音楽教室運営奮闘記

音楽と教育と経営の雑記ブログ~不定調性論からの展開

鑑賞しなくていい音楽が世界を救った~ビートルズ楽曲topic

ビートルズの不定調性コード進行研究

ビートルコードができるまでを探る〜Past Master/Cover5

 

蜜の味(ア・テイスト・オブ・ハニー) - A Taste of Honey

ポールが好んでカバーしたミュージカルの曲ですね。

AD

 

3/4拍子(または6/8)Aメロ部分が特徴的です。
F#m F#mM7 |A B |~
クリシェっぽいけど、微妙に違う、いざコードにして弾いてみると、ちょっと新鮮ですね。


ギター的にはF#m-F#mM7-F#m7-F#m6なんですけどね。


ブルージーなラインになっています。


ツイスト・アンド・シャウト - Twist and Shout
こちらもアイズレー・ブラザーズの原曲よりも有名になってしまった、カバー曲。
コードは、
D G A |A |
が繰り返されます。

 

どこかで聴いたことある、というのは「La Bamba」と同じ進行だからですね。


イントロまでおんなじ。


といいますかオリジナルは、リッチー・ヴァレンスがヒットさせたロック調のLa Bambaのほうだったんですね。

それが52年。

ビートルズが63年カバーなので、アイズレー・ブラザーズのカバーが62年。

 

何となくアレンジの歴史が垣間見えますね。

 

AD

     

 

この曲はキーがDですから、めちゃくちゃスリーコードなのですが、Aがセンターに思える時もあり、キーという意味ではドミナントが強調されています。

ゆえにA=Iとすると、D=IV, G=VIIbになります。
でもビートルズはこうしたコード関係をいろいろな曲で使っていますから、なんだかAの曲みたいに思えてくる時もあります。

 

ビートルズが拡散させた調概念の恩恵を受けた私たちは、新たなコード感覚でこうした進行に触れることが出来るわけです。

 

つまりキーがどちらであるか?ということはソロをとらない限りあまり関係ありません。もちろん聴いている人だって「調はどこか」なんて聴き方はしません。

ロックは鑑賞する、というより"浴びるもの"です。

 

お風呂に入りながらその効果について熟考する人はいません。

音楽も似たような状態を作れるものがあってもいいんじゃないか。

というような当時のロックミュージシャンが作り上げたアートとしてのロックへのアプローチ。このアプローチそのものが新しかったんですね。

「鑑賞しなくても楽しめる音楽」

を作ったわけです。

元々は音楽は儀礼であり、祭儀でした。

それがいつの間にかクラシック音楽という「鑑賞するもの」となりました。

「鑑賞」とは手本となるものを見てその美しさを味わい褒めること、です。

やる方も聴く方も大変です。しかしそれでこそ本当の理性的な美術が生まれる、と言えばそうです。

しかし時代が生きづらくなり、大変な時に、生活の役の立たないものを褒めて楽しんでも仕方ありません。しかし歌に乗せた言葉が、激しい若者の叫びが、大衆の心を捉え、こんな存在があるんだ!という新しい価値観を知りました。

 

最初彼らは社会の手本となる存在ではなかったかもしれませんが、ロックを浴びる、ロンクンロールする、という動詞が確立された後、ミュージシャンとしての手本である彼らを讃える、という意味での新たな鑑賞が生まれたことも事実です。

 

人々の生活に寄り添った音楽を楽しむ、伝統や格式ではなく、自分が訴えたいことを信じ発信する、という新しい文化が化の時代に誕生したんですね。

 

音楽分析もそれに相応したやり方を編み出す必要がありました。

楽譜がないと分析できない、というようなものではなく、また

和音の機能分析をしないと分析ではない、というようなアナライズよりも大切な理解の仕方があるんじゃないか。

そんな希望から生まれた新しい音楽分析の方法論が、不定超性論の考え方です。

 

 Live at the BBC

 

AD