音楽教室運営奮闘記

音楽と教育と経営の雑記ブログ~不定調性論からの展開

教育の向上と、心身の向上のために睡眠を活用する

まず夢を見るときの脳の状態を活用する

この記事は、夢を見ているときの脳の活動を何かもっと効率よく活用できないか、ということについて考える記事です。

   

 

教育の仕事をしていて、教えることとか、教わる人の気持ちとか、いろいろ考えます。一緒に考えて、トライした結果が良いことに繋がるには、信頼関係で不安を排除することによって少しでも良い結果を生み出すことを知っているからです。

 

少し余裕が出てくると、自分の心身の事や、潜在意識のことについて考えます。

自分が健全でなければ、良いレッスンなんてできません。

でも経営だって大変なのに、どうやって人のことを考え、クオリティの高いレッスンを提供できるか。

やっぱり自分がいろいろトライし、それを皆にシェアし、刺激を受けてもらい、さらに信頼関係を高め、良いスパイラルを作ることに尽力する頃だと思います。

でもその状態を作るためには、自分が心からそう思える人間でないといけません。

いろいろ勉強しているうちに、これは潜在意識がしっかり自分お活動に対してエネルギッシュに働いていないといけない、と直感し、まず寝ているときの自分の活動のクオリティを上げられるか、そんな風に考えるようになりました(我ながら変わっとるなぁ笑)。でもこれはいろいろ考えていてふっと湧いてきたことなのでこの直感を信じたい。

 

     

寝る前に思考を整理し書き出す

といっても別に脳波計を使えるわけではないので、自分の潜在意識の活動を信じて、顕在意識の状態の自分がサポート、バックアップをしてみる、という作業になります。

まず現状の自分の問題を列挙します。それに対して希望(こう解決してくれたら最高)というようなワードや状態も書き出します。

 

早速昨日、次のようなことをやってみました。

自分だけの音楽を創りたい!みたいなことを思って、夜ねるまえに

・自分だけの音楽スタイルを作りたい

・不定調性であること

・他人にはなかなかマネできないこと

・・・・・等々うんぬん

というようなことを書いてそれを考えながら何んとなくて寝ました。

そうするとはっと夢を見て、起きてぼーとしながら

「リンファノメトリー」

という言葉と

「最初からあるものを二つ足すこと」

というビジョンでした。起きた時は、すごい「ヒント感」があったのですが、昼過ぎになると「何だったんだあの意味」みたいになっています。なるべく書き留めていたのですが、起きたときは「こんなすごいこと今日一日ぐらいなら絶対忘れないだろう」ぐらいに思っていたのですが、ランチを過ぎたらもう今なんかどうでもよくなっています。

 

果たして何か効果が出るのか

「そんなこと意味がないだろう」とおっしゃるかもしれません。

でも人の可能性は、自分がヒントである、と思った対象の中から生まれるはずです。

実際に夢の中からヒントを得た人がいる、という事は、それが可能である可能性があるわけです。

 

逆に考えてみてください。

寝ながら他にできる事は何でしょうか。人生はどのくらい長い間寝て過ごしますか?

この時間を有効に活用できることを考えるのは何ら不思議ではありません。

 

これもこの記事でどうなるか、いろいろやってみようと思います。

次は「リンファノメトリー」と「最初からあるものを二つ足すこと」これがヒントです。これは自分が理解できないレベルでの計算途中の燃えカスのような記憶なのでしょう。こうしたこと型潜在意識と対話しながら、クリエイティブな結果を出していき、レッスンのリズムやアドバイス力にもつなげていきたいと思います。

 

経過(随時加筆)

なんかバタバタっと寝てしまうのはやはり良くないように感じました。

と言って瞑想とかする感じでもないんですよね、こういうのがまだバランスを欠いているんですかね。みんな一生懸命生きてるのにお前だけ瞑想やってどうすんだよ、みたいなとこってあるじゃないですか。そうやって刷り込まれた民主主義的な潜在的な価値観。これが邪魔なのか、無視していいのか。その辺がわからないのは、まだまだちゃんと活動していないからなのでしょう。

バタバタして眠ると、夢はランダムになります。つまり「いつもの感じ」です。

でも一つだけわかりました。

寝る前の一瞬ぐらい自分を落ち着かせなければ、翌日の自分をコントロールなどできはしない、ということです。朝の感じがやっぱりバタバタっとしてしまうからです。

でもそうやってずーっと生きてきたから変えるのには時間がかかりそうですな。

 

     

2017.10.19

ひょっとすると、睡眠というのは、その日に悩んだ問題の大きさに応じて睡眠時間というのも決まってくるのではないだろうか、と感じます。

脳は睡眠の折に様々な活動をして、体に必要な作業を行います。

ストレスが多ければそれを処理し、悩み事があればそれに対応しようとして大忙しで睡眠中に体を整えようとしてくれます。

だから悩んだ時は「これこれこの問題をなんとかしたい」と思いながら眠ることで、脳は最適化を行ってくれますので、翌日以降に潜在意識が問題を解決してくれるよう全身に働きかけ、直感として問題解決の糸口を伝えてくれます、というような気がします。

だからストレスのない時は、ワクワクするような計画を作り出そうとしますし、より健全になろうと体の隅々まで整えようとしてくれます。その問題の大小に応じて睡眠時間は決まってくるのではないでしょうか。

必ず8時間ではなく、その問題に応じて体は勝手に目覚めるし、勝手に寝続けるのではないでしょうか。

皆さんもいろいろ試して、睡眠の力を活用してみてください。これも、信じようとしてやって行かないと意識は書き換わりません。