音楽教室運営奮闘記

不定調性論からの展開紀行~音楽と教育と経営と健康と

アレンジ考7-70年代サウンド7

前回はこちら

www.terrax.site

引き続き70年代サウンドアレンジネタを列挙していきましょう。

billboardtop100of.com

音源は著作権の関係でyoutubeでご覧ください。

 

ヒット曲をあげる、というよりもアレンジでよく参考になる楽曲を上げています。

 

<71年ホーン/ストリングスセクションの参考に>

The O'Jays - Back Stabbers

これぞ70年代!というストリングス&ホーン。何より冒頭のダガダガダガダガぁのピアノね。これをやると洋楽って気がします。

 

<ソウル/ファンク系>

Billy Preston ~ Outa Space 1971 Funky Purrfection Version 

とにかくファンクだから笑。インスト曲チャートイン。

 

Clean Up Woman - Betty Wright

一つのリズムの上で展開していくパターン。S.Wonderのレポートでも書きましたが、スピリチュアルな精神の延長線上にあるとも言えるどんどん高揚する儀式的音楽から、高揚を緩やかに抑えたような洋楽独特の音楽性。四季豊かな日本人には退屈に感じますが、これぞグルーヴ。

 

chakachas - Jungle Fever

ほとんどポルノのようなボーカル表現が官能的で(扱いはインストゥルメンタル)、それに追随ずるファンクのリズムがすごい。ブレイクパターンとしてもその筋では有名。イギリスでは放送禁止。粋で宗教的にすら感じさせるのがファンクのマジック。70年代を象徴してます。

 

 

<AOR>

Luther Ingram - If Loving You Is Wrong

オルガン、ギター、エレピバラードの完璧な組み合わせ。

 

 

<おまけ>

 

The First Time Ever I Saw Your Face

ベースを静かに打つタイプの静やかな曲

 

Gilbert O'Sullivan - Alone Again (Naturally)

この人は声が「pops」。その人の声の一番響くところを選ぶ、ってとても大切!ということを思い知らされます。

 

 

 

WAR- SLIPPIN INTO DARKNESS 

ボーカル中心のグルーヴ曲。いろんな変化が楽しめます。70年代てんこ盛り曲。

 

Pop corn hot butter

チャートに登ったシンセインスト曲。日本でもCMなどに使用されました。ピコピコ曲元祖。

 

Badfinger - Day After Day

ビートルズアレンジから展開したjpopにも使えそうなサウンドですね。

 

Daniel Boone - Beautiful Sunday 1972

70年代外せない曲。裏打ちpop。リズムだけ良く使われますね。