音楽教室運営奮闘記

音楽と教育と経営の雑記ブログ~不定調性論からの展開

(Digital Performer)男性ボーカル↔️女性ボーカル風になるべく自然に録音する方法

www.terrax.site

時々質問されるので、自分のやり方を書いておきます。もし参考になれば。

女性曲を作る時、男性係歌を歌う場合などに活用できます。

 

話し声であれば、ピッチシフトで7半音ぐらいあげれば、女性っぽくなります。

あまりダミ声の人は難しいですが。

しかし音楽の場合はキーがあります。そこで一工夫。

f:id:terraxart:20200705171818p:plain

下の大きい比較部分が今回の曲データ。これを一旦バウンスして、シーケンスに並べておきます。ピッチを変えるので歌える範囲までできたらオケ2mixのトラックを作ります。

 

そして

f:id:terraxart:20200705172220p:plain

オケのトラックにお好みのピッチシフターをさして、この曲では-4にしました。4に見えますが-4です。下げています。

これでオケを再生するとキーが4つ下がります。男性では苦しくない程度の高い音が出るキーに設定します。あまり低すぎると後でデータが崩れるので。ちょうど良い高さになるように設定するのがポイントです。

これで高めのキーにして歌わけです。

曲によっても、最高音によっても声質によっても毎回設定キーは違います。

歌い終わったら、

f:id:terraxart:20200705181205p:plain

オケのピッチシフターを切って、ボーカルトラックにピッチシフターを挿して今度は+4にしてさっき下げていたぶんあげて、ホンちゃんのオケと合わせて聞きます。

いい感じにピッチが上がって、女性っぽくなっていると思います。

この設定が難しいです。曲によっては妙に男性を感じたり笑。。もう笑うしかないのですが。でもバッチリ「ああ、こういう女性いるよなぁ」っていう声になったりします。

当然、声質が歌に合っていることが条件なので、多彩な声を出せる男性は、この設定の工夫でだいたい自分でなんとかできちゃいます。

女性声⇨男性声

の時はこの逆をやります。下げた時に男性っぽくなるかどうかのキー設定は同様に慣れと経験が必要です。

 

要は、後でピッチを変えた時、自然に代わってくれる高さになるように事前に上げ下げしてから録音する!です。

 

もし器用な人がいて、まだこれを試したことがなかったら是非やってみてください。

 

ピッチシフターはフォルマント設定がいじれるやつだといいですね。

男性⇨女性で声を高くするとキッズみたいな声になってしまう場合があります(キッズダンスの曲はこれでできちゃってますいつも)のでフォルマントを下げてあげることで大人な声になります。女性の声もフォルマントを上げることで"警察24時の声を変えられた怪しい男性"みたいになるのを避けられます。

 

f:id:terraxart:20200705184521p:plain

ultra pitchとかフォルマントが結構リアルタイムで確認しながらできるので使いやすいです。

お試しあれ!!