音楽教室運営奮闘記

音楽と教育と経営の雑記ブログ~不定調性論からの展開

二人が同じメロディを歌っても全く同じにはならない=ハーモニーの起こり〜不定調性論全編解説27(動画解説・補足)

前回

www.terrax.site

今回はこちらの動画

www.youtube.com

 初期ジャズの和声構造についての紹介です。

f:id:terraxart:20191221090408p:plain

f:id:terraxart:20191221090421p:plain

f:id:terraxart:20191221090652p:plain

学校で教わる方法から外れることは「悪」ではない。今やるべきことではない、というだけ、と教える。

f:id:terraxart:20191221093307p:plain

 

f:id:terraxart:20191221093844p:plain

f:id:terraxart:20191221093931p:plain

f:id:terraxart:20191221093955p:plain

f:id:terraxart:20191221094124p:plain

f:id:terraxart:20191221094401p:plain

www.hmv.co.jp

こちらによるとご夫婦だったようです。すみません知りませんでした。

 

f:id:terraxart:20191221094417p:plain

f:id:terraxart:20191221094431p:plain

これはいわゆる、西洋人が聞いたからそう聞こえるのか、というクオリア問題ですね。

 

f:id:terraxart:20191221101831p:plain

不定調性論的な音楽作成方法です。

こういうことをやってしまったら音楽にならない、と考えない思考の進化をもうしなければなりません。

サンプルをつなげて音楽を作る、ということが容認できるなら、セリーをつなげてそれを音楽だというなら、これもやがて音楽になってしまうでしょう。

「安易さ」「頭使わない安直さ」「誰でもできる稚拙さ」は

「利便性」でもあり、最初は「ただの騒音」「文化を愚弄するもの」であっても、50年経ってしまうと歴史の1ページになってしまうので(ビートルズが最良の例)、あとは「あなた自身が、それを音楽だと思う」という答えを持てるかどうかに全てが掛かっていると思います。
 

AD

 

 

次回

www.terrax.site