音楽教室運営奮闘記

音楽と教育と経営の雑記ブログ~不定調性論からの展開

休符だけの曲をアナライズ。★★★★

エルヴィン・シュルホフ”五つのピトレスケ”第三曲(1919)

f:id:terraxart:20180510120343p:plain


では、今回はこの曲をアナライズ(?)というか、不定調性的に考えてみましょう。

 

もしあなたが、それはアナライズできない、と思うのであれば、あなたは「楽曲分析」について少し偏りのある価値観を持っています。

カレーを箸で食べたらうまくない、と信じているのと同じです。

それも皆全て「イメージ」で成り立っていることに気が付きましょう。イメージは幻想ですから、自在に変えることができるんです。人生もイメージだけど。

============= 

最初は、「何この曲」「は?ありえない」とか「ふ、おもしろいね」とかそういう反応から入ると思います。それを感じたことを認めましょう。

あとはこれが、もしあなたがすごく尊敬する人が書いた曲だったら。今好きで好きでたまらない魅力的なアーティストが書いたとしたら、あなたの印象は変わりますか?

その逆にすごく嫌いなアーティストが書いたら?どう思いますか?

 

そういう自分を認めましょう。

 

彼はどんな生涯を送り、何を考えて、何を残したのでしょう。

Erwin Schulhoff - Wikipedia

 

この曲は楽譜がすでに音楽を奏でています。

この楽譜を見ると、何となく楽しそうな、それでいて灰褐色の凄いメタリックな憂鬱みたいのが同居していてなんともいえない鬱屈した滑稽感を覚えます。

この表情を見るだけでもう十分この音楽を聴いたような気分になります。

実際無調音楽ってそんな印象じゃないですか?

 

しかしながら、音を聴いても聴かなくても相応の印象を得る、ってどういうわけ?

 

つまり音楽があなたに印象をもたらしているのではなく、あなたがそれに接しようと思い、あなた自身がそれを得ているわけです。アーティストは提供しているだけで直接あなたに敵愾心はありません。

 

低音譜表が上段にありますから、低い音域のメロディを力強く打って、高い音域で無表情に伴奏を取ります。頭の中にあるのは、右側が低くなっていく鍵盤ですね。

 

====

次に考えるのが「休符」の存在感です。

究極的には、音と休符は同じものです。

音は指定された音、

休符は指定されていない音

です。だから聴き手がそれぞれの音高を作ってオッケーですし、音高ではなく「ああ、今日は昼、何定食をたべようかな」っていう思考そのものでもおっけーになります。

それは音でも休符でもない、と仰るかもしれません。

でもそれは「あなたの休符がなんであるか」という前提が他人と異なっている、ということをまず議論しないといけなくなります。それは面倒です笑。

あなたが誰であるかを決めるのはあなただし、それは誰かに許可を取る必要はありありません。

 

だから「指定されていない音」に対してあなたはあらゆる印象を想定することが生まれつき許されているんです。音があると作家に押し付けられたものを無理やり食べさせらえっる感ありますよね。ときどき。それがない音楽があっても良いですよね。

モーツァルトとかそれがないからすごい。なんて思ったり。

 

「人生のレール」の上から外れるのは恐怖でしょう。

もし周囲の生き方に違和感を感じるのなら、一回外れてみよ、

 と、シュルホフ先生は言ってるんですww

 

印象を素直に認め、それを自分にとって適切に判断するんです。

社会にとって適切に判断できるようにするのが通例の一般教育です。これは普通に学習していたら付きます。ただ、それが対個人、になると極度に難しくなります。

反社会的な思想も頭をよぎりますし、理性と本能の真ん中に居続ける、ってバランスなんてそうそう保てるものではありません。

ホント、そこが一番の鍛錬。

 

で、ここまでの文章を読んで頂ければ、ちゃんと教訓までたどりつけると思うのです笑。

どういう印象をこの作品から得て、どう自分の人生に活かすか。をです。


nicotter.net

コメント読むと、皆さん、よくこの作品をわかってますねwww。

きっと皮肉、とか 冗談とか、もっとアーティスティックな真剣さみたいなものが作品にあることは分かった上で、それを黙認したうえで、今の自分はどうか、ってことと向き合うことになります。

 

真剣に「自分でもこういう作品を作って世間に訴えたい、作りたい」と思う人は、それ性癖ですから笑。ぜひ向き合ってトライしてみてください。自分のことがもっと分かるかも。

 

自分と向き合う曲、になった笑。

音楽的価値、なんて無意味だよ、っていうことを教えてくれた曲です。

で、その無意味さに付き合って真剣になってる自分はなんて愚かで可愛いんだ・・みたいに弱さも教えてくれます笑。

 

何も語らない人と対峙した時って、どうしたらいいか分からない、なんて時ありません?どうする?そんなとき。

そう、この作品や4:33を思い出せばいいんです。あなたが音楽家なら。