音楽教室運営奮闘記

不定調性論からの展開紀行~音楽と教育と経営と健康と

(Digital Performer)イベントリストから選択してデータの位置を動かす。

M-Bank Digital Perfomer使用法のお問い合わせ

こちらからご連絡いただければ、メール返信かブログ上でお答えします。 

www.terrax.site

 

再生しながら、テンポをコンダクタートラックに任意な場所で打ち込んだとしましょう。

f:id:terraxart:20190201155343p:plain

この時、このテンポデータを1小節目の頭に持っていきたい時、このテンポ数値を選択し、コマンド+L 。またはエディットメニューから「シフト」

f:id:terraxart:20190201193057p:plain

f:id:terraxart:20190201192925p:plain

シフト窓で「位置を指定」で小節数を指定します。

 

ここでは曲頭に持っていきます。あとはOKを押せば、

f:id:terraxart:20190201193336p:plain

移動してくれます。

 

再生中でもできるのですが、メモリがいっぱいだとエラーが出るので曲をストップしてから行うといいです。

 

DPの購入はこちらまで!

他DAWやPerformer liteからの乗り換えは「DP○○クロスグレード」をお選びください。

f:id:terraxart:20210905124036p:plain

その他、様々な購入前のお問い合わせはこちらから。

h-resolution.com