音楽教室運営奮闘記

不定調性論からの展開紀行~音楽と教育と経営と健康と

いにしえのジャズヴォイシング12

www.terrax.site

youtubeの優れたアーティストを眺めてみましょう、

www.youtube.com

クラリネットとフルートによるSummertimeです。

音が重なるところ、インディペンデントライン、カウンターメロディ、スラントライン(一定間隔で上がっていく/下がっていくメロディ)の感じ、フルートの怪しさとクラリネットの伝統的な色彩と、時に現れるブルージーな感じなど...文字で書くより聴けば一発でわかりますね。もし面白い、と思ったらご自身でも作ってみてください。

 

www.youtube.com

トランペットとサックス、トロンボーン3管によるアンサンブルです。ソロと掛け合い、アンサンブルが全て作られていますからとてもいい参考になります。

 

 

4サックス(アルト2、バリトン2)なども見てれば、何をいつやれば楽しいか、とか見えてきます。

www.youtube.com

 

 

この手の雰囲気で最もポピュラリティを持ったのがアニメーションです。クラシックの書法を超えてコミカルに、わかりやすく、だれでも楽しめる世界観を作りました。それぞれの楽器のラインが作る雰囲気と映像の作る雰囲気を私たちは覚えています。金管楽器、弦楽器、吹奏楽器のそれぞれの演奏表現が作る雰囲気はそのまま感情表現となります。そこに生まれるアンサンブルハーモニーも時に理論的で、時に大胆/即興的/不協和です。十二音技法などが使われた現場でもあります。あらゆることが試されているのでアニメを見ながら音楽を研究するだけでも気がつくことが多いと思います。これらは私の専門外で、劇伴奏関連で生活されている人に直接教えを乞いましょう。

www.youtube.com

www.youtube.com

 

以前レッドノートを取り上げていただいた、天休ひさし先生はテレビドラマなどの音楽もやられていますので、お勧めいたします。

note.com

(リンクありがとうございます)

www.youtube.com

 

 

 

ブラス構成例

5ブラス

トランペット3 トロンボーン2

 

6ブラス

トランペット3 トロンボーン3

トランペット4 トロンボーン2

 

7ブラス

トランペット4 トロンボーン3

トランペット3 トロンボーン4

 

8ブラス

トランペット4 トロンボーン4

トランペット5 トロンボーン3

 

9ブラス

トランペット5 トロンボーン4

10ブラス

トランペット5 トロンボーン5

 

基本は5ブラスの時のダブルリード設定を転用拡大して組み込みます。

私は四声以上で脈絡を感じながら機能的に作るのが苦手なので、楽器は増えても、イケイケの気分の時以外4声を超えることはありません。

 

でも音で出してみないと分からないですよね。

この分野は実際音を出したことがある人の門を叩いてください。

 

また下記「ビッグバンドジャズ編曲法」などでは、ブラス楽器のミュート奏法なども触れています。楽器にどんな演奏方法があるか、ということは別途シリーズでまたまとめていきます。現代ではこれらはより詳しくyoutubeで紹介がされています。

1.ストレートミュート

2.カップミュート

3.ハーモンミュート

4.バケットミュート

5.プランジャーミュート

www.youtube.com

www.youtube.comカップ自体にいろいろの種類があり、それぞれに音色が表情を持っています。

www.youtube.com

www.youtube.com

ジャズアレンジ理論の深淵は、これらの楽器の奏法を全部の楽器で理解して、それらをアレンジする際に発揮されます。音を出してみた時に愕然とするところからがスタートです。

私は専門校時代三年目に、佐藤允彦先生のもとで三管のアレンジを極めさせられました。生で鳴らすと顔が青ざめます。理論どこ行った???みたいになります。

生楽器アレンジだけは生楽器アレンジをやっている人に一度しっかり習ってください。

ではこのへんで。

 

<参照>