音楽教室運営奮闘記

音楽と教育と経営の雑記ブログ~不定調性論からの展開

アレンジ考8-70年代サウンド8

前回はこちら

www.terrax.site

引き続き70年代サウンドアレンジネタを列挙していきましょう。

billboardtop100of.com

音源は著作権の関係でyoutubeでご覧ください。

 

ヒット曲をあげる、というよりもアレンジでよく参考になる楽曲を上げています。

 

<71年ホーン/ストリングスセクションの参考に>

 

JERRY BUTLER & BRENDA LEE EAGER - "Ain't Understanding Mellow"

 

Baby Let Me Take You (In My Arms) 

一発が効くホーングルーヴ。

 

Get On The Good Foot (Pt.1 & 2)

黙って聞くJB。

 

<ソウル/ファンク系>

Roberta Flack / Donny Hathaway - Where is the Love (1972) 

これも時々アレンジの際に言われますね。女性ボーカルのふわっとした清潔感が良いそうです。ストリングスもソウルしてますからジャンルがしっかりソウルを維持しています。

 

Bill Withers - Use Me

特徴的なオルガンサウンドがいいです。

 

Sly & The Family Stone - Family Affair 

Im7-IV7の好例として。オルガン、ギターの音も真似したいです。

 

curtis mayfield - Freddie's Dead - Superfly 

The Isley Brothers - Pop That Thang 

ワンリズム展開曲。

 

<AOR>

Aretha Franklin - Day Dreaming

アレサのパワフルさとは違う柔らかい感じがとてもいいです。何よりアレンジが完璧。

ギター、エレピ、フルート、コーラス。

 

Cher The Way Of Love 1972

優しく入って途中から爆音ダイナミックになるパターン。

 

<おまけ>

Harry Nilsson - Coconut (Audio)

You Don't Mess Around with Jim

Hot Rod Lincoln

ビートルズで言う所のロッキー・ラックーンスタイルのルーズソング

 

Sonny & Cher - A Cowboy's Work Is Never Done

Bobby Vinton - Sealed With A Kiss

元祖ムード歌謡と言いましょうか。

 

Jimmy Castor Bunch - Troglodyte (Cave Man) 

ラップの元祖曲の一つですね。

 

Roundabout (2008 Remaster) Yes

SNSで...to be continuedネタの元曲です。

 

Doctor My Eyes

ドゥ!ドゥ!ドゥ!リズムの代表曲として。

 

The Hillside Singers - I'd Like to Teach the World to Sing

ヒルサイド系ピースフルソングとして。