音楽教室運営奮闘記

不定調性論からの展開紀行~音楽と教育と経営と健康と

SynthMasterの使い方14-アルペジエーター/シーケンサーの解説1

前回

www.terrax.site


ズカズカ行きましょう。

ARP/SEQ画面1

f:id:terraxart:20210206140112p:plain

ここまでやってきて、このシンセの難解な点は、おそらく使い勝手だ、と感じました笑

変化がいまいち乏しいツマミの使い勝手がよくわからない、という点と、直感的ではない、という点かも知れません。

でもこのシンセを使っておけば他のシンセはきっと簡単に見えるはず。

 

今回も音を作りながらやてみましょう。

またイニシャルプリセットをご用意ください。

f:id:terraxart:20210206144423p:plain

歯車マークからプリセットもたくさん選べます。

今回はここは選びません。

f:id:terraxart:20210206144539p:plain

左上ARPをONにしてください。

早速弾いてみましょう。弾いた鍵盤がDAWのテンポのエイトビートで演奏されます。

DURATIONをいじれば音の長さが変わります。SWINGはハネ。

MODE,RANGEはそれぞれのパターンをチェックしてみてください。

STEPSは最大32まで選べます。BASE TEMPOはアルペジエーターのスピードです。楽典知ってる人は有利なやつ。

f:id:terraxart:20210206144830p:plain

f:id:terraxart:20210206144851p:plain

 

f:id:terraxart:20210206144912p:plain

f:id:terraxart:20210206144936p:plain



 

 

 

f:id:terraxart:20210206145344p:plain

それでは早速こんな風にしてみてください。そっくりに同じにしましょう。

中央画面の青□はクリックすると消え、何もない所をクリックすると点灯されます。

このとき演奏する鍵盤はどれか一つ押しっぱなしでOKです。これがアルペジエーターの魅力ですね。

 

f:id:terraxart:20210206145546p:plain

次にDURATIONを半分に、3番目5番目の音にHoldを点灯させましょう。holdを点灯させると、DURATION値に関わらず音が伸ばされます。これはわかりやすいですね。

f:id:terraxart:20210206145810p:plain

ここで一旦ルーティング画面に戻りMONOモードにして、左下Glideを図のように上げておきましょう。だいたいでOKです。

f:id:terraxart:20210206145835p:plain

そしてまらアルペジエーター画面に戻り、適当にどこかSlideを点灯させましょう。

 

これでその音にGlideがかかります。

これPOLYモードでは使えませんんでご注意ください。DURATIONを右いっぱいに回すとわかりやすいかも。

 

次にどこか適当に右脇をつまんで右に引っ張ってみてください。

下記では3の右横を引っ張って3が二つになりました。

これで合計が1ビート増えます。

f:id:terraxart:20210206150439p:plain

これではエイトビート一つ文増えてしまうので、下記のように仕方なくSTEP数を7にして一小節に収まるようにします。

f:id:terraxart:20210206150617p:plain

この辺は頭を使いましょう。

 

後半に続く!

お試しあれ!

 

次回