音楽教室運営奮闘記

音楽と教育と経営の雑記ブログ~不定調性論からの展開

(Digital Performer)MOTU社Webinar2_DP動画(約90分)から自分的レア便利機能のご紹介

www.terrax.site

MOTU虎の巻第二弾が出ました!

www.youtube.com

もう表題からプロ向けツール、って言って初心者をぶっちぎります。

前回同様マット先生と学んでいきましょう。

このブログで紹介しているところも多いので、「ブログに載ってないやつ」を探していこうと思います。だから自分的な便利機能、つまりはこのブログの読者さま的便利機能です。

一応インデックスも翻訳かけました。

なお、下記の画面は私が自分のDPで作った画面です。ご了承ください。

===

 

00:00:29 シーケンス開始前に追加の小節を挿入する

いきなりこれは使えます。

小節の挿入

f:id:terraxart:20200612221723p:plain

f:id:terraxart:20200612221804p:plain

f:id:terraxart:20200612221836p:plain

小節を挿入するやり方です。

「挿入位置以降の時間軸を保持」とすると、0や負の数を使って小節数がずれないでセッティングもできます。

====
00:02:21 ツールバーの管理
00:03:39 代替ツール
00:05:28 ツールパネルの概要
00:06:14 UVIワークステーションの概要
00:07:34 ポインターツール—オブジェクトと時間範囲の選択
00:08:22 Iビームツール
00:08:36 コマンドを繰り返す
00:10:37 多くのトラックにわたるI-Beamツール
00:11:06 鉛筆ツール
00:12:08 スティッキーツールのダブルタップショートカット
00:12:39 変形ツール
00:15:53 PDFマニュアルにすばやくアクセスする方法
00:16:57 ヘルプタグ

スプライン

f:id:terraxart:20200612222144p:plainf:id:terraxart:20200612222158p:plain

この「スプライン」は解説してなかったかも。

これは

f:id:terraxart:20200612222347p:plain

f:id:terraxart:20200612222449p:plain

次に真ん中の赤ポチを握って自由にカーブをつけます。

f:id:terraxart:20200612222500p:plain

enterを押すと、綺麗なカーブの出来上がり。カーブは便利。

00:17:14 MIDI CCデータの変形
00:20:21 オーディオオートメーションの形状変更
00:22:13 ズームツール
00:22:45 Command- [ズームバックするショートカット
00:24:07 スクラブツール
00:25:11 コマンドウィンドウ
00:25:38 MIDIショートカット
00:26:20 マスターマスターでMIDIショートカットを有効にする
00:27:00 ミュートツール

選択部分切り出し

f:id:terraxart:20200612225810p:plain

f:id:terraxart:20200612225833p:plain

これ初めて知ったかも・。。。

00:27:50 ピッチオートメーションでミュートツールを使用する

あとさらりとやっていますが、

f:id:terraxart:20200612230755p:plain

f:id:terraxart:20200612231155p:plain

f:id:terraxart:20200612231208p:plain

分かれていてピッチブロックが一つに結合されます。

f:id:terraxart:20200612231318p:plain

f:id:terraxart:20200612231332p:plain

ヴィブラートが緩和され。

f:id:terraxart:20200612231350p:plain

自然な感じでヴィブラートがなくなります。

また「アジャストピッチセグメーション」もこの機会に!

アジャズトピッチセグメーション

f:id:terraxart:20200612235859p:plain

多め。

f:id:terraxart:20200612235956p:plain

少なめ。

f:id:terraxart:20200612235953p:plain

ここでも

ピッチブロックの強度を調整できます。また、

f:id:terraxart:20200613000522p:plain

「ピッチカーブをスケール」は、元がこんなデータなら。

f:id:terraxart:20200613000703p:plain

20%なら滑らかに

f:id:terraxart:20200613000740p:plain

200%なら振幅を大きく。

f:id:terraxart:20200613000621p:plain

自然な感じでやってくれます。これは手作業は無理。

また他にも

f:id:terraxart:20200613000220p:plain

ピッチを取り除く=ピッチ変更作業をアンドゥ。

ピッチをクオンタイズ=滑らかにピッチを整えます。

ぜひ触ってみてください!!

 

00:29:09 はさみツール
00:29:51 コマンドキーはグリッドを無効にします
00:30:10 DPでのシームレスな編集
00:31:58 ドラッグを制限するShiftキー
00:32:43 分離

グリッドからの分離

f:id:terraxart:20200613001755p:plain

これはどこかで書いたかも。

f:id:terraxart:20200613001858p:plain

また分離したデータは、ヒールセパレーションで、、、

f:id:terraxart:20200613001951p:plain

結合できます。

00:33:25 「どうやって「ズーム解除」しますか?」
00:33:46 選択のショートカット
00:35:25 MacからPCへのワークフローに関する質問

macとPCの問題

この質問、macからwindiwsでファイルを開くときに起こるエラーの話はなんだかすごく重要なニュアンスを感じました。

macとwindowsでファイルを共有して頻繁にやりとりして開くときは、

f:id:terraxart:20200613103536p:plain

このアナリシスファイルをmac、pcでそれぞれ保存しておいて、それぞれで開くときは、このアナリシスファイルの中身を全て一旦削除して(バックアップ後に)それぞれのパソコンで開きなおすと、ファイルの再読み込みを行うので読み込みエラーや不具合がなくせるのではないか?という指摘です。

HDの形式による相性が関わっているのでは?的な指摘でした。へぇへぇへぇ!!

00:37:57 トリミングツール

f:id:terraxart:20200613104712p:plain

f:id:terraxart:20200613104734p:plain

f:id:terraxart:20200613104804p:plain

トリムツールで選択部分をそのまま垂直に上下できる実演をしてくれます。

00:40:46 ロールツール
00:41:17 ツールのショートカット
00:41:32 スリップツール
00:43:23 スライドツール
00:44:45 コンプツール

この辺りのツールも実際に使ってくれるから見てみてね!


00:45:44 ベロシティツール
00:47:17 ハンドツール
00:48:30 ツールの要約
00:49:30 編集グリッド
00:49:48 自動グリッド
00:51:46 ビートグリッド

グリッドの設定

ちょっと衝撃の事実を知ってしまったのだが、

f:id:terraxart:20200615204848p:plain

f:id:terraxart:20200615204957p:plain

32部音符が最小だと思ったじゃないですか。

f:id:terraxart:20200615205110p:plain

f:id:terraxart:20200615205229p:plain

2までグリッドが分けられる!!

f:id:terraxart:20200615205634p:plain

ここを手打ちで打ち込んで見てください。

 

00:52:18 グリッドスライスされたオーディオへのFXの適用
00:53:16 ビートグリッド
00:55:06 編集用にテイクを複製する
00:55:46 ビートグリッドを使用してオーディオをスライスする
00:56:07 ビートスライスの量子化
00:56:44 マーカーグリッド
00:59:31 相対グリッドと絶対グリッド
01:00:56 グリッドにスナップ
01:01:08 マーカーを追加する
01:01:48 マーカーを使用してリージョンを選択する
01:02:49 ナッジ
01:04:50 質問:グリッドを切り替える方法
01:06:42 選択範囲を拡張するためのショートカット
01:08:01 一時的なトラックのグループ化に関する質問
01:09:30 ビートの量子化に関する質問
01:10:33 SEでスナップ設定を表示/非表示にする方法
01:11:15 スナップ情報パネル
01:11:31 "Soundbite" "throwing" "(Pro Tools" "Shuffle" "のような)"
01:12:38 シフトコマンド(Command-L)
01:12:49 DPでのオーディオのスポッティング
01:13:26 ツール表示の構成
01:14:54 ハンドツールの質問
01:15:57 トラックの概要でマーカーを使用して選択する
01:16:31 別のプロジェクトからトラック設定をインポートする
01:17:18 クリッピングを使用してトラック設定をインポートする

クリッピングウインドウ

f:id:terraxart:20200616203141p:plain

このクリッピングウインドウの話はブログにないですね。

これはいわば様々なデータを一時保存して、別プロジェクトや別シークエンスに貼り付けるデータ小窓です。いわば四次元ポケット。

新規Digital Performerクリッピング〜

・・・これが一番便利。全プロジェクトで共有できるポケット。

新規プロジェクトクリッピング〜

・・・今作っているプロジェクトで使えるポケット。シーケンスを変えてもここから貼り付けられます。

新規スタートアップクリッピング〜

・・・DPを新規でプロジェクトを立ち上げた時に自動で立ち上がるクリッピイングウインドウです。他ソフトで作った関連データや、様々にディフォルトで貼り付けるデータなどがある場合は便利です。

f:id:terraxart:20200616204148p:plain

「新規Digital Performerクリッピングウインドウ」を立ち上げて名前をM-Bankとつけました。

f:id:terraxart:20200616204848p:plain

コピーしたいオーディオをウインドウにクリックドラッグします。

f:id:terraxart:20200616204919p:plain

入ります。これでコピー移動可能です。

f:id:terraxart:20200616204934p:plain

試しに新規シーケンスを作ってみましょう。

 

f:id:terraxart:20200616204957p:plain

ステレオトラックを作ってドラッグすると、貼り付けられます。

f:id:terraxart:20200616205011p:plain

見事にコピー完了。

もちろんMIDIデータも貼り付けられますし、トラックデータやオートメーションデータも貼り付けられます。

もちろんデータ一つだけなら、ctrl+Cでコピーしておいて、別プロジェクトを立ち上げれば、コピペ可能ですよ!!

またいつもトラックに挿しているエフェクトやプラグインの数値やノブをセットしたままクリップウインドウに入れておけば、いつでもその設定のままに他のトラック、他のプロジェクト、新規のプロジェクトで使用できます。

f:id:terraxart:20200704081158p:plain

f:id:terraxart:20200704081420p:plain

「新規Digital Performerクリッピングウインドウ」を使ってください。

新しいプロジェクトや他のプロジェクトを立ち上げた時もクリッピングウインドウが立ち上がってくれます。

いらなくなったウインドウは、必ず選択して黒字強調させた後で「クリッピングウインドウを削除」をクリックしてください。

f:id:terraxart:20200704081758p:plain

いつの間にか増えちゃいますからね。


01:21:58 V-Racks —簡単な概要
01:24:31 チャンクを切り替えるときの編集ウィンドウの更新
01:26:14 CC編集グリッドでコントローラーを切り替えるためのショートカット
01:28:38 トラックレイアウトを保存/呼び出す方法
01:30:37 トラックを1つのQuickScribeスタッフに組み合わせるWebサイトからDigital