音楽教室運営奮闘記

音楽と教育と経営の雑記ブログ~不定調性論からの展開

アーティスト楽曲関連記事全目次

ブログの目次に戻る

これまで書いてきたアーティスト関連記事トピックスを全てここにまとめました。

別にインデックスページがあるアーティストは目次ページに飛んでいきます。

順次、不定調性論の最新コンセプトでリライトしております。ご了承ください。

楽曲分析通し番号はビートルズ~ユーミン~スティービー・ワンダーと、順に振り、その後は五十順で2020年1月現在振りなおし中です。

 

<スカイプ・Whereby/Team viewerでのプライベートレッスン>

作曲・編曲・DAW音楽制作・音楽理論等のオンラインプライベートレッスン

ブログでは専門特化した内容を扱ってますが、オンラインレッスンは超初心者向きです!

(日本語読み五十音順)

 

 

AAA

さよならの前に

 

aiko

明日の歌 VI♭mの出てくる曲(サブドミナントディミニッシュの逆転)

 

Allan Holdsworth

The Sixteen Men Of Tain-(創造的音楽鑑賞行為をしてみる)

アラン・ホールズワースの楽しみ方(ソロ編)

アラン・ホールズワースのポジションチャート自作(ソロ編2)

アラン・ホールズワースの楽しみ方(ハーモニー編)

 

荒井由実〜ユーミン

ユーミン楽曲(コード進行・歌詞)研究レポート公開全目次 

 

Antonio Carlos Jobim

One Note Samba(旋律という存在について考える)

機能和声分析と不定調性的クオリア理解による最強の音楽分析法~The Girl From Ipanema 

宇多田ヒカル

Keep Tryin'のCaug(13)の正体

 

Erik Satie

"Vexations"~ヴェクサシオンと不定調性論

   

Erwin Schulhoff

休符だけの曲をアナライズ。

 

Ornette Coleman

ハーモロディクス理論とは?「ジャズを変えた男」

 

King Gnu

King Gnu「Teenager Forever」;Art Rockなコード感の構築美

 

さだまさし

短調ではなく哀調。秋桜

 

Seress Rezső

暗い日曜日-Szomorú vasárnap / シェレッシュ・レジェー 

 

Jaco Pastorius

「もわぁ」を表現する音楽;Continuum 

 

John Cage

Dream(残像が作る和音の技法)

 

John Coltrane

Giant Steps

"Giant Steps"の機能和声アナライズ

"Giant Steps"の不定調性アナライズ(2018)~非機能を機能解釈化した楽曲

「naimaのII-V」Naima / John Coltrane

 

John Scofield

単語を並べるだけでもストーリはできる;90, True Love

 

John Denver

"カントリーロード"のどこがそんなに名曲なん?

 

Stevie Wonder

スティービー・ワンダー研究レポート公開(アルバム別目次)

 

Steely Dan

音楽活動で何を優先するか?Bodhisattva

「Pretzel Logic」「Midnite Cruiser」

m7だけの曲。1コードだけの曲。ブルーじゃないブルース。

Aja 〜理屈を越えるために理屈を知る-君の気持ちイイは君だけの感覚

Any World(That I'm Welcome To)〜二つの非機能なコードを繰り返して脈絡を作る

 

Cecil Taylor

音程が透明になる、ということ;Bemsha Swing

 

Thelonious Monk

「モンクの神秘和音」D7(b9,b5,13);Off Minor

ミストーン=〇〇を表現する音;Ruby, My Dear

Monk's Mood

Thelonious

「モンクチェンジ」Epistrophy

へんちくりんではなく表現したいという思いが生んだ音楽~ Introspection

   

Sonic Youth

彷徨える疾走感~Teen Age Riot

 

武満徹

Air/武満徹 とある解釈

雨の樹素描 1-1 /武満徹

 

たま

「圧迫」。は表現になる。;どんぶらこ

怖れの美しさの具現化;ロシヤのパン

Takimoto's#11th&♭5th;海にうつる月、むし、ワルツおぼえて

二種類のディグリーになるコード感;夢の中の君

 

Chick Corea

 "Spain"動画から~スケールだけでなくテンション・ポジションから即興を考える

 

Charlie Parker

ブルースの7thの話の一環;Now is the time

Oh, Lady Be Good1-4

『チャーリー・パーカーの技法』コード解釈覚え書き

"チャーリー・パーカーの技法"を読んで 其の1-4

 

Do As Infinity

under the sunの光の影

 

Nirvana

"Nevermind" 1-4

 

Harbie Hancock

クールな停滞と焦燥=モード音楽の先に見えるもの;Jessica

 

Pat Metheny

Sirabhornを不定調性論で読み解く

I→iv#の流れに脈絡を作る。In Her Family

光と空間と和音のグラデーション;Ballad Z

(ジャズ理論戯れ)Brite Size Life 

 

HAUX

不定調性論的楽曲解釈の事例1- Heartbeat -

 

Frederic Chopin

12の練習曲 op.10-1(和音の流れが演奏法を教えてくれる?)

ライトノベル進行ではなく随筆的進行;12の練習曲 op.10-6

 

ブログ主の制作した作品の掲載記事目次

DAW制作関連記事目次です

 

The Beatles

当ブログのThe Beatles関連記事目次

 

Franz Schubert

エレンの歌 第3番(シューベルトのアヴェ・マリア) 

 

Miles Davis

Nardis

モーダルインターチェンジで考える「Flamenco Sketches」

モード曲のコードを全てI度だと思ってみては?Blue in Green

 

Mr.Children

未来

 

山下達郎

BOMBER

永遠のFULL MOON

IV#m7が出てくる曲。Ride On Time

クリスマス・イブ

回遊コードのアソビ;THE THEME FROM BIG WAVE

「土曜日の恋人」からの考察

 

米津玄師

Lemon(1・コード進行編)

Lemon(2・「Lemonの"ふぇ"」編)

TEENAGE RIOT モーダルインターチェンジと質感とか構造とか

Flamingo師_Lemon(コード進行あり)のその先の質感を考える

「馬と鹿」;不協和と崩れ、IIb感が与える昇華力とか

「感電」で考えるクオリアの使い方

 

The Righteous Brothers

Unchained Melody〜陰影のIIIb、突然の逸脱の技法

 

RADWIMPS

映画「君の名は」音楽分析からその先へ

 

Richard Strauss

Esus4M7(9);コード表記の間隙を突く。2つの歌曲