音楽教室運営奮闘記

音楽と教育と経営の雑記ブログ~不定調性論からの展開

アレンジ考4-70年代サウンド4

前回はこちら

www.terrax.site

引き続き70年代サウンドアレンジネタを列挙していきましょう。

billboardtop100of.com

音源は著作権の関係でyoutubeでご覧ください。

 

ヒット曲をあげる、というよりもアレンジでよく参考になる楽曲を上げています。

 

<71年ホーン/ストリングスセクションの参考に>

Go Away Little Girl - Donny Osmond

Al Green - Tired of Being Alone

 

Carpenters - Superstar

カーペンターズみたいな優しいアレンジ、みたいなご要望もありますが、あれもカレンの声が引き起こしてるマジックなんです。それに寄り添うようなリチャード・カーペンターの完璧なアレンジによって鉄壁な雰囲気が作られています。

オーボエの感じが厳かでどこか怪しく、熱を帯びたような気持ちのような雰囲気も感じさせます。

小さな旅 Youtube

我々の年齢は大野先生のこの曲でオーボエの破壊力のすごさを知りました。というかほとんどのオーケストラの楽器の効果的な使い方を大野アレンジで知りました。

 

<エレドラエレピサウンド>

The Temptations - Treat Her Like a Lady 

 

 

<AOR>

Al green-How Can You Mend A Broken Heart

 

The Temptations - Just My Imagination (Running Away with Me)

ベースラインで作る曲、ストリングスも綺麗です。

 

Marvin Gaye - What's Going On

この雰囲気はボーカルが出しているのであって、アレンジが出しているのではないのです笑。だからWhat's going onみたいに、っていうお願いはなかなか難しいです。

 

<女性ボーカルかぶせ>

Pacific Gas & Electric - Are You Ready

Call Me - YouTube

Murray Head "Jesus Christ Superstar"

Honey Cone - Stick-Up

Brenda & the Tabulations "Right On The Tip Of My Tongue" 

Arlo Guthrie - City of New Orleans

 

<B.B.Kingサウンド>

The Thrill Is Gone

B.B.Kingっぽいギターって要求されることがあります。やっぱり特徴的なのですね。

 

<STONESサウンド>

Brown Sugar (2009 Mix)

 

<おまけ>

John Denver - Take Me Home, Country Roads

カントリーサウンドの代表例、スライドギター。スリーフィンガー。

 

Grass Roots - Temptation Eyes