音楽教室運営奮闘記

音楽と教育と経営の雑記ブログ~不定調性論からの展開

印象は個々人違う。人と異なる意見を持つことを勇気を持って認める〜ビートルズ楽曲topics

2018.1.25⇨2020.1.20更新

ビートルズの不定調性コード進行研究

全ての記事はこちらから

www.terrax.site

ほぼ全曲ビートルズのコード進行不定調性考察「With The Beatles」2

8、ドント・バザー・ミー - Don't Bother Me

open.spotify.com

V7が出てこない曲です。
Bm |Am |G7 |Em |
Bm |Am |G |G |
Em |A7 |Em |Em |
最初の部分でのポイントはG7です。
ここは本来ですと、IのGになるのですが、ギターラインがちらっとb7thを弾いていて、Gの調性感をゆがめています。それがまたカッコいいです。

 

ちょうどIIIm-IIm-Iと降りて来ているのに、まったくメジャーキーの感じがないところが面白いです。

 

またさりげなくA7が入ってEm→A7がドリアン進行的になっているのがまた調の希薄さに拍車をかけています。

また展開部も、
D |D |Em |Em |
D |D |Em |Em |
Bm |Bm |Am |Am |
C |C |Em |Em |
とドミナント出てくる気配無し。

これは意図したのでしょうか?

まさにモード楽曲のようです。エオリアンモードの曲ですね。
弱いコード感の連鎖によりできている不思議な曲です。

 

先のA7が強烈に「飛んだ感」を出しており、これがV7のように聴こえてくるから不思議です。
IV7なのにV7感を出しているA7の感じが、不定調性的な制作方法の面白さですね。

 

ちょっと例を出してみましょう。
例;
|:CM7 | % |Em7 |% |
Dm7 |% |Em7 |% |
FM7 |% |Em7 |% |
Dm7 |% |Eb7 |% :|

 

このEb7はドミナントでもなんでもないコードですが、それまでの感じがいかにもCメジャーの中で停滞しているため、急に出てくるEb7がドミナントコードのように響きます(Dm7の裏コード感も混じっていると思います)。

不定調性論が使うのも、厳密な机上の分析だけではなく、耳が感じる、個人の経験からくる感覚を同じように重視します。個人の価値観がより濃く出てきますので、それにより「人と人は違う」ことを理解し、理解し合えるように調整し、一緒にやるかこそさらに良いものを作ろうとする意気込みにつなげていただきたいです。

相手が間違ってるのではなく、相手は相手です。互いが危害になるのは、互いの違いを理解しようとしない時です。それでも人の不破はなくなることはないと思いますが、互いの違いを受け入れる勇気を人が持てれば、いくつかの衝突は回避できると信じています。

|:CM7 | % |E7 |% |
Dm7(b5) |% |Em7 |% |
FM7 |% |E7 |% |
Dm7(b5) |% |Eb7 |% :|
としてしまったらEb7の効果は薄まってしまいます。
コード進行って難しい!

こちらで音聞けます(先の進行と連続して)! 

 

9、ホールド・ミー・タイト - Hold Me Tight

open.spotify.com


この曲は「Hold Me Tight」進行として、
I-IV-II-V
を提起します。

Aメロの部分ですね。
Cメジャーキーなら、
C |F |D |G |
です。

 

メジャーコードの四度進行を全音でつなげただけ。本来DmになるところをDにした進行です。

これを機能和声的にアナライズしようとすると、Dはドッペルドミナントである、という解釈になります。ではそれが「Hold me tight」という曲で使われる理由になっていますでしょうか?

おそらくなっていないのです。少なくとも私はそう感じました。

不定調性論ではこの

F⇨D⇨G

と流れる時の「コード進行感」を理解できるようにトレーニングします。

Dに進むと、「ニヤっと明るくなったような感じ」「スコーンと抜けた感じ」などを私は感じます。C⇨Fときて次にDmを置くと「でもちょっと」とか「いじらしい感じ」という印象を受けます。

この曲を、先に歌詞があって、メロディとコードから作る時、

「抱いてくれ!オンリーワンだって言ってくれよ!」

とこちらが訴えるような歌の場合、どっちが訴求感あるか、といえばDです。

また先にメロディができて、このメロディに歌詞を乗せる時、Dコードであれば、どんな歌詞が乗るか、Dmならどんな歌詞が乗るか、をちゃんと分けて考えられ、違いを認識できることで、「今自分が作ろうとしている曲の方向性」が見えてくると思います。

つまりDがドッペルドミナントである、ということは机上の理解であって、IIを使うことができるねー、という話です。まあそれが分析学なのですが、それを作曲や演奏の時にイメージングして弾くことはありません。それよりも歌う歌詞に沿った感情が湧いて、思いっきり歌でも訴えられるパフォーマンスができるコードを選べるかどうかのスキルがあるほうが利便性が高い、と感じ、拙論はそのコードの意義を各位が理解できているかどうかに重点を置くわけです。

==

この曲の後半では、
I→IIIbの交換進行も出てきます。
C△→Eb△もまたメジャーコードによる不定調性和声連鎖とすることができます。

 

10、彼氏になりたい - I Wanna Be Your Man

open.spotify.com


この作品は、今度は、
I-II-V-VI
が用いられています。サビの部分ですね。これも先の曲と同等の考え方でアプローチすると良いです。

 

またこの曲、それぞれのコードの最後に伸ばす音があって、これがVIIb/Iとなっています。

 

「開けた感」のある「鮮やかでまぶしいコード」だと思います。分数コードを活用しましょう。
例;

⑴  C△   |C△/Bb  |Am7  |Am/G# | 

 

⑵  C△   |C△/Bb |Dm7   |Dm7/B | 

 
⑶  C△   |Bb△/C  |F△  |F△/G | 

 

⑷  C△   |Bb△/C |F△   |Eb△/F | 


などなど、いかがでしょうか??

こちらで音が聞けます!