音楽教室運営奮闘記

音楽と教育と経営の雑記ブログ~不定調性論からの展開

(音楽家の健康)「不調を癒す〜アーシング」から

アーシングの不思議な効果について

www.terrax.site

この記事も無思考シェア厳禁です笑。

あなたの大切な人にひっそりと勧めてください。


今日は当該図書の紹介をします。

  

 不調を癒す《地球大地の未解明》パワー アーシング すべての人が知っておくべき重大な医学的真実!


AD

   

 

使っているのはこちらです。

riraku-life(リラクリフェ) 大地と繋がるアーシング健康法用 アーシングマット 50cmx50cm 

 

riraku-life(リラクリフェ) 大地と繋がるアーシング健康法用 コットンアーシングシーツ002 (250cm, 250cm)

とても親切な会社さんで本当に感謝しています。

 

===

この「不調を癒す〜アーシング」の内容と、自己の体験と面白い相違や共通点があります。

その他の本の紹介記事では見られないポイントを書いておきます。

www.terrax.site

こちらも是非。

 

<熟睡できない>

しているのかもしれませんが、熟睡は多分まだ一回ぐらいしかしたことがないかもしれません。

もともとコーヒーが大好きなので、多分そのせいでしょう。

あと睡眠は、毎晩2回は起きます。それでも6時間できっかり目が覚めまう。

多分6時間睡眠ボディなのでしょう。

自宅ではアーシングはしていません。職場でアーシングしながら眠る時も同じように途中で起きます。

それでも体調はすこぶる良いです。というか極限まで疲れているのでしょうが、血液がせっせと老廃物を運んでいるので、ちょっとだるいかな?ぐらいで、また朝からバリバリ働けます。前日までの疲れとかはもう覚えていません。

故に、熟睡できなくても、体調を良くみてみてください。

(同書でも93%が熟睡できた、というデータをあげています。私は残り7%かもしれません)

ひょっとすると地面に直に裸で寝たら、熟睡するのかもしれませんね。

その代わり拘留されると思いますが笑。

アーシングしてる、って言ってもビルの8階ですからね。多少効果が微弱になっていても不思議ではありません。

いつか外で寝たいなぁ。。秋とか春とか、虫に悩まされない時に。

変な性癖になりそうだ。

 

<コルチゾール分泌量について>

心に警戒、緊張、闘争、逃走モードを作り出すストレス対処用のホルモン物質コルチゾールの量の増減についての研究報告が載っています(2004年の『代替・補完医学ジャーナル』)。コルチゾールの量の供給が安定すれば、不安や警戒心などがなくなるわけですから、当然ぐっすり眠れます。

ホルモンが体内でどう働くかまでは意識できませんが、明らかに起きた時に、ほとんど寝ていないのにスッキリしているのは、そういった不安感とともに入眠していないからかな??という感じはいつも受けます。

もちろん冷房が強すぎたりして悪夢を見ることとかはありますので、何日か続けてやっって効果を見ていただく必要があると思います。

この睡眠のクオリティが上がる状況の創出は、あなたがストレスを抱えていようがい、病気であろうが、無意識の深いところで体が改善しようとして行うことなので、あなたがどんなに起きている時苦しんでいても、アーシンググッズの上で横になりさせすれば勝手に改善が進む、というところがすごいです。

カウンセリングにかかる必要も、薬を飲む必要もないんです。

あなたは自然に良くなる、そしてそれは地球との関係においてなされるんです。

だからこの効果を感じますと、地球という存在の素晴らしさが朝方急に襲ってきます。

この地球ありがとう感、はそれまであなたが体験したことのない大きな感謝の気持ちでしょう。。私のような無神論者でさえ、感謝するレベルに出会って、「地球やべー」と思いました。抗うことのできない感謝です。

これがコルチゾールの安定によってもたらされたとしても人の心の健全さは加速します。人生で初めて味わう「感謝の気持ち」は強烈です。働くこととか、争うこととか、競うことが一瞬だけ馬鹿らしく思えるレベルの感謝の気持ち、ぜひ味わってみてください。

 

<筋肉痛がその日くる>

30過ぎた人は、この事実に驚愕するでしょう笑。

あなたは年を取ってなんていないんです。 体の機能が炎症の作用や電子の交換作業の鈍化によって、疲弊していただけです。

アーシングをすると、筋肉痛はその人の夜に、軽いのがきます。

「あ、これ明日きつくなるやつだ」

と思って朝起きると、筋肉痛はありません。

筋肉痛という物自体がそもそも存在しないのかもしれません。

ピラミッドは公共事業で作られたそうですが、意外とあの頃の人たちは朝から晩まで元気いっぱいだったんじゃないでしょうか、、、なんて考えちゃいます。

現代人の労働と体力の消耗関係の常識は、アーシングによって完全い破られてしまうかもしれませんね。

スポーツ選手でこの記事を読んだ方は、ぜひ試してください。集中力も上がるし、筋力もアップし、前向きになります。ただしこれまでのトレーニングや食生活、生活サイクルは再度見直してください。現代人の程度に合わせた過剰な内容、余計な行為が施されているかもしれないからです。

これについての専門家はまだいません。あなたがやるしかないんです。

同書にある言葉が印象的です。

あなたの素足が 地面につながると即座に正常化がはじまる

「正常化」て強力な言葉だと思いませんか?あなたは今、正常ではない状態で生きているんです。

田舎にいても靴履いていたらおんなじやで。

 

<メタボじゃなくなる?>

これは逆ですね。

現代人のように強烈に異常な状況下にあった人は、健康になると、喜びから食べることの楽しみを覚えますから、40歳がアーシングしたら、きっと太るでしょう。

でもダイエットも辛くないので、「あ、太った」と思ったらダイエットを開始してください。

大事なことを言います。

あなたは別にものを食べる必要はない

です。アーシングで強力に正常化が起きれば、これまで食べてきたもので十分3、4日はほとんど食べなくても生きていけます。ただ、胃腸も正常化されるので、最初は胃腸も「頑張って食べたものを消化しよう!!」とするので食べたくなるわけです。

アーシングを一年やると、その辺も安定してきますので、食べることが必要なくなります。といってすぐには痩せません。

だって食べないその状態が普通なんですから。

だから新しい進化した人類の体を実感していただいて、理解するには少し時間がかかると思います。

全く概念が変わっていき、それに心も体も対応するにはちょっと時間がかかります。

 

<素足は危ない?>

子供に素足で遊ばせるのは危ない、とお考えでしょう。

でもアーシングによって基本治りが早いし、強靭になるので、靴を履いていた頃よりましかな、と思います。もちろん怪我しないに越したことはありませんが、怪我してもすぐ治ります。患部をアーシングすれば打撲にもなりませんし、血豆とかにもなりません。滞留しないからです。

なかなかこう言っても信じられないでしょうから、まず親御さん自らアーシングで心を強靭に戻してから色々試していってください。

 

<健康になるのにお金はかからない>

まあ私はマットを買って、対価を払ったわけですが、もしあなたが海岸に住んでいるなら、一日1時間海を裸足で歩いたら、体は正常化していきます。アーシングは24時かにゃってもやりすぎる、ということはありません。むしろそれがふつで、アーシングしていない時が異常な状態です。

野生の動物がアーシングされていない状態になる可能性の方が少ないのですから、当然ですね。犬さんたちが芝生のフィールドで喜んで走り回るのは、アーシングされた状態であることへの喜びなんじゃないでしょうか。ペットにもアーシングを。

あなたのその重い病が、もし裸足になるだけで改善されたなら。

きっともう自分は何もいらない、と感じるはずです。

実際健康になって、物欲が増える、ということもないです。物欲そのものもストレスから来るものなのかも?

 

<引きこもりにもアーシングを>

当たり前ですね。引きこもりは引きこもりを加速させます。

完全に引きこもってしまう前に、なんとかグラウンディングをしてあげてください。

心にわだかまったものがまるで最初から存在しなかったかのようになります。

時間がかかるかもしれないので、根気強く。

 

<DTMerは即アーシングせよ>

合法的な引きこもりであるDTMer、その他インドア作業人。ぜひ足元にアーシングマットを。今は皆30代以下でしょ?

これからきつくなって来るで。今は良くても。いきなり来るで。

でもその時取り返しのつかないことになっても、アーシングで二ヶ月で改善されるので、別に焦って勧めるようなことはしませんが、あなたの原因不明の不安や、病名のない症状は、「異常な環境」で仕事しているが故であって、あなたの不摂生ではないんです。

健康への意欲があるうちに、ぜひアーシングを。

といってもあと10年ぐらいかかるんじゃないかな。これ浸透するのに。

今から言っとく。僕らは大地なしでは正常に生きられない。これから進化して大地なしでも生きていける知恵を得るためにも大地の力まずちゃんと知ってから宇宙に出て行こうじゃないか。

この分野はまだ疑似科学で、同書も心霊治療関連の棚に置かれています。

www.youtube.com

日本でのアーシングの中心人物、エハンさんの活動も。

 

そして最後はこの動画で。

www.youtube.com