音楽教室運営奮闘記

不定調性論からの展開紀行~音楽と教育と経営と健康と

悩みを解決したいときは睡眠を活用する

2017.8.2→2019.7.31更新

自分が健全でなければ、良いレッスンも制作もできません。

でも経営が大変なのに、どうやって人のことを考え、クオリティの高いサービスを提供できるか。考えることすら辛くなってきます。

10年この状況の中で見つけた方法が、その日、考え込むような内容があったら、その日は早くよく寝る。

です。その夜考え込まないようにするのがテクニックです。なかなか難しいですが、あるていど「どうにかなる!」って思っていられるうちに、その日、よく寝てください。

 

夕食前までに今の自分の問題を紙に書き出す(ただし解決策を考えない)。

です。これだけして寝るだけでだいぶ違います。

目覚めた時のはっきりしてる感から違います。

必ず手で紙に書いてください。広告の裏、とかでいいです。重要度とか解決策とか、「他には...」とか考えなくていいです。大体一つか二つです。悩む時はあれもこれも!って思っているように感じますが、それこそ脳のバグです。悩みは意外と一つか二つです。大体迫っている問題は一つです笑。

可能ならそれに対して希望(こう解決してくれたら最高)という状態も書いておきます。不可能な内容でOKです。

やるのはそれだけ。あとは無視して早く寝ましょう。スマホとか漫画とかも読まないで、楽しかった記憶、何かひとつ思い出して頭の中でリピートしてください。それが悩みにくべて燃やす石炭燃料になります。あとは寝るだけ。

「悩む」というのは「寝たい」の裏返しです。「寝たい」とは日本人は思わないので「悩む」んです。このサインを絶対見逃さないで。

 

そうしてよく寝ると(早ければ翌朝午前中に)ふっと悩みへの答えが斜め上から降ってくるんです。絶対に考えつかなかった感じの解決案です。

 

 

バタバタっと寝てしまうのは良くないように感じています。眠りが浅くなり、脳が休めません。脳内の情報処理作業がちゃんとできない、ように感じます。

脳は睡眠の折に様々な活動をして、体に必要な作業をやってくれます。

ストレスが多ければそれを処理し、悩み事があればそれに対応し体を整えようとしてくれます。適切な睡眠時間により自己治癒能力が働いてくれます。

 

脳は情報の最適化を行ってくれることで、問題解決が早まります。

わたくしの場合朝、シャワーを浴びているときに解決策がたいてい降ってきます。

 

ただし、これをあまり連日続けると脳が疲れるので、大きな悩みの時以外はあまり考えないようにします。このバランスが慣れるまでは難しいです。ある程度問題解決の日々を送らないとこのバランスを作れません。女優さんは「一度倒れるまで頑張れ」と言われます。一度倒れるとあとは一生磐石です。体がそのバランスを覚えるからだそうです。問題解決が上手になりますし、脳も倒れる前に適切なサインを送ってくれます。

 

今日1億の借金が翌日9999万9999円になるだけで、明日はもっと返せると感じるし、たとえ現状の問題は変わらなくても悩みというのは減ります。ただ悩む時は、「どうしよう」とだけですから、なんの解決もしていないんです。借金貯金箱に毎日1円入れて、借金取りが来たらそれを渡せば少し待ってくれるかもしれません笑。

でもそう思うだけで悩みはパッと開かれます、。それから付随して解決策も出てきます。バランスを取るのは最初大変です。一度倒れなさい!とは言えませんので、なんとか上手に脳のサインを汲み取ってあげてください。

 

悩みすぎて眠れない時は、最後の手段、庭に出て裸足になって地面に立ちましょう。少しだけ楽になれます。血流が良くなりますから、酸素が体に行き渡り、少しだけ楽になる、という意味です。

f:id:terraxart:20211102100403j:plain