音楽教室運営奮闘記

不定調性論からの展開紀行~音楽と教育と経営と健康と

アレンジ考9-70年代サウンド9

前回はこちら

www.terrax.site

引き続き70年代サウンドアレンジネタを列挙していきましょう。

音源は著作権の関係でyoutubeでご覧ください。

 

ヒット曲をあげる、というよりもアレンジでよく参考になる楽曲を上げています。

 

<73年ホーン/ストリングスセクションの参考に>

 

Billy Preston - Will It Go Round in Circles 

オルガンとホーンは、演歌でいうクラシックギターと大正琴みたいな組み合わせで、違う文化圏の人はもう真似するしかありません。とにかくホーンのラインをそのまま使ってください。少しずつわかってきます。

 

"Touch Me in the Morning" Diana Ross

Billy Paul - Me and Mrs. Jones 

Neither One Of Us (Wants To Be The First To Say Goodbye)

Sing

Bette Midler: Boogie Woogie Bugle boy.

Tower Of Power - So Very Hard To Go

The Stylistics - Break Up To Make Up

 

Skylark - Wildflower

ハープとスルポンテ奏法の感じ

 

 

<ソウル/ファンク系>

 

Roberta Flack - Killing Me Softly

メロディが美しいのと、ギターとトライアングルのサウンドが、穏やかな午後をイメージするようになってしまいました。

 

Dobie Gray - Drift Away

ボフボフベースとペキペキギター。良いです。

 

Eddie Kendricks - Keep On Truckin' (Part 1) 

スティービー以降のファンクサウンドが固まった感じがします。

 

Sly & The Family Stone - If You Want Me To Stay

丸の内サディスティック進行とかは全部ファンクナンバー、ソウルナンバーから来てます。

 

Curtis Mayfield - Superfly

Superflyはこの曲から来ています。ブラックカルチャーを描いた同名映画のサントラから。

 

Ohio Players - Funky Worm

ザッツラップ&ファンク!

 

 

 

 

<AOR>

Paul McCartney & Wings - My Love

こういう曲を作って欲しい、という依頼もありますね。まあポール・マッカートニーならサクッと作れるでのでしょうけど笑。この曲はメロディが美し過ぎてアレンジが入ってきません笑。

 

Stevie Wonder You Are The Sunshine Of My Life

Superstition

Higher Ground

まずはみなさんのお持ちのプラグインでこのエレピとクラヴィの音を再現しましょう。70年代はそこから始まる。

 

Do You Want To Dance-Bette Midler

囁き声から歌い上げるパターン。

 

The World Is A Ghetto

スローファンク

 

<おまけ>

 

Tony Orlando & Dawn - Tie A Yellow Ribbon Round The Old Oak Tree

CMなどで使われたせいでしょうか、どこか「カラッとピースフルな午後」のイメージがこの曲で固まりましたね。

 

We're An American Band

 

BARRY WHITE I'M GONNA LOVE YOU JUST A LITTLE BIT MORE BABY

真の16ビートハイハット。

 

Dancing in the Moonlight (Original Recording) - King Harvest 

だみ声には可愛いエレピ。みたいなアンバランスが独特。

 

War - Cisco Kid

やっぱり時代の先に行ってた。

 

The Allman Brothers Band - Ramblin' Man

冒頭のこう言うギターの感じは、ほんわかしした雰囲気にぴったりです。

ぶらりひとり旅、的な。

John Fogerty - Jambalaya (On The Bayou)

こっちになると、男の一人旅、的な。

 

The Rolling Stones - Angie

アレンジの世界では、ホテルカリフォルニアの元曲、といってもいいでしょう。

 

Pink Floyd - Money

こう言うリズム、こう言うテイストを求められる時があります。ルーズで怪しげで、夜の繁華街が合うようなテイストですね。

 

THE POINTER SISTERS - Yes We Can Can

ビートと女性ボーカルのかっこよさが、動画時代の今の使いどころが多そうなサウンド感です。