深みを与えることもできるのではないでしょうか。

 

こうした事例から、シンプルな雰囲気の転換を行うトレーニング法が考えられます。
Cメジャーキーで実践してみましょう。


CM7-Dm7-Em7-FM7-G7-Am7-Bm7(b5)
Cm7-Dm7(b5)-EbM7-Fm7-Gm7-AbM7-Bb7

 

これらを使うのですが、

CM7-Dm7-Em7-Fm7-G7-Cm7

Cm7-Bb7-AbM7-Gm7-F-Em7-Am7
というオーソドックスな展開から、

CM7-Bb7-Am7-Dm7(b5)-G7-Cm7
という簡易混合型(何となく調が分かる)、

Cm7-Am7-Cm7-Dm7-Fm7-Em7-Am7-Gm7
という簡易でない混合型。

いろいろこの曲の進行感はアイデアを生み出してくれると思います。
Cメジャーを土台にすると、
CM7-Dm7-EbM7-Em7-FM7-G7-AbM7-Am7-Bb7-Bm7(b5)
とすることもできます。
結果的にCM7に解決したら、その曲はCメジャーキーとなるからです。

この曲は、Gメジャーのキーとすると、
GM7-Am7-BbM7-Bm7-CM7-D7-EbM7-Em7-Fb7-Fm7(b5)
となり、Aメロのコードは全て現れます。

 

まず練習では、人生の先入観を全て捨てること、、ですね!

 

 

AD

   

 

5、シー・セッド・シー・セッド - She Said She Said

 

この曲で使われているのは、Bb,Eb,F,Abなどのメージャーコードです。

 

でメロディがBbのミクソリディアンになっています。

「シー・セッド・シー・セッドはミクソリディアンモードなんだよね」
とさらりと口ずさみましょう。

 

6、グッド・デイ・サンシャイン - Good Day Sunshine

 

この曲については、こちらもご覧ください。

www.terrax.site



 

AD