音楽教室運営奮闘記

不定調性論からの展開紀行~音楽と教育と経営と健康と

ショパン;12の練習曲 op.10-1〜ショパンのコード進行に触れよう

2018.4.14⇨2020.3.13更新

F.ショパンの不定調性進行分析

32, 12の練習曲 op.10-1 / Fryderyk Franciszek Chopin

 

 

 

大学生の頃、本格的にショパンの音楽性に興味を持って、全曲集の楽譜を買い、練習曲やバラード、即興曲、ワルツなどをTAB譜にする作業に取り組んだ時、参考にしたのがアシュケナージのショパン全曲集でした。 

ここに書かれた内容は表層的な理解の話ですのでご了承ください。

  

op10.-1

www.youtube.com

こちらはキーシン氏の1番。アシュケナージの解釈に似ていて動画としても観やすかったので。。。


旋律から還元したコード表記を書いてみます。

C |C |FM7 |F#m7(b5) |G /F# /E|D |G7sus4(b9) |G G(b13)|
C |C |F/A |F#m7(b5)/A |Gsus4 |G |
Cadd9 |C |FM7/A |Bdim Bdim/A|E7/G# |Am Am/G |FM7 |F7(b5) |Amadd9/E |E |
A7 |D7sus4(9) D7 |G7sus4 |G7 |C7 |Cm7(b5)/Gb |F7 |Abm/Cb |Bb 7(b5) |A |A |
D7 |G7sus4 |CM7 |FM7 |Bm7(b5) |Em7 Am7 |Dm7 G7 |CM7 FM7 |Bm7(b5) |B7 |
E |E G7/D |
C |C |F |F#m7(b5) |G /F# /E|D7 |
G7sus4(b9) |G7 G(b13) |C |C |F/A |F#m7(b5)/A Adim7 Ab7|Gsus4 |G |
D7/F# |F7 F7(b5) |E |E |Dm7 |G7 |C C7 |Cdim7 Ddim7 |C |Ebm7(b5)/G Ebdim7/G |
G7sus4(b9) |G7 |C |C |C ||

 

下記にコードだけのバージョンも作りました。

chopin op.10-1 | rechord - 演奏もできるコード進行共有サービス

コード進行はあくまで読解者の解釈ですので微細な差異がありえます。

 

ハ長調、1830年作曲とされています。

時は、徳川 家斉(第11代征夷大将軍)の頃。

華麗で洗練されています。

 

各自の解釈で一度弾いてみてください。唸ります。

 

ハ長調ですが、いきなりF#m7(b5)がすぐ出てくるあたり、近代の扉を叩いています。

C |C |FM7 |F#m7(b5) |G /F# /E|D |G7sus4(b9) |G G(b13)|

におけるF#m7(b5)はFM7とGをつなぐ経過和音的な役割を果たしています。

この陰影こそがショパン。

 

卒業式などでおなじみの「別れの曲」も同じ練習曲集に入っています。練習曲が卒業式で流れる作曲家。ネジ職人のネジが美しすぎて展示されるような感じ。


FM7のfを半音上げるとF#m7(b5)になります。

単純な作業でも、和声の繋がりは印象深くなります。

FM7からF#m7(b5)に移行すると、ステップを一段上がるような、ふわっとしたものがきゅっと締められるような印象を持ちます(不定調性論的解釈)。

 

続くG7sus4(b9)、これが美しく香り立つような流れを作ります。

 

AD

   

   

 

そしてG(b13)は続くCに向けての経過音d#を持ちd-d#-eと流れます。

Cadd9 |C |FM7/A |Bdim Bdim/A|E7/G# |Am Am/G |FM7 |F7(b5) |Amadd9/E |E |

コード進行をラノベとするなら、近代和声は随筆です。

どっちが素晴らしい、ではなく、先人の工夫の文脈に一度触れておくと、それらの経験があなたの表現の背景に置かれ、根拠となり説得力を増します。


Cadd9→C、とか

FM7-F7(b5)とかの微細な変化も陰影が美しいです。

 

====

FM7-F7(b5)-Esus4-Eは滝の水がスローモーションのように落ちてくる感じ、を得ます。

次にその理由が次に示されます。 

A7 |D7sus4(9) D7 |G7sus4 |G7 |C7 |Cm7(b5)/Gb |F7 |Abm/Cb |Bb 7(b5) |A |A |

「実はこういう理由なんですよ。」と語っているようですが、夢を見ているようなかんじなので、どんな理由なのかは良く聞き取れません。でもなんとなくsus4の連鎖の細かい動きがA△に帰着するまで続く感じの中でレスポンスが行われているような感じがします。

 

こうした情感を実感していくようにすること(単語にしなくてもいい)で、その"音楽の流れの意味"をつかめます。

 

A7-D7-C7-C7-F7-Bb7-Aはジャズ的な流れですね。

Bb7は裏コードです。

 

 今度は一気にまくしたてるような進行が続きます。

D7 |G7sus4 |CM7 |FM7 |Bm7(b5) |Em7 Am7 |Dm7 G7 |CM7 FM7 |Bm7(b5) |B7 |

「きっと、その理由を聞いたら、僕も納得する、そんな理由なんだろうな」と思わされる美しい流れです。

Bm7(b5)-B7が新鮮です。

 

そして主題部分に戻ります。

 

「僕は最初から、そう言ってるじゃないか」
そう言わんばかりの主題にまた戻って来ます。最初よりも力強く弾いてしまいそう。

この説得力の凄さはどこから来るんだろう。

 

 

 

====
この楽曲の"エンディング"を見てみましょう。


Dm7-G7-|C,C7,Cdim7,Ddim7|C-Ebm7(b5)/G,Ebdim7/G|
G7sus4(b9)-G7-|C---|C---||

 

長いII-V解釈にも見えてきます。
ただの文章を、華美な比喩をいくつも用って表現するシェイクスピアみたいな語彙力なエンディング。


このCdim7-Ddim7-Cは、Cへの焦らす(ダブルリゾルブ的?)がなんともショパン。

 

==== 

私はクラシックは全くわからないので、あくまでただの感想です。

同曲ショパンの楽譜は下記にて見られます。

imslp.org

この楽曲はかのリストに献呈されています。

 

また実際のショパンの演奏解釈については、必ず専門の指導のもとで学んでください。

 

C---|FM7-F#m7(b5)-|G-D-|G7sus4(b9)-G,G(b13)|
C---|F-F#m7(b5)-|Gsus4-G-|
Cadd9--C--|FM7-Bm7(b5)-|

E7-Am,Am7|FM7-F7(b5)-|Esus4-E-|
A7-D7sus4(9),D7|G7sus4-G7-|
C7-Cm7(b5)-|F7-Fm7(b5)-|Bb 7(b5)-A-|
D7-G7sus4-|CM7-FM7-|Bm7(b5)-Em7,Am7|Dm7,G7,CM7,FM7|
Bm7(b5)-B7-|E--G7|
C---|F-F#m7(b5)-|

G-D7-|G7sus4(b9)-G7,G(b13)|
C---|F-F#m7(b5),Adim7*Ab7|Gsus4-G-|
D7-F7,F7(b5)|E---|Dm7-G7-|C,C7,Cdim7,Ddim7|

C-Ebm7(b5)/G,Ebdim7/G|G7sus4(b9)-G7-|C---|C---||

セクションを勝手に分けてみました。