音楽教室運営奮闘記

不定調性論からの展開紀行~音楽と教育と経営と健康と

講師は教えず、受講生から教わり、受講生は学ばず、講師を導く。

今彼にとって何が大事か、それだけが大事なんです。

私にとってではありません。

 

要は講師も生徒も対等だ、という意味です。

もちろん講師は教えますし受講生も学びます。

 

・80歳でもボイトレしたら声が出るようになる、と知りました。

・遊び疲れた後のキッズは少しレッスン中、眠らせてあげると翌週めちゃくちゃ感謝されることを学びました笑

・生意気な高校生にはレッスンではなく、ひたすら話を聞いてあげることでいろんなことが解決する、と知りました。

・中学生は褒めてあげるのが一番伸びるな、という実感があります。

・大学生には夢を語らせたり、就職後のことなど聞かずに、ひたすら学生時代に私地震がやり残して後悔していることを話すと、彼らに欠けている気分的な何かを補えるのを知りました。

・どんなに高い社会的地位の人でもお金持ちでも「テンションコード」など知らないと知りました。

・昔のグループサウンドなんてダサい、と思っていましたが、シニア受講生と一緒に演奏したらめちゃくちゃ楽しい!!!名曲!!!って思いました笑。

・・・もう学ぶこといっぱいです。

 

でも人と人の関係が起きているのですからベクトルは双方向に生まれます。軍隊ではありません。

 

教える暇などが無いくらい講師は教わります。

 

講師はまず自分が与えることができるスキルを要望して頂き、目標を達成した上で、その対価を頂かなければならないわけですが、10回中10回とも完璧にそれが行えるわけもなく、申し訳ない気持ちで対価をお預かりする、というのもプロとして受けなければならない試練です。

 

だからレッスンが上手く行ったときの達成感は受講生の達成感を上回る喜びです(笑)

 

また、積極的な受講生は、講師を導いてくれます。教わることを待ってはいません。

「先生、今度○○○○○って曲の分析をやりたいんだけど、先生やってみてくれない?」

「今度ライブすることに決めたんだけど、どんなスケジュールで練習していったらいいと思う?」

「練習スケジュールは組めたんだけど、譜面を書いてる時間がないんだ、先生書いてくれない?」

キッズでも、

「今日はやりたくない」

と一言言ってくれれば、考えます笑。

なんでやりたくないのか、何があったのか。何ならやりたいのか。もしそれが理科の実験がやりたいからなら、レッスンをやめてそれをやります。

そこから興味が湧けば人は自分で考えようとします。

 

今彼にとって何が大事か、それだけが大事なんです。

私にとってではありません。

 

社会人で重要なポストに就いている人が、自分の仕事をそっちのけにして、自分のライブの楽譜を書いていたら経済は滞ります。彼らが趣味を楽しむためには、その時間を短縮してあげる作業・方法論を講師側が探すべきです。

楽譜なんて我々ならソフトを使って5分で書けます。

 

そして時には音楽のレッスンをするより大事なこともあります。

子供なら親とケンカしたとか、いじめられたとか。

大人なら、仕事の問題とか、家庭の問題とか。

こんな時に講師は、どうやったらその人の人生を前に進められると思いますか?

 

今彼にとって何が大事か、それだけが大事なんです。

私にとってではありません。

 

自分にできることは限られていますが、私はとにかく考えていろいろなことを相談し合います。時には奥様を褒めてあげるべき場所をはなしあうだけで、受講生である旦那様は自ら解決策を考えられるポジティブさを取り戻すときがあります。

家に帰るとまたふさぎ込んで宿題やれそうもない、という子供なら一緒に宿題をやって、家ではもっと集中して別な問題に取り組める、ということもあります。

 

そうやることで次回のレッスンの効率は二倍になり、前回遅れた分など簡単に取り戻せたりします。

人間万事塞翁が馬。 

   

 

私は勘が鈍いので、自分が今何を求められているか受講生に事前に聞きます。教えてもらいます。それに従いスケジュールを組みレッスンに臨みます。

 

もはや以前の教育スタイルは現代において意味を成していません。

でもそう簡単に変えられません。だからまず一番底辺の我々個人私塾から新しいスタイルを作り上げて結果を出していきましょう。

 

手前味噌ですが、不定調性論は、いわゆる"感覚を磨くための方法論"です。

いざ火事場になった!という時にぱっとちゃんとすべきことが浮かぶように!理屈ではなくて、あなたの勇気でひねり出す直感的結論が良きものであるように。

必要なのは知識ではなく、覚悟だけ。

f:id:terraxart:20191205100532j:plaintopic image