音楽教室運営奮闘記

音楽と教育と経営の雑記ブログ~不定調性論からの展開

制作メモ;ガブリエル・フォーレ / Lydia Op.4 No.2

ご依頼をいただいてトライしてみました。

www.youtube.com

www.youtube.com

歌唱もk.Piaf氏にご協力いただきました。ありがとうございました。

しっかり歌唱の習得は海外で行って来られたベテランです。ある種の等身大の情熱を感じるようなところが、どこかシャンソンの雰囲気を感じます。伝統的な歌唱のスタイルも同時に合わせ持った、我々から言わせればポップな声です。

現在は趣味で歌われておられる方ですが、このままのペースで自由に歌っていただきたいものです。

 

==== 

打ち込みの方はいつもの楽器です。WavesのラプソディピアノとChris Heinのヴァイオリンです。

DTMの小節線は無視しています。音価も楽譜に対してかなり自由です。歌のラインは楽譜よりも伸ばし、聴感上可能な限り楽譜の音価で消えるようにボリュームのオートメーションを書いています。アタックを少し後ろに引っ張っています。ヴィブラート、ピッチはデフォルトです。

ピアノは丸い音でコンプレッサーを掛けてへこまないようにしています。

最後のピアノのラインは少し気に入っています。

 

やはりこちらのジャンルは素人なので慣れません。

しかしながら逆に伝統と格式を"しっかり重んじない"で作れるのは門外漢の我々だけです。

だからこれもやはり"現代音楽"として聴いてください。

  

一応楽譜も見ながらまじめに打ち込んでいったのですが、どうしてもムラムラきてしまって、「一夜のフォーレ」を再現することにしました。

何か設定しないと音楽を再現できないタイプなのか自分。

 

 

 

フォーレがDTMを持っていたら、きっとかなり精巧に作るでしょうね。

 

====

Lydiaというのは女性の名前なのですが、

(訳詩参考)フォーレ Lydia

冒頭がFのリディアン的な#11thがメロディに入ってくるのでリディアンがどうこう、という解説もありますが、フォーレからしてみたら朝飯前でしょう。

メロディに対する絶対的な自信を感じました。メロディセンス抜群!!ですからね。

もう少し生前派手に宣伝しても良かったんじゃないかな、と思いますが、派手な感じの人ではなかったようです。曲聞けばわかりますね。

リストが井上陽水なら、

フォーレは来生たかお、

って書いたら分かります?

  

====

結果的にフォーレ自身の当時の意図とかを1ミリも反映しないことで完成しました。多少呼応しているところがあるとしたら「偶然」です。 

もっと勉強してから「作者の意図」は考えたいと思います。

 

その他、メロディと呼応するピアノのライン構成や、

長めのエンディングの意図は?、

など色々イメージしたくなる要素が盛りだくさんの曲です。

 

 

楽曲制作のご相談はこちらから。

M-Bank STUDIO 楽曲カラオケ・BGM・効果音制作のご相談

 

同曲をアナリーゼしたい方に。

元本

https://imslp.org/wiki/2_Songs%2C_Op.4_(Faur%C3%A9%2C_Gabriel)

ポピュラーコードは還元されたものと捉えてください。解釈者の見方が変われば変わると思います。

f:id:terraxart:20200513162339p:plain

f:id:terraxart:20200513162354p:plain

f:id:terraxart:20200513162409p:plain

f:id:terraxart:20200513162442p:plain