音楽教室運営奮闘記

不定調性論からの展開紀行~音楽と教育と経営と健康と

創造性が生まれる四段階〜音楽制作で考える脳科学28

同じトピックはブログ内を「音楽制作心理学 」で検索してください。

前回

芸術的創造は脳のどこから産まれるか? (光文社新書)

今回は「創造性」の核心に迫る回です笑。

 

創造性とは?

ノースカロライナ大学のキース・サウアー教授の50年以上にわたる研究成果をまとめた著書に、創造性を生み出す共通のプロセスについて書かれており、それをよく表すモデルとして、社会心理学者グラハム・ワラスによる「創造性が生まれる4段階」が用いられるそうです。

 

準備期・・・問題設定/情報収集/解決策立案

あたため期・・・問題から一度離れる/答えの羽化を待つ

ひらめき期・・・答えが舞い降りる

検証期・・・精査⇨解決<創造的発想>

 

これは誰でも経験はあるのではないでしょうか?

諦めた頃、ふとしたことから解決策が浮かぶ、なんて映画などでもよくありますね。

 

トライアンドエラーを繰り返すことで徐々に最適な選択をとれるようになってきます。

(中略)こういったモデルでは、トライしなければ学習できないことになります。(中略)ヒトの脳内では、トライしている時以外にも無意識に記憶情報を処理し続けています。

(中略)この無意識の内に起こる潜在的な情報処理がうまく機能した時に、学習者は「突然答えが降ってきた!」と驚愕し、内発的報酬を得るのかもしれません。

 もうこれが答えですね。

内発的報酬とは、金銭報酬などの外発的なものに対して解決策を得た時の心の喜びなど自ら作り上げる報酬です。

 

故に「勉強に並行して、作曲自体をどんどんやって?」と拙ブログでも述べ続けています。やり続ける習慣と情報の流入が脳に処理を拡張させます。だからあとは作曲時に迷った時「ああ!!どうしよう!」って迷いつつも、リラックスしてしばらく寝かせておくと、翌日に急に「あ!」って気がつく、というわけです(これを「ワォ!効果」(Wow effect)というそうです=「アハ体験」とも)。

その間に作曲理論書を開いたり、先人の曲を聴いて焦ったりするかもしれません。

でもそこに答えはなく、がっかりすると思います。

でも脳は自我のがっかりを横目に、着実に記憶処理をし続けてくれます。

だからその問題を重視してさえれば、必ず解決策は降ってくるんです。

でも毎回すごく焦るけどね笑

 

ヒトは、外部のエピソード的情報から確率的に高い情報や確実は(安定した)情報を潜在学習します。そして、なんども学習を繰り返すことで高確率情報の塊を一つの情報(情報の最小単位)として皆し圧縮します。いわゆる「わ」、「た」、「し」という3つの列情報を頻繁に開くことで、「私」という一つの情報に圧縮されるような流れです。

これは私の感覚ですが、作曲理論の学習は作曲理論の知識として情報がチャンク化され「作曲理論」というフォルダーに格納されます。そして実際の作曲行為は「作曲経験」というフォルダに分類されるように感じています。

私の願いは、作曲している時に「作曲理論のフォルダー」から自在に「今必要な技法」をピックアップする方法でした。

 

それについては不定調性論で述べていますから詳細を省きますが、ようは、

「作曲時に意図しない」

です。これにより個人的に毎秒毎コンマ、アイディアが出てくるために過ごします。いろいろなことをしながら待ちます。もちろん他の仕事をしたり、そしてヒットするんです。何かの事物をきっかけに。アイディアが降り落ちてきます。これを私は「着想トリガー」と呼んでます。なんでもないことがアイディアとしてリンクします。

脳はそれまでずっと処理を続けていて、タイミングを見計らって、その時に、それまで最良と見えるアイディアをくれます。タイミングだと思います。

そのアイディアを得たあとリラックスして精査をしてより良いものが出たり、カッコつけすぎて失敗したり笑。

 

私ごときが言っても説得力がないでしょうから、あなたが優れている、と感じている作曲家に出会う機会があったら聞いてみてください。

すごいアレンジ、すごい曲を書いた人が、どうやってそれを思いついたかを。

私の仮設で恐縮ですが、脳がニュートラルな状態になっている時、ちょうどいいいタイミングでふわっと答えが直感的に降ってきてはいないでしょうか?

 

====

意味記憶=知識、ペンがペンだと認識するような記憶データ

エピソード記憶=ある時間と場所で起きたストーリーを記憶する。「夕方、虹を見て感動した」

自我の存在はこのエピソード記憶を自ら作り出すような状況から生まれたのでは?と同書は述べます。

 

フレーズは意味記憶で、それらのパターンがたくさん記憶されると、それらがチャンクされ情報の集積となると、そこから自らエピソード創造を行うのが脳の特徴のようで、それが音楽の創作につながるようです。覚えた単語から自分の文章を作るように、覚えた音楽から自分の音楽を作るようになるタイプの人が音楽家というわけですね。

 

・低次の潜在記憶が表現を収めようとする表現意欲・・・他者と芸術を共有するための意味記憶

・高次または深い潜在記憶が逸脱しようとする表現意欲・・・自分だけのオリジナルを生み出すためのエピソード記憶

 

このバランスが創造性には大切なんだとか。

脳は単純すぎず、複雑すぎない情報にある種の報酬を感じるのだとか。「脳は簡単なものが好き」っていうのは言い過ぎなんでしょうか。それとも創造的な観点に対しては、そうしたバランスを好むのでしょうか。

====

筆者のこれまでの神経生理実験から、ヒトの脳はメロディから音程の潜在記憶を獲得できることがわかっているからです。この機能により、我々はメロディを容易に転調できたり、自分の声とは別のピッチや音色を持つ他人の会話を復唱することもできたりするのだと考えられます。

なぜヒトはメロディを聞き分けるか?みたいな疑問て、もう脳が自動で処理してしまう機能としてプラグインされているので、ここを「なぜ」と考えるのはやはり脳科学者の分野になりそうです。

音楽家は「それがそうなる」ということを活用していくほうが手っ取り早いと思います(勉強は有益だと思います)。

 

また同書では、「音楽が理解できた!」という喜びを、音楽的経験に基づく知の結集の結果として脳の普遍的モデルの形成に伴い現れる感覚、というニュアンスで書かれていますが、不定調性論はそこに「自分で解釈を創造する!」を追加します。生意気ですが、楽しいですよ?何よりそれができると、同じ曲でも「飽きる」という先入観が先行しません。「あの頃の自分の解釈が未熟だったのではないか?」という謙遜がそこに加わり、年月を経て作品に新たに向き合うからです(きっと多くの人がそうしているでしょうが)。

謙遜は日本人らしい創造性の源であると思います。

 

こうした創造性のルールをある程度覚えておくと、マネージャーさんや、作家に付いてる人たちは適切にアドバイスできるのではないでしょうか?

休憩しない人、一人で閉じこもる人、みたいな人はどうなんでしょうね。

可能なら誰かと話したり、どこかへ行ったりするような生活の人の方が、アイディアはわきやすそうですね。

 

====

あと睡眠時はやはり、脳の情報のデフラグ中なんですって。トイレ行った、電話かけた、ご飯食べた、みたいな日常の短期記憶のバラバラランダムなデータを必要なものの順にチャンクわけし、圧縮して長期記憶に保存しているのだとか。

そうして「空き」ができることで、またチャンクが分類され連結することで、新たな計算が可能になり、新たなアイディアもそこから生まれやすくなる、とか。

睡眠は大事!

www.terrax.site

f:id:terraxart:20210326194634j:plain