音楽教室運営奮闘記

音楽と教育と経営の雑記ブログ~不定調性論からの展開

不定調性論的なアナライズ方法等について

2018.5.19⇨2020.10.10更新

www.terrax.site

音楽の現場で、これはトニックで、これはサブドミナントで、、、なんて考えることはほとんどありません。

プレイヤーなら音質、バランス、弾き方、パフォーマンス、メンバーとのコミュニケーションなどやることが沢山あります。

レコーディングでも「その瞬間に弾けることしかできない」ということが分かります。

 

不定調性論的な思考はそのために、その瞬間瞬間の直感を一番重視します。それしか使える武器がないからです。

 

そう考えると、アナライズするときも今感じた感覚が大事になると思うんです。

机上のアナライズではなくて。

現場で働くのはそうした直感的感覚だけだからです。理屈で現場は回りません。

 

綺麗な人を見て、15分ぐらいその綺麗さに気がつかない、ということはないでしょう?見た瞬間わかるはずです。

音楽家なら、音楽にそのくらい本能的になろう、みたいな呼びかけです。

 

アナライズはそういうところに向かうための最初のステップ、として取り掛かってみてはいかがでしょうか?

 

実際どうやるん?て話ですよね。 

 

お題;「Autumn Leaves」

Eric Clapton -Autumn Leaves - YouTube

まずはリンク先にて動画を1コーラスご覧ください。

なんか音楽理論分かってきた音楽学習時期2年目中頃の話、と仮定してみて下さい。

 

授業で、このクラプトンの「枯葉」をアナライズしてみましょう、となったとします。

コードを書き出して、キーを書き、ディグリーを付け、機能を書きます。

拙論教材のアナライズの記号表は、参考のためこの記事の後半に公開してました。皆さんが学習するものは違うと思います。

 

動画で言うと0:54ぐらいまでやりましょうか。

f:id:terraxart:20180519144438p:plain

二回繰り返されています。

 

これを同記号表を参考に書いてみます。

f:id:terraxart:20180519145542p:plain

 

不定調性論的な楽曲把握で大切なのはあなたが抱く心象です。

例えば、次のように感じたことをすぐ文字にして書き入れます。

f:id:terraxart:20180519151113p:plain

もちろん、曲聞くたんびにこんなことしなくていいです。初期学習時だけ。

 

そしてネガティブな印象は感じても書きません。書かない理由は、その印象を持つ習慣がより強力に意識に残るからです。

自分が音楽を作るときだってかならずイマイチなところがあります。

本人は許容しても意識が批判したりします。自信を失います。人にも当たります。

だからネガティブな感じを感じたら、「自分ならこうやる」と対策の方も合わせ書きましょう。ただし現実的で具体的な対策を。

うわ、これ眠くなるな、なんて思ったら、「冒頭に女性ボーカルのハミングを入れて惹きつける」「イントロにシタールでも入れようかな。」とか、です。批判は書かなくていいです。批判癖だけはつけないでください。

"人間は習慣の奴隷である"byマンディーノ.ですね。

変な習慣はつけない方が良いです。

もう出来上がった作品なのですから。

縛り上げられた殺人犯なら殴れる、っていうのは卑怯です。

 

作曲や音楽制作は、潜在意識との会話でもあるので、他者の音楽に接するとき、できる限りポジティブ、ニュートラルである必要があると考えます。他人の良いところを自分の栄養にしようという、発想です。その方が意義が大きいんです。

トマトが嫌いだから食べない、って信念になる前に、体へのプラス要因を勉強して上手に食べる工夫をする方が良いと思いませんか?それでも嫌いなら、同じ効果のある食べ物を食べればいいのですから。トマトが悪いのではありません。

 ====

 

こうやって印象を文字にすると、曲が自分のレベルで理解できます。その曲に所有感も沸きます。「ジャズじゃないクラプトンがやったフツーの『枯葉』」、、つまんねーや」などとはもはや思いません。

親近感を感じるようになります。

いつも近所を通る猫がどんなにブサイクでも毎日会うと、特別な気持ちを抱くようになるでしょう?

それはなぜですか?

音楽も最初は、他人ですが、ちゃんと集中して幾度か聞けば「分かって」きます。

人との関係作りにも似ていると思います。

偉そうに書いてますが、私も最初は全くそれができない人間だったので自戒を込めて書いています。

 

分析=自分の解釈

なので、どこまで行っても、それはあなたの価値観であり、誰かと共有できるわけではない、とするのが不定調性論的思考です。 

是非曲全体を聴き込んでみて下さい。楽曲は彼らの「人生の記録」です。

 

そうやって音楽との共感が生まれないと、自分でも作ってみようかな、とか、自分も誰かと一緒にやりたいなぁ、とか心の奥のほうで思えません。

 

この曲について具体的に考えてみましょう。

・イントロでピアノが左チャンネル、中央、右チャンネルへと高音のb-d-bと流れるけど、あれは何なんだろう

とか

・クラプトン、なんでこの曲やろうと思ったのかな、、、

とか

・めっちゃダークな感じで、やってるけど、何でこうやりたかったのかなぁ

 

「肯定的にならないと見えないもの」が多いです。

音楽はただの空気の振動ですから。

扇風機の音を聞いて「なんて素晴らしいんだ!」って思うことも、無視することも可能なんです。音楽も同じです。扇風機作った人の苦労話聞いたことありますか?検索してみてください。

 

この時期のクラプトンの活動状況や、彼自身の人生観や歌への思いなどに興味を持ったなら本を読んでみればいいし、同時期のアルバムの作品とか、共演したミュージシャンの作品とかを探してみればいいかと思います。能動的な学習心を、好きなものを追求することで身につけていきましょう。

 

同じやり方で難解なジャズ、現代音楽、バッハなども自己流分析やってみて下さい。

とにかく曲を聞けば何かを感じると思います。

それらは、ボーカルの歌い方とか、もっとこうしたほうがいいとか、自分ならこうする、という意見がすぐに出るようになって、現場でその直感が生きてきます。

そういうパッと感じる、ことができることでそれが現場での行動力や判断力に繋がります。

 

====

人が心を持っている以上、答えも変化していきます。

楽曲分析は、今のあなたの考えが100%反映されます。

それが役に立つのは今のあなただけで、明日また聞いたら違う答えが出ます。大事なのはその時に何を感じたかを感じられることだと思います。

だから楽曲アナライズ=楽曲感想は、今感じたことを感じ、必要に応じてアイディアを出せるように訓練していってください。

・その曲を自分が演奏するとしたら

・その曲を自分がアレンジし直すとしたら

・その曲を誰かに歌わせるとしたら

とかを考えることで全てがヒントになります。街の中の曲でも、テレビドラマのオープニング曲でも。自分がやるなら、自分が頼まれたら。

 

これを考えられるのは、仕事を始める前だけです。

 

仕事を始めると、なるべく考えないようにする日が増えます笑。

 

本気で仕事に取り組みますからね。

ぜひ今必死に音楽を勉強している皆さんは、学校で教えていただく方法論と同時に、自分がどう感じるかどう思ったか、ということのスイッチも忘れずにonにしてみてください。

 

<参考>

f:id:terraxart:20180519132101p:plain

f:id:terraxart:20180519132115p:plain

f:id:terraxart:20180519132136p:plain

f:id:terraxart:20180519132145p:plain

f:id:terraxart:20180519132206p:plain

f:id:terraxart:20180519132219p:plain

f:id:terraxart:20180519132248p:plain

f:id:terraxart:20180519132325p:plain

f:id:terraxart:20180519132341p:plain

HTML編集https://blog.hatena.ne.jp/terraxart/huteicyouseii.hateblo.jp/edit?editinplace=1&entry=17391345971645936977#sourcef:id:terraxart:20180519132353p:plain

当ブログの楽理関連記事目次はこちら

www.terrax.site