音楽教室運営奮闘記

不定調性論からの展開紀行~音楽と教育と経営と健康と

アレンジ考62-20年代サウンド(21-6)

前回はこちら

www.terrax.site

引き続き2020年代サウンドアレンジネタを列挙していきましょう。

音源はyoutubeでご覧ください。

作曲家編曲家目線で、アレンジでよく参考になる楽曲を上げています。

 

2021年8月 

やっとリアルタイムに追いつきました。

ニューカマー待ち、といったところです。

Weekendのキャッチーさが目立ちます。

Bruno Marsやバッド・バニーのネオソウルやネオラテン系統も斬新ですが話題に上がりきらなかったようです。

ラップ系はLo-fiサウンド+ドライボーカル系+トラップ系ビートがまだ目立ちます。

ダンカン・ローレンスはサム・スミスのような美声でゴシックlofiのような新しいサウンドを聴かせてくれます。

リゾ新曲は日本では話題にならなそうですが、8月楽曲では最もバランスのとれたアレンジに仕上がってると感じました。こういう曲作ればアメリカでは間違いなし、というサウンドですね。

 

<ダンス/ラップ/ソウル/ファンク系>

 

Bruno Mars, Anderson .Paak, Silk Sonic - Skate 

neo neo soul!

 

<ネオAOR> 

 

 

<21年サウンド> 

The Kid LAROI - Not Sober (feat. Polo G and Stunna Gambino

Aventura, Bad Bunny - Volví 

The Weeknd - Take My Breath

Duncan Laurence - Arcade ft. FLETCHER 

"Essence" (Remix) - WizKid - [feat. Justin Bieber & Tems] 

Lizzo - Rumors feat. Cardi B 

 

<オルタナティブ/ボーイガールポップ>